« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月30日 (木)

いまさら松田聖子にハマる(^_^;)

みなさん、こんばんは
先日インターナショナルオーディオショーで松田聖子の初期の頃のアルバム(SACD)が発売されていてそれの評判が良かったので私も買おうと思ったら売り切れでした。今月の下旬に再プレスをするというこで先日届きました。

松田聖子がアイドルの頃はあまり興味がなかったのですが、このSACDを聴くと松田聖子の歌手としての才能のすごさがわかります。

まず八神純子さんと違いクリスタルボイスではないですが非常に声が伸びやかで聴いていて気持ちいいです。

51mihvaestl_sx425_

これはSQUALLというアルバムでヒット曲は裸足の季節と青い珊瑚礁が収録されています。
けっこう声を張り上げていますがおそらくトップアイドルの階段を登っている時だったので本当に真剣に一生懸命歌っていた様子がよくわかります。ちょっとかつての山口百恵っちくな歌もありおそらくポスト山口百恵としての位置づけもあったのではないでしょうか。

全くの根拠のない想像ですが松田聖子はデビューするまでに壮絶なボイストレーニングをして仕上げたのではないかと思います。かなりキーが高くしかも裏声で逃げません。ここは柴田淳さんは是非見習って欲しいですね~(^_^;)

31ly2inasfl

このアルバムは風立ちぬで大瀧詠一さん作曲の風立ちぬと白いパラソルがヒット曲として収録されています。大瀧さんの風立ちぬは素晴らしいクオリティーで松田聖子はこの頃はトップアイドルなので落ち着いた感じで歌っています。なぜか白いパラソルでの松田聖子の声の伸びが心地よくきこえます。

特段ファンではありませんがこのSACDはいいですね。SACDがかかるプレイヤーお持ちの方は是非ゲットしてください。

この後さらに2枚SACDが発売されましたがもちろんそれもゲットしました。(^_^;)

多分私が松田聖子という歌手を知らなくてもこの曲を聴いたら・・・

これって誰が歌っているのか?

と興味を持ったと思います。

| | コメント (0)

2014年10月26日 (日)

LINDEMANNの処遇

みなさん、、こんばんは
年末のVIvaldiが我が家にやってきます。これでスピーカーで聴くためのCDPはVIvaldiとCD12にしようと思っています。加えてSTAXのSRM717のボリュームをパスしてSTAXでも聴こうと思っています。

ところが私はSTAXのアンプのSRM007tも好きなんですね。これはIKIMEを直接繋いでSRM007tで聴こうと思っています。

そうすると中途半端な位置づけあるのがLINDEMANN820になります。このCDPはナチュラルで端正な音色を奏でてくれます。傾向はVivaldiと同じではないですがこの音色も気に入っています。最初は売ろうと思っていたのですが今はシューマンの子供の情景を聴いています。なかなか良いですしIKEMiとはテイストはかなり違います。

ということでLINDEMANNはそのまま残しSRM007tに繋いで聴くことにしました。

(といっても後日気が変わるかもしれませんが・・・(^_^;))

我ながらあれもこれもと欲張りですね~

| | コメント (0)

対応力

みなさん、こんにちは
先日今のスピーカーのウーハーがトラブルになりました。このスピーカーのウーハーのトラブルは二度目なんですが前回は違うショップに対応してもらいました。前回の対応は問題なかったのですが今回スピーカーケーブルセッティングのお話とラックの提案のお話を依頼したらほぼ一ヶ月放置なのでこちらには声をかけずに別のショップにお願いしました。

スピーカーケーブルのセッティングは無料で我が家に来てやってほしいというものではなく当然報酬は払う予定がありますがそこは料金を聞いて私が出せれば問題なし私が無理なら引き受けないことになります。

別のショップはメールでお願いしたら即回答が来ましたし今までの経緯から対応が早いです。

前のショップはショップ全体としてはそれほど対応悪いとは思いませんが悪い担当者に当たったようです(^_^;)

きちんとして対応力はオーディオだけではなくビジネス一般にとって必要なことですね・・・

| | コメント (0)

2014年10月24日 (金)

今思えば・・・・・

みなさん、こんばんは
今日ゲットした松田聖子のSACDを聴いています。たまたま彼女のデビュー曲の裸足の季節を聴いています。

ふとタイムスリップすると・・・・松田聖子がデビューした時には岩崎良美も新人としてデビューしていました。岩崎良美は岩崎宏美の妹で声も岩崎宏美によく似ていて歌も上手でした。

何かの歌番組で松田聖子と岩崎良美が共演していたのですが、当時は私の中では松田聖子は無名、岩崎良美は歌のうまさと岩崎宏美の妹というブランドがあるので悪い時代にデビューしたと思っていました。裸足の季節はサビの部分を声を張り上げて歌いますが少し演歌っぽさを感じていました。

その後青い珊瑚礁で一躍スターダムにのし上がり岩崎良美を人気の面であっというまに抜き去ってしまいました。強力なライバルがいたのですが不屈の精神だったんでしょうね。

では岩崎良美はサラブレッドで苦労がなかったかというと姉の岩崎宏美との比較で相当悩んだそうです。声の質が似ているので岩崎宏美は2人必要ないということで悩んだそうです。
岩崎良美は独自の境地で活躍しているのもうれしいですね。

| | コメント (0)

佳きことと悪きこと

みなさん、こんばんは
先日パワーアンプからスピーカーケーブルが外れて放置していたのですがよく見たら、バイワイヤでは繋がっていないもののとりあえずはある程度繋がっていたのでスピーカーから音が出ました。

色々聴いていたのですがピアノの独奏曲になったら左のスピーカーのウーハーから雑音というかビビり音がでます。

あ~やっちまったな~

多分トラブルですね。その後は輸入商社に連絡して対応してもらうことにしました。商社いわく私と直接ではなく付き合いのあるショップを通して欲しいということでお願いしました。ショップの店長のメールでは私はVIPになっていましたがこういう身分ではなくこそばゆいです、
私はVIPではなくBAKAなんですけどね(笑)

ただしウーハーが死んでいた場合には交換になりますが、ブツが商社にはないので輸入することになるので1ヶ月くらいかかります。

で今日は家に帰ると以前からオーダーしていた松田聖子さんのSACDが到着しました。
風立ちぬとSQALLです。以前国債インターナショナルオーディオショーに行った人がここでゲットして評判を聞いて良いということだったのでオーダーしようと思ったら売り切れでした。

31ly2inasfl


51mihvaestl_sx425_

今風立ちぬを聴いていますがしっとりしていていいですね。アイドルという感じはしません。
声が若い(笑)

当たりかもしれません。SACD面を聴きたいのでLINDEMANNで聴いています)

曲はいわゆるヒット曲ばかりではありませんがそれがまたいいですね~

素晴らしいので別のSACDを2枚オーダーしますた(笑)

今度は中森明菜かな・・・・(^_^;)

| | コメント (0)

2014年10月19日 (日)

パイプオルガンのコンサートにいってきました

みなさん、こんにちは。
昨日の土曜日は共愛学園という学園の礼拝堂でパイプオルガンのコンサートがありこれを聴きにいっていました。オルガンの演奏は沢渡裕美子さんでバッハの演奏は圧巻でした。

http://www.edu.kyoai.ac.jp/index.html

プログラムは

パッヘルベル シャコンヌ
バッハ コラール前奏曲 主イエス。キリストよ われ汝に呼ばわる
バッハ トッカーアーとフーガ
クレランボー 第二旋法の組曲より
         NO1 プランジュ
         NO2 フルート
         NO3 ナザーレのレシ
         NO4 クランジェのカプリッチオ(美味しそうなデザートみたいです(^_^;))
Cフランク プレリュードとフーガ変奏曲
Mデュプレ ノエルによる変奏曲

アンコール
バッハ 主よ人の望みの喜びよ

でした。パイプオルガンというと恐怖映画でドラキュラの城で演奏されているイメージがありますが今回のオルガンの音色はまろやかであまり刺激的な音色ではなかったので良かったでした。

会場は学校の中にあり上品そうな女子が多かったので今は色々な事件があるので少し入りにくかったのですが(ある事情で女子校へは何度か行っているので多少の慣れはあったのは幸運でした(笑))内心は今日事件があったらきっと俺は疑われるかも・・・・などとしょうもないことを考えていましたが無事に礼拝堂に入ることができて良かったでした、

礼拝堂の響きは独特で良いですね。

私は聖心女子大学の礼拝堂で3度合唱で演奏側にいたことがありますが演奏の場の響きと客席での響きは全然違うので驚きました。それほど遠いところではないので機会があればここのコンサートはまた行ってみたいですね~

| | コメント (2)

2014年10月14日 (火)

放置(笑)

みなさん、こんにちは
私はパワーアンプはLINNのKLIMAX TWINを使っています。このアンプのテイストは大変気に入っているのですが、スピーカーケーブルを結線しにくいアンプ選手権があるとしたら間違いなく1位を取ると思います。

今使っているケーブルは比較的太くしかもバイワイヤーで8本使っているのでただでさえ結線しにくいのですが一層結線を困難にします。

先日スピーカーケーブルが外れたのでこのアンプをアップグレードしてもらったショップの担当者に結線をお願いしました。

もちろん、わざわざ家にきて無料で結線してください

というのではなくそれなりの時間を使うのでなるべくこのショップにもメリットがあるようにラックを必要としているので我が家の現状を見て提案して欲しいと一週間前に依頼しました。

依頼してから一週間経ちますが放置です(笑)

まあ私でもわざわざ面倒なケーブルの結線は嫌なのでそれは理解できますしこのまま放置でしょう。

おそらくラックも自分で独自でチョイスするでしょう。

ちょうどスピーカーケーブルを結線しやすいものに変える予定なのでこれがきたら自力で結線してみようと思います。多分問題なくできると思います。

ラックといってもそれほど高価なものを買うわけではないのでショップのメリットは今回はあまりないと思いますがビジネスというのはその時の刹那的な瞬間だけではないのでこのショップはこの担当者のせいでけっこうビジネスチャンスを失っていると思います。

以前ショップのこの担当者に来てもらった時は別のプリでした。もし今回我が家に訪問されたらプリが変わっています。前回よりもかなりアップグレードしています。

ビジネスチャンスって本人の気がつかないところで発生して消滅していくものなのですね~

私も気をつけようっと・・・・(^_^;)

| | コメント (0)

2014年10月11日 (土)

日本よりマシかにゃ~(^_^;)

みなさん、こんばんは
我が国の債務は1000兆円を超えるそうで政治家も役人も算数ができない人が多いらしく改善する気配がないです。私は今日はVivaldiの試聴会に行ってきました。Vivaldiに関する知識は4回聴いたことがある・・・それだけなんですね。

今日は商品知識を得るために試聴に参加しました。
特にクロックとアップサンプラーと最初のオーダーの時に見送ったものの効果がよくわからなかったのでこれを知る必要がありました。受け売りですが普通のCDはアップサンプラを通してDSDに変換するそうです。またクロックはトラポ、DAC、アップサンプラーに効くそうです。

参加者は全部で20人弱だったのですが私は結構真剣(仕事よりも真剣(笑))でしたが一部の参加者がつまらないおしゃべりをして試聴の腰を折るのは勘弁して欲しいと思いましたが
参加者は仕事ではないのでそこまで要求してはいけないですし参加のスタンスは人それぞれでいいのでしょう。

最初は四筐体を使って聞きました。ヴォーカルは少し固いというか不自然な感じがしました。
しかしながらオケは自然で申し分ありませんでした。その後アップサンプラーなしとありで比較しましたが私は糞耳なのでアップサンプラーの優位性がわかりませんでした(笑)

視聴が終わりクロックの効果を確認したかったのでクロックなしとありとで比較させてもらいました。クロックなしだとオケが金管も一緒にじゃ~~~んと鳴る時はうるさく感じましたクロックありだと芳醇な感じです。やはりクロックの威力は大きいですね。

VIvaldiDACはUSBがついているのでパソコンで保存している音楽を演奏できたり、アップサンプラーはNASをつけるとネットワークオーディオができるそうですが今の私はこの部分はあまり利用しないでしょう。

Vivaldiの演奏はプリもパワーもジェフでした。プリはCorus パワーはModel825でした
パワーは重さは70キロでした。しかもデカイ
スピーカーはRockportというスピーカーで途中からアバロンになりました。特に強い印象はありません(糞耳ですから(^_^;))

その後NAGRAのHDDACを使ってパソコンに保存している曲を聴きましたが(カーペンターズ)学生時代に聞いたアナログレコードのテイストを思い出しました。好きなテイストです。

ただVivaldiの後ですから相手が悪いです(^_^;)

最後に久しぶりにお邪魔したので7階に顔を出しそこで見たこともないスピーカーを聴かせてもらいました。見かけはショボイ(失礼)ですがそのスピーカーが奏でる音楽が作り物ではないテイストです。合唱がこわいほど美しく演奏されていました。オケも目を開けていてもそこにオケがいたし見えました。といってもこれは頑張っても買えるような代物ではありません。機種名も値段も聞かずに視聴室を去りました(笑)

Vivaldiの残りの2筐体はあと半年くらい後にはなんとかなりそうだったのですが今回思い切ってオーダーしてみました。財政か一気に日本並みになってきました(借金はありませんが(^_^;))

これを励みに一生懸命仕事をして今度はパワーアンプに挑戦したいですね。

| | コメント (4)

2014年10月10日 (金)

I can not manage activoties for audio

みなさん、こんばんは
ということでオーディオ関係のことがコントロールできません。
今日はCDが大量にきました。ボックスもあるので全部で50枚くらいです。

最近は新しいCDを全部聴くことができないのですがまあ仕事ではないので一日10枚とかノルマを決めるのは意味がないので音楽を楽しみつつ新しい出会いも楽しむことにしています。

CDは注文した都度くるのでなくある程度まとまってくるので注文時にはそれほど多く注文していなくともまとめてくるとけっこうな量になります。

・・・・でいつも私の頭の残っているのはVivaldiの残りの2つです、そうクロックとアップサンプラーです。この資金を厚くするべく日夜がんばっていますが今の目標は買える金額ではなく買える金額の1.5倍の資金ができたタイミングでなんとかしたろうと考えています。

まだ時期尚早ですがそろそろゲットすることを視野に入れたいと思っています。

CDもVivaldiもなかなかコントロールできませんね~

さらにラックをもう一つ買うことになるかも・・・・・(^_^;)

| | コメント (0)

2014年10月 7日 (火)

心に響く演奏

みなさん、こんばんは
最近ボックスのCDをよく買います。カラヤンの70年代のボックスはようやく30枚弱制覇しましたがこのほかに60年代ボックスと交響曲のボックスがまだ未聴です。また先日カールリヒターのボックスもゲットしました。未聴のボックスだらけで聴く時間とれるのかと思います。
音楽の演奏は倍速でとかいうわけにはいきません。

先日バイオリニストのボックスでUTO UGHI(ウトウーギ)の18枚のものをゲットしました。まだ4枚しか聴いていませんがバッハとヴィヴァルディーを聴いた限りではかなり心の残りました。

今までUTO UGHIのことは知らなかったのですがイタリア人でイタリア本国では大変人気があるバイオリニストだそうです。このほかにモーツアルト、ベートーベン、ドボルザーク、メンデルスゾーンやバカニーニの作品もあるので楽しめます。

71ghb4wobel_sl1500_

テクニックはすさまじいものがありきっとうヴィヴァルディーの生まれ変わりかも・・・

| | コメント (0)

ベートーベンの第九とシューマンの第四

みなさん、こんにちは
先日フェルトベングラー指揮のベートーベン第九とシューマンの第四のCDをゲットしました。第九は1951年、第四は1953年のライブです。

オケはベートーベンはベルリンフィルではなくバイロイト音楽祭のオケでシューマンはベルリンフィルです。前者はフェルトベングラーがバイロイト音楽祭で指揮をしたのだと思います。

私は不勉強であの有名で我が国ではなぜか年末に演奏されることが多い第九のことはあまりしりません。副題に喜びの歌とあるように歓喜に満ちた曲なのかと思うとこれを聴くととてもそうは思いません。曲全体はおどろどろしくデモーニッシュです。最終楽章に合唱がありこれは有名ですが歓喜の歌というよりもあの世の亡霊がなにか歌っているようなイメージです(私の感覚が変なのかもしれませんが)

ではこの曲を聴くのが嫌かというとそんなことはありません。第九は以前の当ブログでも書いたように何度聞いても有名どころの指揮者を聴いてもピンとこなかったのですがフェルトベングラーのこのバイロイト音楽祭のライブはけっこう刺さりますしこの演奏は好きです。

ではシューマンの第四はどうかというと・・・・

知らないとベートーベンの第九とシューマンの第四だとシューマンはおまけのようか感がありますし第九聴いたら

はい終わり

みたいな感じがしますがシューマンを侮ってはいけません。

シューマンは交響曲を4曲作曲しています。一般にシューマンはオーケストレーションは上手ではないといわれていますが私はどの曲も素晴らしいと思います。

交響曲というと格調高いようですがもともとは今で例えると映画を見に行って1本が終わり次の映画が始まるまでの幕間に流れる音楽という位置づけでしたがそれを完成させたのがベートーベンでした。

幕間の音楽ですから演奏時間は1時間ということはありえませんよね。当時は映画はなくオペラだったと思います。

音楽家はベートーベンのこの9個の交響曲を聴いて自分が新たに交響曲というジャンルの曲を作曲する場合はかなり悩むしプレッシャーがあるのではないかと思います。ブラームスの交響曲1番はいわばベートーベンの10番っぽいですがブラームスはこの1番を完成させるまでに相当の年月を要したそうです。これは目の前のベートーベンの交響曲があったからだと思います。

シューマンもこのベートーベンの交響曲の存在を十分に意識していたのだと思います。

シューマンの交響曲はベートーベンのそれに比べて演奏する機会やCDを見る機会は多くないと思いますが(多分興行的な意味だと思いますが)シューマンのクオリティーはベートーベンには劣りません。この4番は堂々しており良い演奏で聴き終わった後でも頭の中でリフレインしています。

シューマンの交響曲なんて・・・・ピアノ曲はいいと思うけど・・・

とお思いの方はシューマンの交響曲を是非お聴きすることをお勧めします。

| | コメント (0)

2014年10月 5日 (日)

音楽の魂

みなさん、こんばんは
昨日パワーアンプからスピーカーケーブルが外れてしまいました。こうなると私が不器用なのとパワーアンプの形状から自力でケーブルを接続することは不可能になりました(^_^;)

そこで現在は
CD12→Levioson52→SRM717→SR007

というSTAXで音楽を聴いています。

この組み合わせで聴くのは久しぶりですが、音楽の魂を感じます。逆にいままではこんなことは感じていなかったのでセッティングがまだまだだったと思います。

魂に触れると同時に少し焦りを覚えます。

ケーブル繋がったらこのテイスト忘れないようにしてキチンとセッティングしたいですね~

| | コメント (0)

2014年10月 4日 (土)

スペース(^_^;)

みなさん、こんにちは
年末にはまだまだ時間がありますが、これから本業の方が少し慌ただしくなってくるので今のうちに少しだけ課題クリアーに着手しています。当面はVIvaldiのトラポとDACを置くスペースがないということをクリアーしなければなりません。Vivaldiは最終形は筐体が4つになりますが今回はお金がないのでトラポとDACの2筐体のみなので今から4つのスペースを確保することは考えずにとりあえず2つのスペースを確保することを考えています。

今のところ思いついたのはよいボードを床に敷いて2つ分のスペースを確保してここにVivaldiを置こうという考えです。VIvaldi設置後も今活躍しているCD12とLINDEMAA820はそのまま使い続けようと思っています。IKEMIはSTAX専用にしてSRM007tに繋げようと思います。

そこで床に敷くボードですが最近金欠なので中古で

finite elemente【E21】フィニッテ・エレメンテ アンププラットフォーム-B

を買いました。ブツは届いているのですがVivaldiが来るのがまだ先なのでまだ梱包を解いていませんがとりあえず半歩前進です。

私は値上げ前で買ったのですが値上げ後の定価をみたのですがすごいですね。
こんな大金持っていたわけではありません(笑)

とりあえずは残りの2筐体をなんとかして(これだけでも高いですね~)その後パワーアンプを何とかしてという野望あります(^_^;)

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »