« ロンドンソナタ侮り難し | トップページ | フェルトベングラーのモーツアルト »

2015年4月21日 (火)

夢が絶たれた瞬間(笑)

みなさん、こんにちは
学生の時って卒業が間近になると就職活動を始めますよね。
ところが私は当時ある国家試験を目指していて在学中に合格できなかったので就職しないで
プウになることに決めていました。

友達は次々と就職先を決めていくなかで私は全く行動しませんでした。

当時音楽が好きで試験勉強の合間にリコーダーを吹いていました。(ついでにホラも吹いていました(笑))

まあ試験に合格できなかったらリコーダーの奏者にでもなるか・・・・

と思ったくらいリコーダーは当時自信がありました。

ところがNHKFMでリコーダー特集をやっていてそれを聴きました。

奏者は

ハンスマルティンリンデ
フランツブリュッヘン

でした。

最初は・・・どのくらい上手なのかお手並み拝見って感じでしたが演奏を聴くと

これはリコーダー奏者にはなれないな・・・
こんなのには敵わない

という思いが強くなってきました。ある意味学生の頃に彼らの技量がわかるというのは素晴らしいと思いますがこの二人のために夢を断念してしまいました。演奏の差は楽器の差だけではないというのはすぐにわかりました。

その後フランツブリュッヘンは指揮者としても頭角をあらわし良い演奏をしてくれました。

こんなのと張り合っていたなんて我ながらバカなと思いますね(笑)

|

« ロンドンソナタ侮り難し | トップページ | フェルトベングラーのモーツアルト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロンドンソナタ侮り難し | トップページ | フェルトベングラーのモーツアルト »