« 美しいソプラノ | トップページ | Poteitial4恐るべし(^_^;) »

2013年11月24日 (日)

マルグリット先生のために

みなさん、こんにちは。
今年の夏に合唱を指導してくれたマルグリットフランス先生が天に召されました。
マルグリット先生とはそれほどつきあいが長いわけではありませんが、合唱の時に
適切に指導をしていただきました。モーツアルトのレクイエムのときはイエス様を
あらわすJesuのところを「ユズ」と発音するのですが私は「ウズ」と発音していた
のでそこを修正していただきました。自分自身のスキルがないことをマルグリット
先生に告げると

大切なのは好きなことだね

ということをおっしゃってくれました。

去年のキリストの幼時のときは退院して練習に復帰した時にみなさんに
紹介してくれて

小林さん(私の本名は小林ではないのですがまあこのブログでは小林二郎を名乗って
いるのでここでは小林としましょう(^_^;))が帰ってきてくれた

といってくれました。

キリストの幼時は途中参加ということもあり私自身不本意なできでしたが
それでも

歌えるパートだけでいいから
小林さん、明日の本番は参加してくださいね

と声をかけてくださいました。

マルグリット先生と私の愛する人たちがやすらかな時間をすごせるといいなと
思いつつフォーレムのレクイエムをよく聴きます。このフォーレムのレクイエムの
世界のように穏やかな安息が訪れますように・・・・

個人的にはフォーレのレクイエムのコンサートに合唱で参加したい(スキルは
ありませんが(^_^;))という思いがありましたが、来年マルグリット先生の追悼の
ためのコンサートをやるということになったので合唱で参加して天に召されたマルグ
リット先生と私の愛する人たちのために一生懸命に歌おうと思っています。

またソプラノのソロで去年のキリストの幼時の時のマリアを歌った方も
参加されます。キリストの幼時のときは素晴らしいとおもって自分の歌う
順番も忘れて聴き惚れていました(^_^;)

意気込みはありますがスキルがないし、フォーレのレクイエムは何度も聴いていますが
歌うことは楽譜みるのは初めてなので上手にできるかどうかわかりませんが自分なりに
参加したいと思います。

詳細が確定したらブログにアップしますね。

|

« 美しいソプラノ | トップページ | Poteitial4恐るべし(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルグリット先生のために:

« 美しいソプラノ | トップページ | Poteitial4恐るべし(^_^;) »