« どっちが信者かわからない(笑) | トップページ | トロイメライ »

2014年2月 8日 (土)

うその代償

みなさん、こんにちは。
日本のベートーベンといわれる佐村河内氏のうそがばれて大騒ぎになっています。
まあ、マスコミが勝手に持ち上げてそれをたたくというのはマスコミ自体の本質は犬が人に噛みついてもおもしろくはないですが人が犬に噛みつくのはおもしろい売れるということなのでこれはこのままにしておいてもいいでしょう。低い体質が変わるわけないですから(笑)

実は私はこの佐村河内氏の交響曲HIROSHIMAというものは全く興味がなく聴く気になりませんでした。仮に耳が全く聞こえなくても目が見えなくとも才能があれば作曲は可能だと思っています。才能がないと目が見えても耳が聞こえても私のように作曲なんてできない奴もいますからね。

一番膝の力が抜けたのは日本のベートーベンというところですね。

ベートーベン鈴木という芸人はしっていますがベートーベンに比べられたらベートーベンが怒るよな~と思っていました。ベートーベンの時代はその前にはベートーベンはおらずマーラーもブラームスもいませんでした。その中で独自のスタイルを作っていたのは偉大だと思いますが単に耳が聞こえないという共通点だけで日本のベートーベンと名付けただけで売らんかなの姿勢を感じて嫌なでした。

また芸術と耳が聞こえない、被爆何世というのが興行的には結びつくということを知っていても普通はこういうプロモーションはしないと思うのですがその品性の下劣さも嫌でした。

ところが才能自体が・・・・なかったようです。企画書を書いたのでプロデューサだったので全く才能がないとはいえないのでは・・という意見もありますがまあ色々な考え方をするのは自由ですしもちろん擁護することも非難することも自由です。

ただこの佐村河内ブランドに乗って商売をした者達に対するこれからは損害賠償が佐村河内氏には待っているでしょうし税金を仮にキチンと払っていなければ税務署は目をつけるでしょう。

私がお世話になっているクラッシックの通販のお店ではこのCDを買った人に対して返金希望があれば返金するそうです。

人の感情を利用してお金を儲けようとするとその末路は悲惨なものになりますし彼にはそに未来しか待っていないでしょう。

いくら隠れても引き釣り出されますし逃げられないでしょう。

バカなことをしたものだと思います。

私は佐村河内ブランドは全く意識していないので色々な記事を読むと所詮小物の詐欺師という感じがしますね。

また佐村河内氏を絶賛した人もいると思いますがこれは不見識ではなく、やはりハンディーを負っていてよくぞこれだけの曲を作ったという賞賛の気持ちがあったのだと思います。これについては自分自身の不明を恥じることはないでしょう。

|

« どっちが信者かわからない(笑) | トップページ | トロイメライ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どっちが信者かわからない(笑) | トップページ | トロイメライ »