« 適材適所 | トップページ | 今日はコンサート »

2015年3月 6日 (金)

ハイドンの交響曲

みなさん、こんにちは
ハイドンというとモーツアルトより前でバッハよりも後の作曲家で面白いおじさんというイメージがあります。ハイドンの弦楽四重奏のボックスを買いましたがなかなか味わい深いメロディーでおもしろいおじさんではないようです。

これと同時にハイドンの交響曲のボックスをゲットしました。ハイドンは諸説ありますが108曲の交響曲を作っています。数だけでいうとベートーベンは9曲ですから全然違いますが長さと深みが違います。

ただハイドンの名誉のために触れておくと交響曲はもともとは例えば映画を観に行って1つの映画が終わると次の映画が始まるまでの間に音楽が流れますがそういう位置づけのものだったそうです。ベートーベンの時は自ら交響曲に芸術性をもたせようとしたのだと思いますがハイドンの時はいわゆる幕間つなぎだったと思います。まだそれほど聴いていませんが楽しくなるような感じであるという印象があります。

またところどころにモーツアルト的な感じがしますがこれはモーツアルトがハイドンの影響を受けたのでしょう。

今年はハイドンを聴いてみたいと思っています。

|

« 適材適所 | トップページ | 今日はコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 適材適所 | トップページ | 今日はコンサート »