« まさにバッハは音楽の父なんですね | トップページ | マルグリット先生の思い出 »

2014年5月18日 (日)

無事終わりました

みなさん、こんばんは
今日は聖心女子大学のチャペルでマルグリットフランス先生の追悼コンサート無事終わりました。私の絶対レベルは別にして自分としては一生懸命歌いました。

10155565_631305370278748_1167499861

音響は舞台の上で聴くのと舞台から少し離れて聴くのは全然違います。客席で聴いたほうがはるかに良いです。特に女性の声の消え入る際の響きは絶品です。亡き王女のためパバンヌはものすごく良かったでした。演奏に参加しないでずっと客席で聴いていたかったです。今日は参加者の集中力がすごく演奏がいつもの練習よりも相当引き締まっていました。

昨日は完全にパートが演奏するのを忘れたり爆笑につつまれることがけっこうあったのですが今日はそれぞれの音がしまっていました。特にホルンは亡き王女のためのパバンヌとスタバトマーテルでは独特のテイストを出していました。

スタバトマーテルは出来がよく演奏終了後作者の竹中氏に

本当にいい曲ですね~、今日演奏して改めてそう感じました(^_^;)(じゃあ昨日まではどう思っていたんだ(笑))最後のアーメンに部分では亡き人を思い出すと泣きそうで歌えなくなるのでできるだけクールに歌いました。これはフォーレのレクイエムのAgnus deiも同じで天に召された人が穏やかな時を過ごせるように・・・と思って歌うとこれも涙が出て歌えませんのでできるだけクールで歌いました。これのCD発売されないかな~と思いますね。
初演に関われたのは光栄でした。

今回は演奏会を縁の下で仕切ってくれたオルガンのTさんの努力に感謝したいと思います。練習のたびになななんと古河から出てこられて大変だったと思います。Tさんが使ったオルガンをみたら筆記具がたくさんありました。気がついた毎に楽譜にメモしていたんですね。Tさんの演奏は単に上手というだけではなく曲のテイストを醸し出すので単なるピアノが上手い人ではありません。しかしながら非常に親しみやすく音楽の才能が天と地ほど違う私などにもフランクに接してくれたのがうれしいです。音楽的には私などと話してもTさんには何のメリットもありませんがそれでも気安く話してくれたのが印象的でした。

フォーレのレクイエムもそれなりに歌えたので自分としては満足しています。
今回で参加するのは3回目ですが今回は最初の練習から参加できたので十分練習できたと思います(練習してその程度か・・・・という見方もありますが(^_^;))

一昨年のモーツアルトのレクイエムに参加したときに知り合ったフランス人と久しぶりに会いました。聴きにきてくれたようです。

また一緒に歌おうね・・・・

ということで旧交を温めました。

また今回は群馬県の太田からシャコンヌホールのオーナーのシャコンヌパンダさんの聴きにきてくれました。

これで一区切りつきましたが、今までは土曜日か日曜日あるいはその両方移動時間も含めると7時間ほどこれに費やし音楽の中に埋もれる時間がありましたが当面は明日からこの時間はありません。仕事が忙しいですしその中でこれだけ時間が取られるのは大変なのですが、大変さには代え難い貴重な時間でした。曲が曲なので楽しい時間ではありませんが何者にも代え難い時間でした。

元々は私は演奏する側の人間ではなく聴く側の人間なのですがそれがひょんなことから何に経験もないにもかかわらず合唱に参加して現在に至ります。これはマルグリット先生のおかげだと思っています、マルグリット先生とのおつきあいは一昨年のモーツアルトのレクイエムに合唱で参加することでしたが、普通に考えると私のレベルは参加できないのですが参加させて頂きました。最初は初心者なので個別レッスンがあると思ったのですがいきなりみんなと一緒に歌いました。最初はどこ歌っているか全然分からない状態でしたがこんなの参加させてもいいのかと思います(^_^;)

好きというのは一番の才能なのでこの才能ならばかなりあると思います。

この後もこういう機会に巡り会えるといいにゃ~

|

« まさにバッハは音楽の父なんですね | トップページ | マルグリット先生の思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まさにバッハは音楽の父なんですね | トップページ | マルグリット先生の思い出 »