« マリアユーディナ対グレングールド | トップページ | 第9の良さがわからないなんて・・・・・・(^_^;) »

2013年10月29日 (火)

戻ってきました

みなさん、こんばんは
先日パワーアンプにCHIKUMAのTUNEful ac2をさしてその音色にどっぷりと浸っているときに
ではLINDEMANNではどんなになるかな~と思って電源ケーブルを変えたら電源が入らなくなりました。これは電源ボックスのヒューズが切れたからで本日ヒューズ交換から戻ってきました。

表現力はCD12の方が音楽にのめり込めるので今はコッチがメインですが、LINDDEMANNの端正な瑞々しいテイストも捨てがたいものがあります。CD12よりもやや客観的に音楽を奏でるという印象があります。

早速ESOTERIC 8N-PC8000をトランスポートに指し音出しです。

今はグレングールド演奏のバッハのピアノ協奏曲を聴いていますが、端正な感じがして良いですね。昨日はマリアユーディーナさんと比較しましたがこれとだとさすがのグールドも軽くきこえますが、グールド単独でLINDEMANNでは端正です。

LINDEMANNはエージングで一週間くらいかかるでしょうが、これで我が家のオールスター勢揃いです。

|

« マリアユーディナ対グレングールド | トップページ | 第9の良さがわからないなんて・・・・・・(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戻ってきました:

« マリアユーディナ対グレングールド | トップページ | 第9の良さがわからないなんて・・・・・・(^_^;) »