« 言われてもやむを得ないっすね~ | トップページ | もうすぐ年末ですね~ »

2014年7月17日 (木)

演奏>>>>>音

みなさん、こんにちは
最近SACDを聴く機会がありますがそれでも音よりも演奏ですね。詳細はわかりませんがSACDの方がCDよりも音が良いそうですが、それでも感動する演奏というか手放させない音源はあまり音質は関係ありません。

とはいってもノイズまみれだと困りますが・・・

CDの音質は色々と言われており最近はハイレゾ音源というもの(これはまだ聴いたことないですが)も出てきましたがCDなんてもうダメさ・・・・ということはないでしょう。

今はCDでモーツアルトのピアノ協奏曲を聴いていますが、これを全然知らないところで聴いてもそれがCDであるかSACDであるかはそれほど興味はないでしょう。

このCDは素晴らしい演奏ですから音のフォーマットはなんでも構いませんね~

反面さきほどモーツアルトのレクイエムをSACDで聴きましたが演奏は私的にはイマイチで全く印象に残りませんし感動しませんでした。

CD録音のレクイエムでも感動させられるものはそれなりに揃っていますね~

|

« 言われてもやむを得ないっすね~ | トップページ | もうすぐ年末ですね~ »

コメント

確かに私もCDフォーマットで十分と思います、新しいハイレゾのフォーマットが音質良いなんて迷信ですよ
最近のオーディオ趣味は、メーカーもユーザーさえも、どうかしてる?、と思えてなりません(^^;;

投稿: O | 2014年7月19日 (土) 05時52分

Oさん、こんにちは
コメントありがとうございます。たまにSACDで聴くと音色が滑らかでいいと思うことがありますがそれは演奏が素晴らしいということが必須になりますね~

残念だったモーツアルトのレクイエムは具体的にはいえませんが各人が絶賛するところからリリースされていたSACDでした。演奏はプロですからある程度の水準はクリアーしていますが凡庸でした。

オーディオは私見ですが以前は100万円というとすごい!という感じですが今では100万円というと中級機って感じですね。

自民党がオーディオ機器は贅沢品なのでこっちに税金をかけようなんて思わないのが救いですね~(^_^;)

投稿: 小林二郎 | 2014年7月19日 (土) 10時39分

過去の音源がSACD化など、されておりますが
それって良いのでしょうかね
私は、カラヤン物で過去のCDと新たにSACDになったのを持っているので聴き比べしたことあるのですが、SACDのは今ひとつでした
多分、フォーマットを弄ってるからだと思いましたけれど、、、

オーディオ製品も以前は上限100万円ほどだったのが、今や数百万円ですものね!!
100万円でもローンで庶民は、やっと買えるのに数百万円じゃ手は出せないですよ(^^;;

投稿: O | 2014年7月19日 (土) 13時37分

Oさん、こんばんは
コメントありがとうございます。

SACDだから全ていいということはないでしょうね。技術的なことはよくは知らないのですが、CD化あるいはSACD化する際の塩梅が影響するのでしょうね。

今のクオリティーで10分の1くらいの価格だといいんですけどね~(^_^;)

投稿: 小林二郎 | 2014年7月20日 (日) 21時26分

あっ、でも最新録音でのSACDの素晴らしさは、認めておりますよ!!(><)/
やっぱりアナログ当時の録音じゃ出せない広い帯域と高解像度ありますから!!

けれど小林さん言うとおりSACDプレーヤーで納得するの買うとなると本当に高いですし、それと同等レベルのアンプ、スピーカーが必要となりますから「プレーヤーだけの一点豪華主義という訳にも、いけませんから(^^;;」

それに最近オーバーホール代金が嵩んで、、、オーディオ趣味なんてのは、財布を寒くするばかりですね、笑

投稿: O | 2014年7月21日 (月) 20時09分

Oさん、こんばんは
コメントありがとうございます。
個人的にはあまりフォーマットのこだわりはないんですよね。たとえば先日入手したバッハのハープシコードの作品全集はCDですがハープシコードの味がよく出ていて手放せないディスクですね。

SACDで手放せないのは今のところは八神純子さんのVbreathですね。

やはりリーズナブルな価格で感動したいですね~

投稿: 小林二郎 | 2014年7月21日 (月) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言われてもやむを得ないっすね~ | トップページ | もうすぐ年末ですね~ »