« 何歳になっても同じ現象が・・・ | トップページ | 巡り会えなかった名機達 »

2015年3月27日 (金)

モーツアルトのバイオリンソナタ

みなさん、こんにちは
先日モーツアルトのキーボードとバイオリンのソナタのボックスを聴き終わりました。
同じバイオリンでもモーツアルトのバイオリン協奏曲はモーツアルトのほとばしる才能や瑞々しさを感じるものの深みが今ひとつという感がありますがこのソナタは色々なテイストがあります。

深みがあるものがあれば実に愛くるしいものもあります。

私の印象に残っているのはモーツアルトの最初の頃のソナタです。

・第5番変ロ長調K.10
・第6番ト長調K.11
・第7番イ長調K.12
・第8番ヘ長調K.13
・第9番ハ長調K.14
・第10番変ロ長調K.15

これらは実に愛くるしい曲達です。キーボードはピアノではなくハープシコードなところが
いいですね。ケッヘル番号がかなり若いのでモーツアルトが子供の頃に作曲されたものだと
思いますが本当に素晴らしい才能だと思います。
Cl141009001

|

« 何歳になっても同じ現象が・・・ | トップページ | 巡り会えなかった名機達 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何歳になっても同じ現象が・・・ | トップページ | 巡り会えなかった名機達 »