« 色々なテイストがいいですね | トップページ | 今から楽しみにしています »

2014年6月14日 (土)

この人って幸せだったのかな?

みなさん、こんばんは
昨日北海道に出張に行ってきましたが、飛行機の中のプログラムで超技術を使った演奏の特集をやっていました。その中でパガニーニという人の作品を取り上げていました。曲はバイオリン協奏曲で良い曲でした。そのプラグラムの解説でパガニーニは自分の技術が伝わるこtを嫌がり作品が残っていないことと弟子をとらなったそうです。

ただしバイオリンの腕前は当時悪魔に魂を売ったといわれるほどすさまじいものだったそうです。ネットで調べると5歳からバイオリンを初めて13歳になると学ぶべきものがなくなったそうです。

体があまり丈夫ではなく当時治療のためにアヘンなどを飲んでいたようです。

自分の作品の管理も徹底したもので演奏会の練習でもパガニーニは自分のソロの部分は団員の前では弾かないでいたそうです。もっとも当時は著作権の概念もなかったのでこれは当然かもしれません。

ベートーベンも盗作されないように何度も引っ越しをしたといわれていますからね~

当時リストがパガニーニの演奏を聴いて自分もピアノ界のパガニーニになると決意させたほどの演奏だったそうです。

バイオリンの才能はすごかったようですが彼は幸せだったのでしょうか・・・・

|

« 色々なテイストがいいですね | トップページ | 今から楽しみにしています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 色々なテイストがいいですね | トップページ | 今から楽しみにしています »