« お別れ | トップページ | 満足です »

2013年10月 9日 (水)

役者勢揃いか・・・・

みなさん、こんにちは
7月に修理に出していたLINDEMANN820の部品が届き修理までの道のりが見えてきました。
CDPはメインはCD12ですがLINDEMANNの奏でる端正な音楽も好きですし、SACDはこれでしか聴くことができません。

でこれを乗せるラックですが機器は見た目が・・・

MArKLevinson52  2台 (両方デカイ(^_^;)
CD12 1台
kLIMAX TWIN 1台
LINDMANN820 2台(CDPはデカイけど電源部は小さい)
IKEMI1台
SRM007t1台

という感じで全部で8台置くスペースが必要になります。

現状のラックはクアドラインスパイアー6台、ゾーイセカス2台
置けるので多分大丈夫でしょう。場合によってはSRM007tとLINDEMANNの電源を
同じスペースにおけるかもしれません。

当初は特定のSACDを再生すると音飛びがしたのが発端でした。

音飛びはピックアップ交換に結びつくことが多いですね~

ヴィヴァルディーを置く場所がないにゃ~(笑)  (買うお金もないけど(^_^;))

|

« お別れ | トップページ | 満足です »

コメント

よかったですね。次の目標はdcsと理解しました。

投稿: mo | 2013年10月12日 (土) 14時27分

moさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

買える買えないは別にしてdcsは夢に近い部分がありますよね。人によってはあれは美音すぎて良くないとおっしゃる人もいますが私の経験ではかなりハイレベルなアンプ、アクセサリー、スピーカーも一緒になるのでどれがdcsのテイストなのかわかりません。

私のヴィヴァルディーの印象はCDにパックされてオケが瞬間にその場に現れるというイメージがあります。

いくらCD12がいいとかESOTERICがいいとかいってもヴィヴァルディーと比べてはいけませんね。

まあ資金はアクセサリーを除いて1千万円もあれば買えますがまずは貯めないといけませんね。

今年はGW返上して働いていたので少しは貯蓄できましたがまだまだ足りません(^_^;)

投稿: 小林二郎 | 2013年10月12日 (土) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 役者勢揃いか・・・・:

« お別れ | トップページ | 満足です »