« モーツアルト時代の想像(笑) | トップページ | 身の程知らずにも・・・・・・ »

2014年1月10日 (金)

需要がないかもしれませんが

みなさん、こんばんは
今はCDPはCDとSACDが演奏できるものがかなり多いです。ところが以前評判が良かったCDとSACDの両方が演奏できるものを聴いたことがあります。

そうしたらその同じメーカーの価格が半分のCD専用機(SACDが演奏できないのですね)にCDの演奏では完敗でした。これは私が聴いても完敗とわかるレベルなので相当なものだと思います。

中途半端にCDとSACDの両方が演奏できるレベルのものは必要ないですから、CD専用機、SACD専用機(こっちの方が売れないかもしれませんが)と分かれて製品をリリースして欲しいですね。

まあCDPでもCDからデータを読み取るトランスポート部分と読み取ったデジタルデータをアナログに変換するDACという部分のセパレート型があるくらいですからCD専用機、SACD専用機はあってもいいですよね。

特にSACD専用機はあまり売れないかもしれませんが・・・・(^_^;)

私がメインで聴いているのはCD専用機です。

|

« モーツアルト時代の想像(笑) | トップページ | 身の程知らずにも・・・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 需要がないかもしれませんが:

« モーツアルト時代の想像(笑) | トップページ | 身の程知らずにも・・・・・・ »