« now and then | トップページ | 亡き王女のためのパヴァーヌ »

2014年6月24日 (火)

テノールの悲劇(^_^;)

みなさん、こんばんは
合唱のパートは女声はソプラノ、アルト、男声はテノール、バスにわかれますが、テノールが実は一番聞こえづらいんですね。

例えあフォーレのレクイエムはテノールが中心になって音楽が展開していくのでそれほど聞こえないということはありませんが、曲の最初の部分に弱音で

レークーイーエーム  テールナーーーン

という部分がありこれは4声で歌いますがCDを聴いていてテノールが聞こえてきませんでした。聴き方かセッティングに問題あると思うのですが聞き取りにくいんですね。

テノールのソロの部分は聴くのは問題ありません。例えばマタイ受難曲の曲を進行を解説する担当はテノールですがこれは聞きにくいということもないし目立ちますが全員で歌う場面ではテノールの声が聞こえません。

先日スピーカーの調整に少し時間を使って行い、今モーツアルトのレクイエムを聴いていますがテノールがけっこう良くきこえるようになってきました。

おそらくセッティングだけの問題ではないと思いますがテノールが聞こえてくるので安心して合唱を聴くことができます。

え・・・私のパートは・・・って

テノールですが、これはソプラノとアルトは歌えないしバスはあんな声出ないので消去法でテノールになりました。モーツアルトのレクイエムも一度歌ったことがあるので聞こえるようになったのかもしれませんね~(^_^;)

|

« now and then | トップページ | 亡き王女のためのパヴァーヌ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« now and then | トップページ | 亡き王女のためのパヴァーヌ »