« バイオリンとビオラのための協奏交響曲聴き比べ | トップページ | しば裏 »

2013年7月18日 (木)

ヒント

みなさん、こんにちは。
先月にストラディバリの生音を聴きにいった際にシャコンヌホールでオーディオでお気に入りのカールリヒター指揮のブランデンブルグ協奏曲を流してもらっている時の事でした。

2ilsrmxp

ここのオーナーのシャコンヌパンダさん(もちろん本名ではありません(^_^;))から

ここが一番響きがいいんですよ~

ということで左端の2階席を案内されました。普通だとスピーカーの真ん中にくるように座るのですが、この場合は真ん中どころか二つのスピーカーの外という感じの場所でした。

聞こえてくるカールリヒター指揮の音色はオーディオオーディオしたものではなく自然の演奏でした。部屋によっては2つのスピーカーの真ん中に座らない方がよい場合があるんですね。

我が家はそれほど良いリスニング環境ではないですがスピーカーは部屋の隅っこではなく部屋の真ん中に鎮座しています。ということでスピーカーの後ろや横に壁がありません。

最初はやや内振りにしていたのですが昨日は内振りをやめて平行に置きました。

なんというか心地よい浮揚感のようなものが出てきました。

私の場合は音楽を聴くのは好きなのですがオーディオの経験値がそれほどあるわけではないのでこういうヒントはありがたいですね。

|

« バイオリンとビオラのための協奏交響曲聴き比べ | トップページ | しば裏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒント:

« バイオリンとビオラのための協奏交響曲聴き比べ | トップページ | しば裏 »