« 音楽の父 Bach | トップページ | 近くて遠い場所 »

2014年3月 2日 (日)

先入観(^_^;)

みなさん、こんばんは
我が家のスピーカーはソナスファーベルのGurneri Homageを使っています。これは大型ではないので低音はある程度以上は望めないと思っていました。ところが録音によるのですね。

B0225847_18215611
今はカールリヒター指揮のバッハの管弦楽組曲を聴いていますが、これはアナログを相当な機器でリマスターしたものでアナログのテイストをそのままに残しでリマスターするという内容のものです。(私自身アナログのテイストが残っているかどうか判断できませんが自然な感じがして好きです)

この演奏のコントラバスがけっこう来ます。

重低音といっていいかどうかわかりませんが、私自身実際のオケを聴いた経験と照らし合わせてみると十分です。これ以上だと不自然さを感じるかもしれません。

また私はセッティングに関するノウハウはありませんがGurneri homageが奏でる音楽を聴く限りそれほどひどいセッティングではないかもしれません(手前味噌(^_^;))

まあそれでもちゃんとしたスケールのスピーカーで聴くとまた違う世界があるのかもしれませんね~


|

« 音楽の父 Bach | トップページ | 近くて遠い場所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽の父 Bach | トップページ | 近くて遠い場所 »