« 選ばれたわけではありません(^_^;) | トップページ | 身の程知らずにも・・・・・・ »

2013年12月23日 (月)

ベートーベンの交響曲第九番

みなさん、こんにちは
師走になりなぜかベートーベンの第九磐交響曲の演奏の告知を目にするようになってきました。第九はかなり名盤が多くあるようで名曲の誉れが高い曲です。

ところが私は第九を何度か聴きましたがピンときません。

気に入らないとかではなく印象に全く残らないのですね。

これはカールベーム指揮、カラヤン指揮のものを聴いてもそうなんですね。

たとえばバッハのマタイ受難曲はその一曲一曲が印象的でドイツ語は逐一わからなくともその曲はどういう場面の曲なのか知りたいのですが、第九は何度聞いてもその出だしすら覚えていません。(^_^;)

おそらく今でも第九の冒頭を聴いてもそれが第九だとはわからないでしょう。

ところが先日入手した1942のベルリンで録音されたフェルトベングラーとベルリンフィルの演奏を今聴いていますが、少し身を乗り出して第九を聴いている自分がいます。

当時の状況をすべて把握しているわけではないのですが、当時フェルトベングラーがナチスに協力しないと音楽活動ができなかったということなので、フェルトベングラーの中で尋常なものでないようなドロドロしたものがマグマのようにあったのではないかと思います。

これは何度か聴いてみようと思います。ちょっとデモーニッシュな感じがする演奏です。

このフェルトベングラーの指揮が私の第九の愛聴版になるといいんですけどね~

|

« 選ばれたわけではありません(^_^;) | トップページ | 身の程知らずにも・・・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーベンの交響曲第九番:

« 選ばれたわけではありません(^_^;) | トップページ | 身の程知らずにも・・・・・・ »