« 根岸通信のN2ケーブル | トップページ | 俺はバカか・・・・(^_^;) »

2013年8月13日 (火)

その意気や良し!

みなさん、こんにちは。
今年の春にマークレビンソンからリファレンスプリアンプの52というアンプがリリースされました。
これは長年リファレンスアンプとして君臨してきた32Lの後継機になります。32Lは素晴らしく発売されて10年以上経ちますがこれに取って代わるものはそうそうなく、これの後継機というとそれ相応のクオリティーが要求されます。

私も32Lの噂はちらほら聞いていたのですが実際に聴いたことはなかったのですが今年の春にダイナミックオーディオの7Fで32Lと52を徹底的に比較する試聴会に参加して両方のアンプを十分堪能しました。この試聴会はダイナミックオーディオの店長の川又氏がつきっきりでサポートしてくれるので良い試聴会でした。しかも説明がくどすぎずに適切でした。

オーディオ的な聴き方も教えてもらい、オーディオトウシロの私は大変参考になりました。

私はオーディオ的にはトーシロですがビジネス的にはトーシロではないのでその販売姿勢やキャンペーンの背景は理解できました。

まずは52を多く販売したいということですが、一台300万円もするアンプでこれだけを買っただけでは音楽を聴けるはずもないのでそうポンポン売れるはずはありません。300万円ならベンツ買えます(^_^;)

こういうシチュエーションだと普通は32Lを貶めて・・・・・

ほら、52って32Lと比べると全然違うでしょう。ということで新規ユーザーよりも32Lユーザーの買い換えを期待する・・・・

というパターンなのですが、川又さんはこういうことは一切いいませんでした。52と32Lを徹底的に聴いた後でその評価はリスナーに任せるというかゆだねる感じでした。

私は52の方がフォーカスがピシッとするのは理解できたのですが、明るい52の音色よりもやや暗めな32Lの音色も気に入っていました。環境が許せば両方持っていたいですね。

また私が率直に

52も32Lも聴いた時にこのアンプは凄いというよりも、何が凄いかわかりません。でも奏でられる音楽は良いです。

というと、プリはCDPが読み取ったデータをそのまま劣化や脚色なしにパワーアンプに渡すのが本来の役割ということを教えてくれました。その時はあの超弩級のdCSのヴィヴァルディーがCDPでそのテイストをそのまま出していました。途中でエソテリックのCDPに切り替えたのですが全然違うテイストで

なるほどこれがプリアンプの役割か・・・・

と納得しました。エソテリックは我が国の雄でなかなかクオリティーの高いCDPですがとはいってもヴィヴァルディーと比較してはいけませんでした。ちょうど鉄腕アトムがプルートウに挑んではいけないように・・・・・

また7Fの試聴室についても確固たる自信をもっていらっしゃって、もしわからないことや困ったことがあればここにいつでも聴きにきてそれを盗み取ってください。

とおっしゃってくれました。

私は実際にお会いになった方はご存じだと思いますが見かけはけっこうしょぼくて(^_^;)とてもとてもダイナの7Fなんかに立ち寄れるタイプでもなく、もちろん実際にそれほどお金を持っているわけでもないのでぱっと見ハイエンドなんて買うようには見えません。これは自分で自分の姿を鏡でみてもそう思います。あるショップで100万円くらいのアンプを試聴させて欲しいと
いったらそこの店員が貧相な私を見て・・・・

手が出ないものは最初から聴かないほうがいいですよ~

とアドバイスしてくれました。まあ、そんなにお金がなくとも100万円くらいのアンプだったら買おうと思えばいつでも買えますが(^_^;)(<見栄張るな!)試聴は中止しました。

川又さんはそういう態度も全くなくおそらく常連と同じように接してくれたと思います。

川又さんはビジネスマンとしても要求されるものをほとんど兼ね備えているのはないかと思います。オーディオ的には教わることが多いですが、私も川又さんを見て得たものを活かしていきたいと思いますね~

|

« 根岸通信のN2ケーブル | トップページ | 俺はバカか・・・・(^_^;) »

コメント

ご無沙汰しております。ヘッドフォンからは撤収しました。52の導入記を楽しみにしております。

投稿: mo | 2013年8月24日 (土) 19時51分

moさん、こんばんは
コメントありがとうございます。

こちらこそご無沙汰しています。
私はmoさんのHPでオーディオを復活した当初は色々勉強させてもらいました。

感謝申し上げます。

52は来月到着すると思います。聴いたらインプレしますね~

投稿: 小林二郎 | 2013年8月24日 (土) 20時05分

PhileWebからこちらにたどり着きました。テンション上がらずの記事を拝見してどうされたのかなと・・・

こちらにもいろいろ書かれていらっしゃいますね。

川又店長の接客さすがと思います(経験したのは1回だけですが)。学ぶところ多いですね。

52の到着もワクテカ感ないとのこと、暑さから来る疲れもあるのでは?

心身ともに健康第一ですね。

投稿: 板橋区の住人 | 2013年8月31日 (土) 07時22分

板橋区の住人さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

当初はさすがに無神経な私もダイナの7Fはなかなか行くことができませんが、2月にdCSのヴィヴァルディーの音がどうしても聴きたくなり思い切ってダイナの7Fに行きました。

まあ、一見貧相なサラリーマンスタイルの私がヴィバルディーなんか買えそうに見えるわけがないのですが、その時は元々繋いであったSolutionのパワーとプリスピーカーはthe sonus fabarで迎えてくれました。

むしろこちらのほうが恐縮してしまいましたね。その後52がリリースされこれは3月はじめにオーダーして入金しましたが、まあこんな貧相な奴が無理して52を買ったらあとはお金は続きませんよね。

ところが店長はそういうことはおくびにも出さずに普通に接客してくださいました。私なんか相手にするよりももっと上客の相手をしたほうが効率がいいと思います。

今は一生懸命ヴィバルディーを買うために働いていますがそれでも買えるかどうかわかりませんからね。

仕事では色々なビジネスマンとお会いしますが店長は一流だと思っています。もちろんオーディオの知識はバッチリですし、あれだけの視聴室に絶対的な自信をお持ちです。

最近はこの私でも7Fに行くのはすんなり行くことができるようになってきました。

今はsolutionのパワーかCDPが欲しいのですが金欠なので手が出ません(笑)

オーディオのテンションが上がらないのは本業のテンションが上がりまくっていることが理由だと思います。

幸いなことに本業は嫌ではなく好きなことを(多分オーディオよりも好きですね)仕事にしていることと珍しく忙しさが集中しているのですね。

ただCD買いまくっているのは相変わらずで聴く時間が取れるのか自分でも疑問ですね~(^_^;)

こちらでもよろしくお願いします。

投稿: 小林二郎 | 2013年8月31日 (土) 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その意気や良し!:

« 根岸通信のN2ケーブル | トップページ | 俺はバカか・・・・(^_^;) »