« 当たった! | トップページ | スピーカー »

2014年3月25日 (火)

交響曲29番

みなさん、こんばんは
今日はモーツアルトの交響曲のお話を少し・・・・
モーツアルトの交響曲というと40番と41番が双璧ですが、それだけではなく31番、35番、36番、38番、39番とそうそうたる面々が並びます。パリとかジュピターとかプラハとかリンツとか名前がついたものもありますが39番のように名前がつかない(白鳥の歌という人もいるようですが)名曲もあります。ではその前の20番台はどうかというと私は29番が好きです。

29番は第一楽章はテンポが良く印象的な旋律ですがカールベーム指揮のものがお気に入りです。カールベーム指揮のモーツアルトはせせこましくなくゆったりと確実に進んでいくというイメージがありますがけっして鈍重ではありません。ゆったりしている分オケの響きはかなりリッチです。

29番はK201でモーツアルトが10歳代で作曲したそうです。
ブルーノワルターのモーツアルトもすばらしいですがカールベームのモーツアルトも絶品です。

|

« 当たった! | トップページ | スピーカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 当たった! | トップページ | スピーカー »