« Piano music for children | トップページ | フォルテとピアノ »

2013年12月18日 (水)

練習3回目

みなさん、こんばんは
今日はフォーレのレクイエムの練習3回目です。Agnus deiを中心に練習をしました。
Agnuds daiはレクイエムの中で一番好きな曲でできれば私が天に召される時にこの曲を聴きながら絶命したいものだと思っています。

伴奏が何ともいえない暖かみがあるもので歌えなくなってしまうくらい感極まるものがあります。今回はマルグリットフランス先生の追悼のコンサートのための練習ですが、追悼の気持ちは何もコンサート本番に出たからというものではなく普段の地道な練習から真面目に曲については取り組み作曲者に敬意を払って向き合うべきだと思います。

私のレベルの人間は上手に歌おうとおもってもそれは不可能ですし、できるのは好きなことと気持ちを込めて(込めすぎるとバランスが悪くなります)練習に臨む姿勢が大切だと考えます。

レクイエムは楽譜をみたり、CDを聴いたりする限りではそれほど難しいとは思いませんが実際に歌うと母音の発し方で曲の響きが豊かになったり、汚くなったりします。これは私レベルの人間はわかりませんが、合唱指導の先生が指摘されるとなるほどと思います。

一人で練習してもただ歌うだけなら歌えると思いますがそれを他人に聴かせるあるいはマルグリット先生に聴いてもらうというレベルになるにはやはり合唱チームとの練習が必要になります。

また合唱の先生やピアノの先生もこの二時間の練習のために準備をしたり遠路はるばるかけつけて私たちをサポートしてくださったり練習の会場を手配してくださり頭が下がります。

上手には歌えませんが、支えてくださる方々に敬意を払いながらレクイエムの向き合いたいと思っています。

|

« Piano music for children | トップページ | フォルテとピアノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 練習3回目:

« Piano music for children | トップページ | フォルテとピアノ »