« ブルーノワルター | トップページ | ザルツブルグ時代を思い出すにゃ~ »

2014年1月24日 (金)

魔法が効かない(^_^;)

みなさん、こんにちは。
私の思い込みの部分ですが魅入られたようなテイストを醸し出すアンプでGoldmundとFMaccoursticsというメーカーのアンプがあります。いずれも高額であり100万円台は入門機という感じで1000万円を超えるラインアップもあります。

まずGoldmudですがこのほんのり乗るような音の色気というか(私がこれを感じたのでははく巷ではそういわれているみたいです)何も感じることができませんでした。Goldmundは二度聴かせてもらいましたが二度とも何も感じませんでした。

感じないというよりもがっかりしました。

ではFMACCOURSTICSはどうかというとこれも二度聴く機会がありました。一度は某ショップでMarllevinsonの32Lを聴きたくて試聴に行った時に繋がっていたパワーアンプがFMでした。あの時は500万円という中古のプライスタグがついていたのでびっくりした記憶がありますがFMがどんなアンプなのかなんてどうでも良かったでした。(^_^;)

その時は興味がLevinsonに行っていたのでFMパワーの感想は全くありません。
ただ悪いという思いもありまえん。

次は去年年末でじっくりとパワーとプリを聴きました。パワーが711mk2でプリが255mk2でした。この時は素晴らしいと思いましたがいわゆる魔力に魅入られませんでした。実はもっと魔力があると思っていたのでショップの人に

これってプリもパワーもFMですか?

などと大変失礼な質問をしてしまいますた(笑)

全く素人の発想ですがプリノ255がネックになったのではないかな~と思いました。プリをLevinson52だったらパワーの711はもっと生きたのではないかななんて思っていますが
FMの魔力を理解する人は・・・・・・

あのテイスト何も感じないこういう人ってかわいそうな人だな~
あのGoldmundを聴いて何も感じないなんて感性がは虫類みたいな奴だな~

と思うでしょうね。

次回は機会があればSolutionのアンプを聴いてみたいと思います。

|

« ブルーノワルター | トップページ | ザルツブルグ時代を思い出すにゃ~ »

コメント

こんにちは。さすがですね。冴えています。ただ、電源環境に極度に影響されやすい印象があります。ムンドもです。あと、シスコンですね。フルラインで聞かないとだめな感じもあります。

投稿: mo | 2014年1月26日 (日) 12時33分

moさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

自分の好みなのですがLINNとLevinsonはハマりますが、魔法系はダメみたいです。

多分Solutionはハマる予感ですがハマらなで欲しいという気持ちもありますね~(^_^;)

投稿: 小林二郎 | 2014年1月26日 (日) 14時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブルーノワルター | トップページ | ザルツブルグ時代を思い出すにゃ~ »