« LINDEMANNの処遇 | トップページ | いまさら松田聖子にハマる2 »

2014年10月30日 (木)

いまさら松田聖子にハマる(^_^;)

みなさん、こんばんは
先日インターナショナルオーディオショーで松田聖子の初期の頃のアルバム(SACD)が発売されていてそれの評判が良かったので私も買おうと思ったら売り切れでした。今月の下旬に再プレスをするというこで先日届きました。

松田聖子がアイドルの頃はあまり興味がなかったのですが、このSACDを聴くと松田聖子の歌手としての才能のすごさがわかります。

まず八神純子さんと違いクリスタルボイスではないですが非常に声が伸びやかで聴いていて気持ちいいです。

51mihvaestl_sx425_

これはSQUALLというアルバムでヒット曲は裸足の季節と青い珊瑚礁が収録されています。
けっこう声を張り上げていますがおそらくトップアイドルの階段を登っている時だったので本当に真剣に一生懸命歌っていた様子がよくわかります。ちょっとかつての山口百恵っちくな歌もありおそらくポスト山口百恵としての位置づけもあったのではないでしょうか。

全くの根拠のない想像ですが松田聖子はデビューするまでに壮絶なボイストレーニングをして仕上げたのではないかと思います。かなりキーが高くしかも裏声で逃げません。ここは柴田淳さんは是非見習って欲しいですね~(^_^;)

31ly2inasfl

このアルバムは風立ちぬで大瀧詠一さん作曲の風立ちぬと白いパラソルがヒット曲として収録されています。大瀧さんの風立ちぬは素晴らしいクオリティーで松田聖子はこの頃はトップアイドルなので落ち着いた感じで歌っています。なぜか白いパラソルでの松田聖子の声の伸びが心地よくきこえます。

特段ファンではありませんがこのSACDはいいですね。SACDがかかるプレイヤーお持ちの方は是非ゲットしてください。

この後さらに2枚SACDが発売されましたがもちろんそれもゲットしました。(^_^;)

多分私が松田聖子という歌手を知らなくてもこの曲を聴いたら・・・

これって誰が歌っているのか?

と興味を持ったと思います。

|

« LINDEMANNの処遇 | トップページ | いまさら松田聖子にハマる2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LINDEMANNの処遇 | トップページ | いまさら松田聖子にハマる2 »