« コンサートのお知らせ | トップページ | 素晴らしい才能と素朴な演奏 »

2015年2月14日 (土)

贅沢な組み合わせ

だみなさん、こんばんは。
バイオリンのアンネゾフィームターは女王と呼んでもいいかもしれません。先日ゲットしたライブのCDでムターのバイオリンが堪能できます。

曲目はヴィヴァルディー四季
ブラームスのバイオリン協奏曲ニ長調作品77
チャイコフスキーのバイオリン協奏曲

です。

指揮はヘルベルトフォンカラヤン、オケはベルリンフィルです。1980年代に行われた演奏です。

ムターはカラヤンが見いだしたそうでおそらく両者ともお互いの音楽は知り尽くしているので良い意味で信頼しきった演奏だったのではないかと思います。

しかもライブなので集中力がすさまじいかもしれません。

え、もう聴いたのかって・・・・
今はカラヤン指揮のベートーベン7番のライブを聴いているのでこれを聴いた後ムターのバイオリンを堪能したいと思います。

|

« コンサートのお知らせ | トップページ | 素晴らしい才能と素朴な演奏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンサートのお知らせ | トップページ | 素晴らしい才能と素朴な演奏 »