« マルグリット先生の思い出 | トップページ | いま聴くと違和感あるかも~(^_^;) »

2014年5月20日 (火)

それぞれの能力

みなさん、こんばんは
先日少し考えされられることがありました。

以前ですがある女性の税理士に仕事をお願いしました。彼女は日本の税理士の資格をお持ちで米国公認会計士の資格を持っています。もちろん英語が堪能です。英語は少なくとも私の100倍以上うまいです。

個々の能力はすごいものがあると思います。日本だけではなくアメリカの税法も知っています。ところが実際に仕事をやらせてみると外国人の社長から私の携帯の留守録メッセージで死にそうな声で

Please call me!
I can not understand her explanation

でした。結局各能力を司る部分がトホホだったのでこれだけの個々の能力を持ちながら使えないということになりました。

音楽でも声が素晴らしいとか絶対音感を持っているというのは素晴らしい素質だと思います。少なくとも私には絶対音感はありませんし、素晴らしい声ももっていません。

ではその素質を持っているからといって聴衆を感動させる演奏ができるかというと必ずしもそうではありません。こういう人達がアマチュアの中に入るとスキルは全然違うのでアマチュアとは比べられないレベルですが、実際に素質のみ持っている人が演奏すると下手ではありませんが退屈な演奏だったり違和感のある演奏だったりして感動することはできません。

今はコンピューターが使えますから楽譜通りに正確に演奏するのであれば人間が演奏する必要はありません。各素質を司る司令塔のような能力が必要なのだと思います。

演奏する曲の解釈とか感じ方ですね。

これがないと聴衆を感動させる音楽は演奏できません。

この部分をしっかり押さえておかないと演奏技術は高いけど聴衆を感動させる演奏はなかなかできないことになりますね。

とここまで書いて・・・・

プロの演奏家にならなくて(なりたくともなれませんが(^_^;))良かったです。

|

« マルグリット先生の思い出 | トップページ | いま聴くと違和感あるかも~(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マルグリット先生の思い出 | トップページ | いま聴くと違和感あるかも~(^_^;) »