« モーツアルトのバイオリンソナタ | トップページ | 侮り難しCD12 »

2015年4月 4日 (土)

巡り会えなかった名機達

みなさん、こんにちは
オーディオの機器で巡り合わせが悪いのか欲しい欲しいとか絶対にこれ買うと心に決めた機器があり諸般の事情で所有できなかったものがあります。全く聴いたことがないものや聴いたけどじっくりと何日も聴いたことがないものがあり今でもそれらを目にするとドキドキすることがあります。

まずはMeridianの588です。当時CD プレイヤーの入門機からの買い換えでこれが一番候補でした。その次がLINNのIKEMIでした。このプレイヤーは一度も見ることがなく聴くこともなく最終的にはIKEMIを選択しました。いまだと588はかなり古くなっていると思いますがどんな音楽を奏でてくれるのか聴いてみたいです。

次はMarklevinsonのNO32Lです。最初はこれを買うためにお金を貯めていましたがそうこうしているうちにその後継機である52が出て最終的には52にしました。ショップのイベントで32Lと52との新旧リファレンスを聴き比べるイベントがあり比較的じっくりと32Lを聴くことができました。この時は32Lは52と違い音色はやや暗い感じでしたが思った通りのテイストでした。52が発売されていなければ間違いなく32Lに逝っていたでしょう。今でも32Lをみるとオオッと思いますね~

条件が許せば32Lも買いたいのですが置く場所がないのでこれもあこがれのままですね~

不思議なのは聴いたことがないのですがLevinsonのパワーアンプはそれほど聴きたいとは思わないのはなぜなのでしょうね(^_^;)

|

« モーツアルトのバイオリンソナタ | トップページ | 侮り難しCD12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モーツアルトのバイオリンソナタ | トップページ | 侮り難しCD12 »