« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月31日 (日)

最後のライブ

みなさん、こんばんは
先日ダビッドオイストラフというバイオリニストの最後のライブのCDをゲットしました。二ヶ月くらい聴けなくて今リスニング中らいとなうです。

バイオリンの音が厚みがあり暖かいです。1974年5月のライブです。オイストラフはこの年の10月になくなりました。残念ながらいままで聴いたことがなかったのでオイストラフというというような言い方をしましたがバイオリニストとしては一流であり知らない私がバカという感じです。

今聴いているのはモーツアルトのバイオリンソナタ33番ですがケッフェル番号が377なので晩年ではないと思いますが非常に落ちついた暖かな音色です。モーツアルトの才気が自由に飛び回っているのではなくmatureなモーツアルトという感じですね。

よく考えてみたらアーサーグレミオも後から知りました、男性バイオリニストを知るのがおそいですね。それに比べると女性は華やかですね。

ムター、ユリアフィッシャー、ヒラリーハーン

もちろんこれだけではないでしょうが華やかこの上ありませんね。

今度はオイストラフの演奏ももっと聴きたいと思います。

昨日はバッハのバイオリンソナタを聴いたのですが演奏はスークでした。この演奏はバイロンの明るすぎず暗すぎず中庸なテイストが非常の曲と合っていました。

良い演奏が多いですね。

| | コメント (0)

2014年8月30日 (土)

みなさん、こんにちは
オーディオ機器って出会いというか縁が大切かもしれません。私の機器構成だったら間違いなくプリアンプはLINNのKLIMAX KONTROLをチェックしていたはずだしひょっとしたらこれを買っていたかもしれません。実はパワーを買った後にこのKLIMAX KONTROLが気になっていた時期がありましたがそう簡単に買えるような値段ではありませんでした。そうこうしているうちに中古が出てプライスダグが60万円台でした。これなら買えるかなということで本気でショップにいったらプライスタグが手書きのマジックだったのですが6が8に書き直されてしまいました。これで買う気が失せ今に至るのですが、その後試聴すらしたことがありません。

ネットでの評判は良いプリということですが今は他のプリを導入しているので気になるものの買うことはありません。オーディオ機器は長く使うので相性もあると思いますが縁というもの
大いに影響するかもしれませんね。

| | コメント (0)

2014年8月27日 (水)

散々な第九

みなさん、こんばんは
ベートーベンの第九というと最高傑作というほど有名ですが当時の評価は散々だったようです。
初演の管弦楽、合唱のメンバーはプロではなくアマチュアでやったようでけっこう本番までドタバタしていたようです。

演奏が終わった時にベートーベンは(その当時は聴力がなかったそうです)

やってもた・・・・

と思ったようで失敗を確信して顔を観客に向けられないようでした。しかしながら観客は拍手喝采だったそうです。但し当時の第九は4楽章が長かったので4楽章抜きの第九という演奏形態があったそうです。

モーツアルトの晩年の名曲もそうですがモーツアルトが生きている時は評価されずに演奏される機会が少なかったようです。

私は第九は何度聴いてもピンとこずに最近ようやく少しずつ聴くことができるようになってきました。がそれと同時に第四交響曲に惹かれますね~

今ではモーツアルトもベートーベンの聖人のようですが当時は当時で色々あったようですね。

| | コメント (0)

2014年8月16日 (土)

山水

みなさん、こんにちは
山水といえば年配のオーディオマニアのファンが多いと思います。山水はアンプのメーカーとして有名でしたがその後会社の状態が悪化してしばらくは会社だけ残っていましたが先日とうとう会社もなくなってしましました。

山水のアンプは今でも中古はけっこう人気があるようです。

実は私は山水のアンプには興味がないのでどんなアンプかわからずにアンプでは愛着はないのですが山水といえば当時JBLの代理店をやっていたようでJBLのユニットを使っていたLE8Tというスピーカーがありました。当時高校生でしたがこれをショップで聴いた時に衝撃をうけました。

日本のスピーカーとは(といっても当時聴いたのはエントリーレベルですが)全然違う。
パーカッションの音が本当の生々しくこのスピーカーは当時欲しくて欲しくてたまりませんでした。とはいっても当時一本6万円弱だったので12万円ほど必要だったのですが収入がない高校生に変えるはずはありません。当時エントリー用のコンポでも20万円以上必要だったのでこのLE8Tが当時の私にとっていかにハードルが高かったのかわかります。

そのときはJBLのLE8Tなのか山水のLE8Tなのか区別がつきませんでした。

たまに中古ショップでLE8Tを見ることがありますが、心がざわつきますね~

自分の感覚だと以前に聴いたthe Sonus faberよりもLE8Tの方が衝撃的でしたし興奮しました。

脳内ですがLE8Tが私の中ではナンバーワンのスピーカーです。

幸い似たような経緯を辿ったラックスマンはコンスタントに製品を出し続けていますがこれは山水とは親会社が違いからなんでしょうね。

| | コメント (0)

2014年8月12日 (火)

テレマンのリコーダーソナタ

みなさん、こんばんは
ゲオルグ・フィリップ・テレマンってご存じですか?

バッハと同時代に活躍した作曲家で当時はバッハよりも人気があったとか・・・・

今ではバッハは知っていてもテレマンを知らない人は多いのではないでしょうか?

私が学生時代にブロックフルーテというかリコーダーに夢中になっていた時期があり、リコーダーではヘンデル、ボワモルティエ、テレマンなどのリコーダーソナタを演奏していました。

今日はリコーダーとビオラ・ダ・ガンバとハープシコードのソナタを聴いています。
リコーダーは誰にでも音が出せるので簡単なという意味でバカにされますが非常にシンプルで無垢で澄んだ音がでます。ハープシコードもこれまたシンプルな音がしてここにアクセントとしてビオラが入ります。この構成のソナタは大好きです。

時々なぜか曲を覚えているものがあります。

今は多分楽譜をみても演奏できないと思いますが学生時代は一日4~5時間くらい毎日練習していたので当時は軽く演奏していた曲なのだと思います。

バッハほど神格化しなくてもいいと思いますがもう少しテレマンにも光を当てて欲しいですね~

| | コメント (0)

2014年8月 3日 (日)

いい方法だと思ったんですけどね~(^_^;)

みなさん、こんにちは
オーディオのセッティングの場合良い方法を思いつきました。セッティングは色々な方法論があると思いますが簡単にいうとライブで聴いた時と大きな違和感がないことがポイントになると思います。

そこで自分が演奏会に参加したCDを再生して違和感があるかどうかチェックするということが良いのではないかと思いました。しかしながらコンサートのホールにもよりますが客席で聴く響きと演奏者側から聴く響きは違うのですね。

ということで自分が参加したコンサートを自分は客席で聴くことができないのでライブ感のリファレンスは厳密には無理なのかな~と思います。

ただライブを何度も聴いて得た感覚と照らし合わせて違和感がないというのは大切かもしれませんね~

| | コメント (1)

2014年8月 2日 (土)

ボード4枚入れました

みなさん、こんにちは
Vivaldiの導入を決めてからなぜか仕事が忙しくなりかつ私の仕事の環境にも良い変化が見られこっちが忙しくなりオーディオのテンションが一気に低くなりました。

とはいっても音楽は毎日かなり聞き込んでいますしCDも相変わらず狂ったように買っています。

・・・・でですね最近ボードを4枚導入しました。

今使っているラックは比較的良いと思っているのですが手頃なボードを入れてみました。
ボードはSHIZUKAのNCB4246が2枚、オーディオショップのダイナミックオーディオブランドのEMCボードが2枚です。

これらは機器の振動をコントロールだけではなくアース線がでておりこれと機器とを接続すると再生音の雑味がとれることを狙っているようです。

CNB4246はプリの52とCD12に敷いてみました。プリはアース線をコネクトできるGND端子があるので直接つなぎましたがCD12はこれがなく、筐体のねじを緩めてと思ったのですが今のところ効果があるかどうは不明ですがこちらもプリのGND端子につないでいます。

まだそれほど強く考えていませんが、CD12はEMCボードを敷いてCNB4246はパワーの下にしようかとかボードは変えるのは面倒なのでCD12の下にアコリバの仮想アースなんてどうなのかな・・・なんて考えています。

EMCボードはLINDEMANN820とプリの52の電源部分の下に敷いています。

LINDEMANNは筐体のねじをゆるめてつなぎましたが52の電源部分はねじはありますがこわくてゆるめられません。幸いEMCボードはオプションでアース線をRCA用のものにしたりバランス用のものにしたりできるのでこれは後で交換してみたいと思っています。

でどうなったかというと最近私はバッハのハープシコードの曲を聴きますが複数のハープシコードで演奏する場合にそれぞれの音色がわかるようになりましたし背景の静寂さを感じるようになりました。

効果は良いですね。

また値段もリーズナブルです。といっても非オーディオ人からみるとリーズナブルではないと思いますが・・・・・(^_^;)

これはVivaldiが来た時には採用ですね。本当はどちらも良いと思いますがアース線を柔軟に変えられることと少し値段が安いのでEMCボードの方になると思いますが。


| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »