« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月30日 (火)

SACDに謝ります(^_^;)

みなさん、こんばんは
CDよりもよい音を聞かせてくれるメディアにSACDがあります。
以前はSACDってそれほど大したことはないのではないかと思っていました。その時は入門機でSACDも演奏できるプレイヤーを使っていました。ただ入門機といっても購入した当時は奮発して購入したものでした。

その後SACDも演奏できるプレイヤーはLINDMANNになりこれでSACDを聴くとなかなか良い印象を持つようになりました。現在のVIvaldiもSACDは演奏することができますがこれで聴くSACDは素晴らしいです。一言でいうと自然です。音色はあまりエッジが立つというかくっきりはっきりしているわけではなく柔らかくて心地良いです。

やはりSACDを良いものとして聴くにはCDプレイヤーを奢る必要があるみたいですね~

現在はハイドンの弦楽四重奏曲の皇帝を聴いていますが、自然な音色が流れてきます。

| | コメント (0)

2014年12月28日 (日)

失礼な奴(^_^;)

みなさん、こんにちは。
以前合唱で参加したときに声楽のプロの方々と一緒だったことがあります。ところが私は当時その方々の合唱を聴いて

素晴らしい!

と思っていましたがプロだとは知りませんでした(^_^;)

以前ベルリオーズのキリストの幼時に参加した時にマリアの役をやった石井恵子さんというソプラノの方がいらっしゃいました。私は当時全然歌えなかったのですが、石井さんのマリアのパートを楽しみにしていました。

声が良いのはもちろんですが、歌の表情がものすごくあります。石井さんとはこの後今年のフォーレのレクイエムでのご一緒させていただきました。

といっても石井さんは私のことは記憶にないと思います。
私はその他大勢で合唱が特に上手とはではないですからね~(^_^;)

レクイエムはPIE JUSUのソロが非常に印象的でした。声もよし、歌唱も清らかでした。
練習の時は石井さんが歌い終わると素晴らしいのでオケと合唱のメンバー全員が拍手をしていました。

私はほんの一瞬だけ言葉を交わしたことがあります。その時に発した言葉が

メチャクチャ素晴らしいですね!

でした。
その時石井さんは当然じゃないって感じではなく少しはにかんだ表情が印象的でした。

今思えば素晴らしいのが当然な人にこういうことを面と向かっていうなんて失礼な奴ですね。その時は石井さんがプロだということは知らなかったのですが歌唱が単に上手というレベルではないことと、合唱の参加者の中で石井先生といった人が何人がいたので

この人プロなんだ・・・・

と後で認識しました。

失礼な奴ですね~(^_^;)

時間があったら石井さんのコンサート追いかけてみようかと思っています。

| | コメント (0)

2014年12月27日 (土)

これほど差があるとは・・・・・

みなさん、こんばんは
CDプレイヤーはCD12をメインで使っていました。最近まではこれにESOTERICの電源ケーブルを挿して音楽を楽しんでいました。CD12はハデハデな音ではないですが例えると水墨画の濃淡をキチンと再生しており音楽が自然に耳に入ってきました。

CD12が奏でる音楽は安心して聴いていられてまるで故郷に戻ってきているような感じがしました。

そこに先週Vivaldiがやってきました。以前ダイナの7階で聴かせてもらったときには(しかも4度も)機器が全然我が家と違うので直接CD12と比べることはなかったのですが、改めて比較するとこの濃淡の部分がCD12よりもさらに緻密に表現します。

いくらVIvaldiといえどもこの部分でCD12が遅れを取るとは思いもしませんでした。

例えばハープシコードの音色は色々な成分から成り立ちますがこの色々な成分がCD12と比べて再現されているような印象があります。

また、以前Levinson32Lと52を比較試聴したときに感じたフォーカスですがCD12はVIvaldiに比べると甘いというか音像が大きな感じがしてこのLevinsonの比較試聴を思い出しました。

現状の我が家のVivailはまだ素のままでケーブルも付属のもので下にはボードは敷いていません。またまだアップサンプラーとクロックが装着されていないのでドラゴンボールのセルでたとえると完全体ではありません。

CD12はボードも敷いているしESOTERICの電源ケーブル使っていてインコネも良いものを使っているのにこの差って何?って感じです。

そうはいってもCD12のテイストは好きなので当分はスピーカーで聴く場合はVivaidiとCD12体制でいき、STAXで聴く場合はIKEMIとLINDEMANN体制(STAXでもSACD聴きたいですからね~)で行こうと思っています。

CD12はソースをシンプルに再生する(アップサンプリングやCDを読み込んだデータを一旦メモリーに蓄えるなどしていない)のでVivaldi導入後も色あせることはないと思います。

まだVIvaldiのフィルターなど試していない機能がありますがじっくり楽しみたいですね~

| | コメント (0)

キリギリス一直線(^_^;)

みなさん、こんにちは
発展途上人の部屋にも書きましたがこの2ヶ月のクレジットカードの支払額が私にしてはありえない金額になっていました。理由をつければ今まで現金で支払っていたものを小銭がたまるのが嫌でカードにした、子供達の誕生日プレゼントをカードで買ったということがあげられますが自分で自分を正当化してもそのツケは自分にきますから自分で言い訳しても意味がありません。

・・・・で昨日注文していたCDが届きました。CDは少しずつ注文しているのですが配送は注文と関係なくくるのでそれほど買った覚えはないのですがこれもあり得ない金額になりました。

少し経済的なタガが緩んでいる感じがします。

このままではキリギリス一直線です。

童話では夏の間音楽三昧のキリギリスが冬になりアリに食べ物を分けてもらおうとしますが夏の間汗水垂らして働いたありが・・・

それだったら冬は踊ったらどうだい・・・・

と冷たく言い放たれて餓死したという逸話があります。

キリギリス阻止(笑)

| | コメント (0)

2014年12月26日 (金)

バカのフォローアップ(^_^;)

みなさん、こんばんは
オーディオを再開していたときにはまだ普通の人の感覚が残っていたのでいわゆるオーディオマニアがやっていることで

そんなはずなーだろ・・アホじゃないの(笑)

ということがありました。それを自分がどうしたのか検証してみたいと思います(^_^;)

●電源のこだわり
電源にこだわらないと良い音楽は聴くことはできない。そのために壁にあるコンセントをオーディオ用に変える・・・・ってどうせ東京電力(関東地方はですが)から電気がきているので変わるわけないじゃん。頭おかしいだろ・・・

って感じでしたがやはり変わります。これは先人のいうことは正しいです。

●アンプのセパレート
私はアンプというとプリメインアンプで簡単にいうとプリアンプとパワーアンプが1つの筐体に収まっています。これはスペースを節約でき、余分なケーブル代も節約できます。しかしながらプリとパワーが別々のセパレートだとお互い干渉しないので音が良いし色々な組み合わせを楽しむことができる。

ということでしたが、アンプ2台持ってどうするという考えがありました。しかしながら現在はセパレートです。さすがにパワーアンプを2台使ってそれぞれスピーカーを片方ずつ駆動するとか高音と低音を別々に担当させて・・・というところまではいっていませんがこれは余談をゆるしません。

●CDPのセパレート
CDPはCDからデジタルデータを読み取る部分とこのデジタルデータをアナログデータに変換する部分とがあります。通常はこれらは1つの筐体に収まっていますが、これらがセパレートになっているCDPがあります。CDPもセパレートにしてアンプのセパレートにしたらアホの極致やないかい・・・・という感覚がありました。

・・・で今はCDPもセパレートになりますた(^_^;)

オーディオを始めた時にアホか、そんなこと普通するか・・・と思っていたことをやっちまっています。

●CDPのドーピング
CDPにクロックとか付けるともっと音が良くなるらしい・・・・クロックだけで音楽聴けるわけではないのでアホかの世界でしたが、先日注文してしまいました。来年クロックとアップサンプラーが来ます。(^_^;)←アホか(笑)

と今はパワーアンプを複数使ってそれぞれのスピーカーを鳴らすということには至っていません。

セパレートは別にセパレートが良いとかいう基準ではなく聴いて欲しかったのがたまたまセパレートだったということでした。

俺って正常だな~(笑)

| | コメント (0)

2014年12月25日 (木)

知っているようで知らない曲(笑)

みなさん、こんばんは
有名な曲で一部を聴くと

これって運命か・・・

とか合唱部分を聴くと

これは第九だな・・・

などとわかるのですが、おそらく全曲通して聴いた人はそれほど多くはないと思います。

運命の第2楽章、第3楽章、第4楽章は

ダダダダ~~~ン

の第1楽章に負けないほど魅力的です。

第九は合唱までに至る曲は聴いたことある人はそれほど多くはないと思います。ちなみに私は最近まで第九の第1楽章を聴いてもそれが第九だとはわかりませんでした(^_^;)

多分今も第九の合唱以外の部分が演奏されても第九だとわからないかもしれません(笑)

年末年始のお休みに運命や第九を通して聴いてみるのもいいかもしれませんね~

| | コメント (0)

2014年12月24日 (水)

フォーレ レクイエム

みなさん、こんにちは
フォーレのレクイエムというとミッシェルコルボ指揮のものをよく聴きますがコルボはこれを4度録音しています。またこの曲自体は楽譜が何種類かあり今の私が理解しているのは比較的大編成のオケのものと小編成のものです。

コルボ指揮のレクイエムは3枚持っていますが、先日これをゲットしました。

Corbozfaure06

ジャケットの絵が大変印象的です。残念ながら絵は詳しくはないのでこの絵のタイトルや作者はわからないのですが一度みたら印象に残ります。

よく聴くコルボ指揮のものはソプラノが女性ではなくボーイソプラノのものなのですがこのCDは
女性のソプラノ(朝の朝食みたいな表現ですが(^_^;))がキチンとしたスキルを持って歌い上げています。

大編成用ではなく小さい編成用なので荘厳さはありませんがシンプルで心にしみます。
演奏は教会で行ったそうです。聴きやすくて私は好きですね。

・・・・でですね、このCDはレクイエムだけではなく小さな作品ですが

小ミサ曲
アベマリア
タントゥムエルゴ

も収録されています。

クリスマスはイエス様の誕生日で浮かれるのもいいですが心静かにこういう曲を静かに聴くのも悪くないのはないかと思います。

| | コメント (0)

2014年12月23日 (火)

白眉3曲

みなさん、こんにちは。
私が大好きなモーツアルトの曲はその大部分が瑞々しく神のようなメロディーを奏でますが毛色の違った曲があります。

それは、

ピアノ協奏曲27番
クラリネット協奏曲
クラリネット5重奏曲

です。私は勝手にこの3曲を白眉3曲と呼んでいます。

曲自体は聴衆を感動させられるかどうかは別にして楽器がある程度できる人は演奏することはそれほど難解ではないと思います。私はピアノは弾けませんが(もちろんクラリネットも吹けませんが(^_^;))27番はピアノソロは簡単に演奏できそうな感じがします。

自己満足レベルですが(^_^;)

でも聴衆を感動させるような演奏はそうそう簡単にはできないのが特徴です。
簡単だけどきわめて難しいので演奏者の内面が充実していないと演奏不可な曲なのだと
思います。

以下全くの私の思い込みです。

人生を駆け抜ける時に自分自身の体力、気力が頂点でそれに関わる聴衆も自分を支持してくれた。

モーツアルトは絶頂期はピアノ協奏曲の演奏会を開く時にはいつも聴衆で一杯でスケジュールに追われmあるピアノ協奏曲の演奏会の時は自分が弾くピアノのソロパートの楽譜はなくてその部分は即興で演奏したそうです。

楽曲の頂点ではなく営業上の頂点はこんな感じだったそうです。

その後ふと振り返ってみると、ピアノ協奏曲の演奏会を開いても聴衆が集まらない時期がありピアノ協奏曲27番はできたときに演奏する機会がなく、知り合いの演奏会の中で演奏させてもらったそうです。

今は当時ほど自分自身も充実していない
聴衆もそれほど自分を支持していない

でも自分はダメなのかというと決してそういうことではない。
でもいわゆる自分はCurrentではない

という状況においてさびしさ、くやしさとかという感情はなく、

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。

なんだな~

とある意味人生の深さや森羅万象をかみしめる味わいがあります。

この白眉3曲は聴いたら勇気づけられるとか元気になるとかいう類の曲ではありません。
逆にピアノ協奏曲25番あたりは聴くと元気になります。

いわゆるある感慨に浸ることができる曲です。

まさにこれを味わうことができる今を生きていることができるのが幸せだと思います。

| | コメント (0)

2014年12月22日 (月)

アップサンプリング

みなさん、こんばんは
最近少しずつVivaldiを聴き込んでいますがCDがものすごく音がいいのですね。
非常に不思議な感じがしたのですが、説明書をよく読んだらトランスポーテーションにアップサンプリング機能がありました。

これはCDをかけるとDSDに変換したりDXDに変換して出力するそうです。
まあ大袈裟にいえばCDをかけるとSACDみたいな感じになるということでしょうか・・・

ただアップサンプリングが丁寧(という言葉が適切かどうかわかりませんが)なので聴いていて不自然さとか違和感はありません。

これはさすがのCD12でもこの機能はありません。

これでアップサンプラーとクロックを接続したらどうなるのか想像がつきませんね~

| | コメント (0)

2014年12月18日 (木)

ここここれは・・・全然すごくない(^_^;)

みなさん、こんばんは
とりあえずヘロヘロになりながらvivaldiのトラポとDACをラックに乗せた段階で力尽きましたが鳴らなくてもいいやと思い結線してみました。自分のスキルから考えてこれで今日は音楽を聴けるとは期待していません。

結線しておそるおそるスイッチを入れると音が全然でません(^_^;)

あれれ~  しばらく考えてみたら・・・・パワーアンプのスイッチ入れるの忘れていました(^_^;)

・・で音は出ました。この2筐体でも色々な設定ができるようですがとりあえず素のままで音出ししてみました。

ぼーっと聴いているとVivaldiだと思う音はしません。あのダイナの7階で聴いた音楽とは違います。

まあそれはそうですね。ダイナの7階はESOTERICのバケモノケーブルを何本も使いアンプのものすごいアンプでスピーカーはThe sonus faberでしたから我が家の環境で同じクオリティーのものがでたら私はすごい天才ということになります。

記念すべき第一曲は松田聖子のSACDのスコールです。

すごいとは思いませんが、音楽の木目が細かくなったようです。
また音のイメージも以前より広く拡がるような感じです。

うーーん、これならさすがのCD12も負けますね~
スケールで負けるのは仕方ないと思っていましたがそれよりも木目が細かいとは・・・・

これからエージングをしてもっと機能を使えるようになりたいと思います。

これでしばらく聴いて落ち着いたら電源ケーブルとインコネケーブルと電磁波除去ボードですね。

| | コメント (0)

力尽きる(^_^;)

みなさん、こんにちは
さきほど待望のVivaldiが到着しました。早速セッティングして・・・・・

と行きたいのですがとりあえずトラポとDACをラックに乗せただけで力尽きました。
元々重い荷物が平気というタイプではないのですが入院して筋力が弱っていたのでなかり体力を消耗しました。幸い腰はなんともないのですが設置が終わるとけっこう腰にきます。

腰が悪い人はVivaldi買ってはいけません(笑)
これと引き替えに大きなものを失います。

今は本業で詰まっている宿題があるのでこれをなんとかしないといけないのでVivaldiなんかに構っていられません(^_^;)

最初のアンプのラックスのL580を買ったときもそうですがショップで見る印象と我が家で見る印象は大きさはかなり違いますね。

Vivaldiはデカイ、重い、冷たい

です。

音出しは来週になりますね~

正直こんなのが4つ来たら大変ですよね~(笑)

| | コメント (0)

2014年12月14日 (日)

対応の違い

みなさん、こんばんは。
一月以上前にパワーアンプのスピーカーケーブルが外れたのでSOSを出したのですがシカトされたショップがありました。まあそれはそれで今は解決しました。スピーカーケーブルをもっと軽いけどクオリティーが落ちないケーブルに変えて簡単にパワーアンプに結線できるようになりました。

そうこうしているうちにスピーカーの片側のウーハーに異変がありました。スピーカーは2年ほど前に両方のウーハーが逝っちゃってしまい修理をお願いしたのですが運が悪いというか片方がまた逝っちまいました。

今回は違うショップに対応をお願いしました。基本的にシカトのショップとはここからは
機器は買わないでしょう。

そうしたら対応してもらったショップから

ご迷惑を掛けて申し訳ありません

という趣旨のメールが来ましたがこのスピーカーはそのショップから買ったのではないのでショップの人が私にお詫びすることはありません(笑)

昨日スピーカーが修理から戻ってきて新しいスピーカーケーブルを結線して音を出したら音が左からだけ聞こえてくるような感じがします。

スピーカーのセッティングだけではなくプラスマイナスを間違って繋いだ可能性があり、アンプとスピーカーの端子のプラスマイナスを確認するためにスピーカーの修理を依頼したショップに質問をしました。

内容はトホホな内容です。(私はこのレベルなんですよね(笑))

年末の忙しい時にこんなトホホな質問するなよ・・・・

ってレベルです。

基本的にこのショップの対応は迅速でやりとりしていても気持ちがいいです。私は営業職ではありませんがビジネスでも参考になることが多いショップです。

今は松田聖子のSACDをCD12で鳴らしてセッティングの調整をしていますがCD部も良いですね~

このショップのおかげで年末の我が家は音楽が戻ってきました。

松田聖子のSACDは現在のところ6枚発売されていますが最初聴いた時にはsupremeが一番印象が薄かったのですが聴けば聴くほどじわじわきますね。

| | コメント (0)

2014年12月13日 (土)

集中力

みなさん、こんにちは
私は人よりも集中力はあるほうなのですがその一方で一番興味がわくものではないことにはそれほど集中力はありません。

今週来週は、スピーカーが修理から戻ってくる、Vivaldiが我が家に来るというイベントがありますがこっちの方はイマイチ自分の中では盛り上がりません。

今は仕事が少し忙しくてしかも興味が仕事の方にいっているのでオーディオにはまだ興味が回りません。今の本業の状況は少なくとも来年3月いっぱいまで続くのでしばらくはこのままでしょう。

ただし音楽はほぼ毎日聞いていますから音楽を聴く意欲はけっこうあります。

先日はカールベーム指揮のベートーベンの第九を聞きましたが、フェルトベングラーの第九とはかなり趣が違うのでそれぞれの第九を味わえるといいと思います。

さて明日は休日出勤だにゃ~

| | コメント (0)

2014年12月 5日 (金)

最初に聴いていた組み合わせ

みなさん、こんばんは
今日はラックが届いたので早速組み立てて機器を整理しました。
大きく2系統にしました。

最初はLINN CD12→Levinson52→LINN KLIMx TWIN→1Guarneri Homerge
です。これはセッティングがヘボイので十分にそれぞれの能力は発揮できていないみたいです。

次はLINN IKEMI(あるいはLINDEMANN 820)→SRM007t→SR007

です。これはSTAXのヘッドホーンで聴く内容です。実はオーディオを始めたばかりの頃はこれでずっと聴いていましたしこれがメインでした。今日は久しぶりにこの組み合わせで音楽を聴いてみました。007tは久しぶりに使ったので聴き始めた当初はかすみがかかっているな感じがして違和感がありましたがしばらく聴いていると調子が出てきました。

007tは真空管とトランジスターとハイブリットでわずかに響きがありますがこの響きが大好きなのですね。これでSACDを聴くことができないのは寂しいのでLINDEMANNもこっちで使おうと思います。

特に音楽のテイストの好みは変わっていませんでした。

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »