« 常連の雑音 | トップページ | マタイ受難曲 »

2014年9月21日 (日)

のど自慢を観て

みなさん、こんにちは。
毎週お昼くらいから放映されているNHKののど自慢があります。これは素人というか一般視聴者が参加して予選を通過した人が次々と歌います。

予選は歌の上手下手だけではなく番組的なバラエティーも考慮されているのではないかと思っています。

時々非常に歌の上手な参加者がいて中には歌手志望という人もいます。

出場者が歌い終わった後でプロの歌手が歌声を披露しますがまさに素人とプロの違いを感じます。

プロは歌が上手であるのは当然です。ただしある程度プロは売れないとまずいのですが歌が上手なだけでは売れません。プラスアルファーが必要なのですね。

現実は歌は下手でも話題性がある芸能人がCD 出してもそれなりに売れることがありますがこの辺りは厳しいものがありますね。

プロは歌が上手な人ばかりがライバルになるので(この他上記の色物も含む)この中で売れるというのは大変なことだと思うし埋没してしまうことが多いでしょう。あるいは所属事務所の力も関係あるかもしれません。

このものすごい才能を持っている人達の中での熾烈な競争ですから勝ち続けるのは容易ではありませんね。

歌手にならないで良かったと思います(^_^;) なりたくてもなれませんけどね(笑)

|

« 常連の雑音 | トップページ | マタイ受難曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 常連の雑音 | トップページ | マタイ受難曲 »