« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月18日 (日)

夏の憂鬱

みなさん、こんにちは。L'arc en Cielの曲で夏の憂鬱という曲があります。この曲は私は好きなのですがHeavenlyというアルバムに収録されています。一度これをカラオケで歌おうとした時がありました。

最初はOKなのですが途中が何か違うんですね。

どうやらアルバムヴァージョンとシングルヴァージョンがあるようで私はアルバムヴァージョンした聴いていませんでした。カラオケはシングルバージョンだったのですね。

先日シングルヴァージョンを聴きましたがアルバムヴァージョンになれているので馴染みませんでした。編曲でかなり音楽って変わるのですね~(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

ヴァイオリンはハードル高いですね~(^_^;)

みなさん、こんばんは。
バイオリンは一度も弾いたことがないのでちょっぴりあこがれてしまいます。
最近は、ユリアフィッシャーさん、ヒラリーハーンさん、アンネゾフィームターさんなど美人のバイオリニストの演奏を良く聴きます・・・・といっても別に美人だから聴くわけではありませんが(^_^;)

仮に私に音楽の才能があるとしてもバイオリンはハードル高いですね。

バッハやモーツアルトのバイオリン協奏曲やモーツアルトのバイオリンソナタなどはそれぞれのテイストの演奏を楽しむことができます。

彼女たち3人に共通するのは決して音色は優しくなく凛として味のある音色を奏でてくれます。ところがこれらより以前に活躍していたピアニストのクララハスキルさんと息の合った演奏をするバイオリンのアーサーグレミオさんのバイオリンの音色にも最近は惹かれています。

クララハスキルさんピアノでモーツアルトのバイオリンソナタを聴きました、バイオリンソナタは
この3大美人バイオリニストの演奏したCDを持っていますが、また別のテイストがグレミオ賛の場合にはあります。ハスキルグレミオコンビは若々しさはありませんが、じっくりと音楽を聴かせてくれます。

こういうレレベルになると誰が一番、二番ではなく色々な山の高みがありますね。

グレミオさんの演奏はテンポはそれほど速くはないのですが澄み切ったまろやかな音色で落ち好いた演奏を聴かせてくれます。3大美人バイオリニストの演奏よりも女性的ですね。

まあ考えすぎですがこういう人達がライバルになるバイオリンのプロを目指さなくて良かったにゃ~です(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

俺はバカか・・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは。
最近はCDを買うペースが尋常でなくなってきました。
最近買ったCDはカールベームのボックス22枚入り
カールリヒターのボックス10枚入り
シューマンのピアノ独奏曲のボックス13枚入り

ですこれらはカールベームの2枚残して全部聴きました(^_^;)

さっき注文したCDが来ました。

カラヤンボックス 88枚入り
バッハのバイオリンソナタ2枚 バイオリングレミオです
モーツアルトのバイオリン協奏曲全集 グレミオ独奏2枚
刈るリヒター演奏のバッハのオルガン曲1枚(笑)
バッハの作品集 ブランデンブルグ協奏曲 バイオリン協奏曲、ゴルドベルク変奏曲など5枚入り

です。

CD屋でも開くのかと思われますね(^_^;)

カラヤンの88枚っていったい・・・・・(^_^;)

また本業は音楽と何の関係もないので本業には役に経ちません(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その意気や良し!

みなさん、こんにちは。
今年の春にマークレビンソンからリファレンスプリアンプの52というアンプがリリースされました。
これは長年リファレンスアンプとして君臨してきた32Lの後継機になります。32Lは素晴らしく発売されて10年以上経ちますがこれに取って代わるものはそうそうなく、これの後継機というとそれ相応のクオリティーが要求されます。

私も32Lの噂はちらほら聞いていたのですが実際に聴いたことはなかったのですが今年の春にダイナミックオーディオの7Fで32Lと52を徹底的に比較する試聴会に参加して両方のアンプを十分堪能しました。この試聴会はダイナミックオーディオの店長の川又氏がつきっきりでサポートしてくれるので良い試聴会でした。しかも説明がくどすぎずに適切でした。

オーディオ的な聴き方も教えてもらい、オーディオトウシロの私は大変参考になりました。

私はオーディオ的にはトーシロですがビジネス的にはトーシロではないのでその販売姿勢やキャンペーンの背景は理解できました。

まずは52を多く販売したいということですが、一台300万円もするアンプでこれだけを買っただけでは音楽を聴けるはずもないのでそうポンポン売れるはずはありません。300万円ならベンツ買えます(^_^;)

こういうシチュエーションだと普通は32Lを貶めて・・・・・

ほら、52って32Lと比べると全然違うでしょう。ということで新規ユーザーよりも32Lユーザーの買い換えを期待する・・・・

というパターンなのですが、川又さんはこういうことは一切いいませんでした。52と32Lを徹底的に聴いた後でその評価はリスナーに任せるというかゆだねる感じでした。

私は52の方がフォーカスがピシッとするのは理解できたのですが、明るい52の音色よりもやや暗めな32Lの音色も気に入っていました。環境が許せば両方持っていたいですね。

また私が率直に

52も32Lも聴いた時にこのアンプは凄いというよりも、何が凄いかわかりません。でも奏でられる音楽は良いです。

というと、プリはCDPが読み取ったデータをそのまま劣化や脚色なしにパワーアンプに渡すのが本来の役割ということを教えてくれました。その時はあの超弩級のdCSのヴィヴァルディーがCDPでそのテイストをそのまま出していました。途中でエソテリックのCDPに切り替えたのですが全然違うテイストで

なるほどこれがプリアンプの役割か・・・・

と納得しました。エソテリックは我が国の雄でなかなかクオリティーの高いCDPですがとはいってもヴィヴァルディーと比較してはいけませんでした。ちょうど鉄腕アトムがプルートウに挑んではいけないように・・・・・

また7Fの試聴室についても確固たる自信をもっていらっしゃって、もしわからないことや困ったことがあればここにいつでも聴きにきてそれを盗み取ってください。

とおっしゃってくれました。

私は実際にお会いになった方はご存じだと思いますが見かけはけっこうしょぼくて(^_^;)とてもとてもダイナの7Fなんかに立ち寄れるタイプでもなく、もちろん実際にそれほどお金を持っているわけでもないのでぱっと見ハイエンドなんて買うようには見えません。これは自分で自分の姿を鏡でみてもそう思います。あるショップで100万円くらいのアンプを試聴させて欲しいと
いったらそこの店員が貧相な私を見て・・・・

手が出ないものは最初から聴かないほうがいいですよ~

とアドバイスしてくれました。まあ、そんなにお金がなくとも100万円くらいのアンプだったら買おうと思えばいつでも買えますが(^_^;)(<見栄張るな!)試聴は中止しました。

川又さんはそういう態度も全くなくおそらく常連と同じように接してくれたと思います。

川又さんはビジネスマンとしても要求されるものをほとんど兼ね備えているのはないかと思います。オーディオ的には教わることが多いですが、私も川又さんを見て得たものを活かしていきたいと思いますね~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

根岸通信のN2ケーブル

みなさん、こんにちは、私は来るべきマークレビンソンのプリアンプ52を迎えるに当たって環境の改善をしています。

まずは電源コンセントの増設、電源タップの足元強化、オーディオラックの追加&強化です。

ここまでは順調にいきました。コンセント増刷からオーディオラックまではなんとか手持ちの資金で手当てできました。ところがパワーアンプとプリアンプの電源ケーブルの強化(強化しない方がいいかもしれませんが)、CDPとプリアンプ、プリアンプパワーアンプのバランスケーブルの強化が当面残っていますが、たかがケーブルとはいえそんなに安くないのですね。

以前私が中古でゲットしたブラックラベル2という蛇みたいな電源ケーブルは新品で買うと60万円以上するそうですし、バランスケーブルは最近発売されたEsotericのケーブルは一組40万円くらいします。

私は電源ケーブルは2本、インコネケーブルは2組(3組かも?)必要なのでこれらでそろえるとケーブルだけで260万円になってしまいます(笑)

いくら私がお金持ちでも(^_^;)(<見栄張るな!)電線に260万円というのは現実的ではありません。

これらのケーブルは決してボッタクリではばく、名誉のために触れておくとブラックラベル2は蛇みたいに太く曲がらないので取り回しが大変ですが音楽にコクを与えます。新品だと買いませんが60万円の価値はあると思います。

Esotericのケーブルはまだ聴いたことがありませんが(聴くと頭から離れないかも(^_^;))聴いた人の評判は良いようです、(私の好みにあるかどうか別ですが) 一組40万円の価値はあると思います。

とはいっても一月に何百万円も収入があればどうってことありませんが私は実際に会った方はご存じかと思いますが市井の庶民なのでケーブルに260万円投資するということはいくらマークレビンソン52を良く鳴らしたらといういっても現実的ではありません。

そこでネットを調べていたら根岸通信というメーカーのケーブルが目に入りました。
まず値段がリーズナブルです。

電源ケーブルが一本3万円以下、インコネケーブルが一組2万円以下

です、私のような市井の庶民の味方です。

しかしですね、リーズナブルだからといってシステムのパフォーマンスが落ちては意味がありません。先日電源ケーブル、インコネケーブル、タップをゲットしました。

電源ケーブルはIKEMIにつなぎこの電源タップから電源を取りました。それまではCHIKUMAのTunefulAC2ですがこれと比較ではパフォーマンスは落ちませんでした。変わったのはIKEMIの電源、プリとパワーのケーブル(カルダスのゴールデンクロスから根岸通信のケーブル)ですが、実直というか質実剛健です。、またCD12を使った演奏でも(これはプリ、パワー間のケーブルが変わっただけです)パフォーマンスは落ちません。

このリーズナブルなケーブルは使えます。

音に色気とか装飾をしたい場合は不向きですが良いテイストで音楽を奏でてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

ピアノも重要

みなさん、こんにちは。
モーツアルトのバイオリンソナタを聴いて思ったのはピアノは単なるバイオリンの伴奏ではなく同じくらいの主役としての位置づけがあるのかもしれないということでした。古くはバイオリンはグリミオ、ピアノはクララハスキルから最近ではバイオリンはヒラリーハーン、ピアノはナタリーシューなど数多くの演奏があります。もちろんムターもバイオリンソナタのライブ版をリリースしています。どれも名演揃いですが、バイオリンよりもピアノの演奏の方が印象に残ります。最後の曲のような深み、たどり着いた境地のようなものはありませんが、清廉さ、清々しさ、天使の戯れさは満喫することができます。

最近ゲットしたヒラリーハーン、ナタリーシュー盤はヒラリーが目立ちますがどうしてどうしてナタリーシューさんのピアノも光ります。(向かって右側がナタリーシューさんです)

Ve9lfmvl

なんか音楽が好きな女子大生って感じでいいですよね。ピアノは自己主張することなく控え目でハーンのバイオリンに隠れることなく十分に絡み合って一つの作品を作っています。

グレミオハスキル盤とどっちがいいというはありませんが、演奏家がそれぞれの個性で演奏しているのでバイオリンソナタは色々なテイストの演奏を楽しむことができていいですね~

機会があればナタリーさんのモーツアルトのピアノ協奏曲聴いてみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

トロイメライ

みなさん、こんばんは。
去年の今頃は感染症で再入院、再手術でICUにいました。ICUといっても国際基督大学ではなく集中治療室です。結局ここに3週間いることになりました。呼吸をサポートする機器をつけていたので声を出すことができずに看護師さんと筆談で話していました。看護師さんは女性が多いのでベートーベンがエリーゼのためにを作曲した後でエリーゼさんに交際を申し込んだけど断られたという話がけっこうウケていました。

看護師さんの1人が私が音楽が好きだと察知してくれたようで、CDをかけてくれました。ICUは本当に殺風景な部屋で当時は起き上がることができずに点滴だけだったので水も食事もなしでも平気でした。その間ただただ寝ていたのでやることがないし自分の将来を色々と考えていました。心臓の手術よりも感染症のほうが大変だと何となく肌で感じていたので

命は助かっても社会人生命は終わったのかもしれないな~

とよく考えました。その時の音楽が心にしみました。よく聴いていた音楽はビートルズとトロイメライとかエリーゼのためにとかいうようなピアノの小品集でした。

季節がちょうど去年の今ということもありトロイメライを聴くとICUにいた時のことを思い出します。今はシューマンの子供の情景をよく聴くのでトロイメライもよく聴きます。

一時は社会人生命は断念されたと思ったのですが今は入院前とほぼ変わらない状況で仕事ができるのがありがたいことだと思っています。

この入院は精神的に辛いものがありましたが私にとって良かったです。
自分の糖尿が発覚したこともあり、弱い人やハンディーがある人の心情が多少わかるようになってきました。利口な人であれば実際に体験しないとわからないのでしょうが、私の場合はそれほど利口ではないのでその経験をしなければわからないようです。

社会人としては大したことはしていませんが今の私にできることは人を意味なく虐げないということですね。これだけは死ぬまで貫いていきたいですね~

トロイメライを聴くとその時の自分自身の心情が思い起こされます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IKEMIはいいですね~

みなさん、こんにちは、
LINNのCDプレイヤーのIKEMIは最初のCDプレイヤーがマランツのSA8400でしたがしばらく聴いていると音楽にのめり込めない自分がいるのですね。そこでCDプレイヤーを買い換えるべく色々なものをチェックしました。おそらくその当時ラックスマンからCDプレイヤーが発売されていたらそっちへ行っていたでしょう。

IKEMIはCDプレイヤーの音楽性の大切さを教えてくれました。購入時からノックアウトされましたが今では色々なCDプレイヤーを聴いて耳が当時よりも肥えていますがそれでもIKEMIはいいです。あの最高峰のdCSのヴァヴァルディーを聴きましたがヴァヴァルディーをもってしてもIKEMIのテイストはでません。またCD12やLINDEMANN820を導入しましたがそれぞれの味わいがあって良いですがこの二つがあるのでIKEMIなんて必要がないということにはなりません。オケの分解がちょうどよい状態で音が混在しているのですね、また全体が良い意味で軽く聴きやすいです。

Xa4iad0s

残念ながらIKEMIは生産終了になり今これを入手しようとすれば中古しかありませんが、こんがこんな良いプレイヤーが20万円以下で手に入ります。CD12であろうがKINDEMANNであろうがIKEMIは私にとって必要なレギュラーなプレイヤーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

L' Enfance Du Christ

みなさん、こんにちは。こんな時間ですがベルリオーズのL' Enfance Du Christを聴いています。これは去年の12月のクリスマスのチャリティーコンサートで合唱として参加させて頂いた曲です。

当時のユダヤ王のヘロデが今日生まれたばかりの男の子(イエス様)に取って代わられることを恐れて今日生まれた男の子の赤ちゃんを全部殺してしまえ!(なんと短絡的な)ということになったのですがそれを精霊から伝えられたヨゼフとマリアが赤ちゃんだったイエス様をつれてエジプトまで逃げるとう物語です。全曲フランス語なので意味が全部わかるわけではないのですが、ヘロデ王のアリアでヘロデ王がソロで歌うのですが、なんともいえない哀愁があります。ヘロデ王があのガキ(イエス様)に自分が追われる夢を何度も見てイエス様を殺すことを決意するのですね。

その時ヨゼフとマリアは自分の生まれたばかりの赤ちゃんが将来奇跡を起こす人になるとはつゆ知らずイエス様の危機を精霊から伝えられ脱出を決意するのですね。ヨゼフとマリアはイエス様の親らしく主に対する強い信心が感じられます。

日本ではあまり演奏される機会がない曲ですが素晴らしい曲でベルリオーズらしくない美しく慈愛に満ちた曲です。ヨゼフ、マリアの信心深さとヘロデの狂気が対照的です。

第二部のエジプトへの逃避、第三部のサイスへの到着は美しいメロディーが多く出てきて癒されます。

実はこのコンサートに参加した時に元気に指揮をされていたマルグリット先生がその僅か7ヶ月後に天に召されるとは夢にも思いませんでした。また、私自身も去年の今日はICUにいました。色々と管をつけられて意識が半ばない状態が続いていました。

子供の頃は一年という単位はそれほど自分自身の環境が変わるということはありませんでしたが最近は一年という単位は微妙ですね。来年の今頃は自分がどうなっているかわかりませんし想像もできません。

1練習の途中で参加したので最後までキャッチアップすることはできませんでした。個人的には不本意でしたし、結果としては私にとってはこの次はなかったのですね。まさに一期一会です。

このL'Enfance Du Christはただ良い曲だけではなく私にとってやや苦い思い出であり一期一会をかみしめされる曲です。

マル先生、不良のメンバーでしたが不出来をお許しください。
向こうの世界で安らかな時を過ごされるように・・・・・・
私がそっちに行ったらまた合唱のメンバーの声をかけてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »