« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月28日 (日)

糞な耳、鈍い感性(^_^;)

みなさん、こんばんは
私は機械はあまり強くはありません。
去年の暮れにVivaldiをセッティングしたときに少し気になっていたことがありました。それはワードクロックでトランスポートをスレーブにDACをマスターにするとジッターが減少して(自分でも何言っているかわかりません(^_^;))・・・音が良くなるそうなのですがこれができないでそのまま放置していました。

思い立ってさっきやってみました。なんとかDACをマスターにすることができました。

とりあえず設定をいじってみたのは完全体になった時にキチンとコントロールしたかったのですね。完全体になっても機械音痴でトホホでは困ります(^_^;)

これで前よりも音がよくなったはず・・・

でメニューインのソロのバッハのパルティータ2番を聴いてみると

おお、激変

ではなくあまり変化がありません。

まあ私の感性とか耳なんてこんなものです。

そのうちに気のせいかバイオリンの鮮度が増したというか高音がキレに出るような気がしますがこれをブラインドでやって分かるかというと多分分からないでしょうね。

まあ今は2筐体でドラゴンボールのセルでいえば18号と19号を吸収する前の状態なので
あまり多くは期待しないようにしようと思います。

| | コメント (0)

2015年6月27日 (土)

ちょっとオーディオのことが・・・

みなさん、こんばんは
このところ本業で忙殺されておりオーディオどころではありませんでした。
今年の秋にVIvaldiの残りの二つの筐体が我が家にやってきます。

今はまだ完全体ではありませんがCD12と比べて圧倒的ではありません。もちろん私がCD12のテイストを好きなことも理由になりますがよく考えてみたらVivaldiのトラポとDACを結んでいるケーブルが付属のままでした。

付属がだめなのかというと当初の機器の音決めは付属のケーブルを使って行うので悪いことはありません。ところCD12とプリアンプのケーブルはそれなりなのでこれに比べるとVivaldiで使っているケーブルは見劣りします。

また電源がもう一系統欲しいと思ったのですが工事するのも面倒なのですが良い機器を見つけました。

今のところ電源は不足していないのですがVivaldiの残りの二つがきたら不足します。

で構想としてはいいのですが、肝心のお金が・・・・

ちなみに実生活でお金がないのはツライですがゲームの世界でお金がないのもかなりツライものがあります。

パワーアンプを買い換えて・・・・などと大風呂敷を広げていますがアクセサリーも買えないなんて・・・・(^_^;)

とりあえず構想はほぼできたのであとはこれに向かって一生懸命働いてオーディオ用の資金を厚くするだけですね~

ちょっとオーディオのことが気になってきました。

ちなみに今はサリエリのレクイエムを聴いていますが良く鳴ってくれています。
これはもっと多くの人が聴く機会があってもいいと思いますね~

| | コメント (0)

2015年6月26日 (金)

紹介します

みなさん、こんばんは
私と親しくさせていたいただいている人でシャコンヌさんという方がいらっしゃいます。
シャコンヌさんはご自身は音楽のホールをお持ちでここで何度か音楽を聴かせていただきました。それぞれの機器はこだわりがありコンデンサ-(って私は何にどう影響するのかわかりませんが(^_^;))も試行錯誤で吟味されています。

音響もばっちりで一番よくきこえる場所は音楽を聴くと適度な反射音がつきここちよく音楽を聴くことができます。この一番よくきこえる場所はいわゆるセンターポジションではなく端の方ですがきこえる音楽は直接飛び込んでくるものではなく私自身スピーカーなどをセッティングするときには

そうそう、何も自分がスピーカーの真ん中にいなくてもいいんだ

と再認識させられます。

オーディオや音楽に関する造形の深さは私なぞ足下にも及ばずその知識の豊富さにびっくりしますが、こうしなくてはダメなんだという押しつけが一切ありません。

今回はシャコンヌさんはご自身の豊富な経験を日記に綴っていらっしゃいます。

http://www.h7.dion.ne.jp/~chaconne/owners-diary.htm

またシャコンヌさんのホールは散歩の達人という雑誌に紹介されました。

http://www.h7.dion.ne.jp/~chaconne/sanpo-tatsujin.pdf

個人的な感想は一歩そこに足を踏み入れたらヨーロッパって感じです。

オーディオが好きな人だけではなく音楽が好きな人にも魅力あるサイトだと思います。

http://www.h7.dion.ne.jp/~chaconne/index.html

| | コメント (0)

2015年6月14日 (日)

歴史は繰り返すか・・・・(^_^;)

みなさん、こんばんは
高校生の時にLE8Tというスピーカーを初めて聴いて衝撃を受けました。曲はジャズでしたがシンバルの音があまりにも生々しかったので頭から離れませんでした。今でもあのシンバルの音の記憶があります。

ところが当時は消費税もなくスピーカー1本5万円台でした。これを鳴らすのは2本いるのでスピーカーだけでほぼ10万円以上になり、スピーカーだけ買っても音楽は聴くことができないので結局自分が買えるはずもなく結局は高嶺の花でした。

ところが歴史は繰り返すというか・・・

去年たまたまショップに行った時に聴かせてもらった見た目が不細工はスピーカーがありました。色も灰色でルックスからは期待0でしたがひとたび音楽が発せられるとそれまで聴いていたオーディオの音がウソっぽく電気仕掛けの音にきこえます。

音色とか定位とか言う言葉が陳腐でこれらで語られるスピーカーではありません。

これはヤバイ・・・

あのLE8Tの衝撃が甦ってきました。見た目はチープで色からするとそれほど重くはない(実は1本90キロ以上ありました(^_^;))と思われこれだったら家にも置けるかな・・と思いメーーカーのホームページを見るとサクッと変えるような値段ではありません。仮にお金が用意できたとしても私はそんな身分の人間ではありません。

あれ聴いたらほかの名だたるスピーカーの音ってウソっぽくきこえてしまうくらいです。

その後これをブラッシュアップしてもっと良くしたようで販売をすることが決まったみたいです。

値段を見ると・・・やはり・・・・(^_^;)

このスピーカーの消費税だけで100万円超えますからね

買うとか買わないとか言うレベルではないですがこれが今の私のLE8Tですね。

罪なスピーカーだと思います。

歴史は繰り返すな~(^_^;)

数年経って中古を狙うということも考えられますがあれを手にしたオーナーは手放さないでしょうね。

| | コメント (0)

理想のオーディオ環境(^_^;)

みなさん、こんにちは
絶対に実現できないでしょうが理想とするオーディオ環境があります。
それはですね・・・

まずは今のオーディオ機器なんか不要で

一流のオケを持って、ホールを持って・・・

仕事が終わったらここの事務局に電話して

あの~、今日はモーツアルトのバイオリン協奏曲聴きたいだけどお願いします。
といっても5番まではなくて偽作の6番と7番もお願いしますね。

という依頼1本で生の演奏を聴くことができる

ということですね。

ほぼ良かったけど6番と7番が練習が足りないですね。もっと真面目に演奏しないと
来年も契約継続するかどうかわからないな~


たまたまオーディオが好きなおじさん達の話で

俺ってVIvaldi買ってさ~

へ?Vivaldiって何?

ほらあのdCSから出たCDPなんだけど

あー電気で動くオーディオ機器のことね・・よくそんなんで音楽なんて聴いてられるね
そんなのにお金使うんだったらヨーロッパにいって本物聴いてきたら・・・

などとシラーとしていえるのが理想の環境です。

無理でしょうけどね・・・・(^_^;)

| | コメント (0)

2015年6月13日 (土)

ライブ

みなさん、こんにちは
最近巨匠のライブ盤をゲットして聴きこんでいます。聴き慣れた曲もライブでは集中力が高まっているようにきこえてます。私の乏しい経験でいうと練習の時は観客はいないので一生懸命練習していますがそれでも気が抜けることがあります。

以前スタバトマーテルの練習をしていた時にはハープが入るところを忘れてしまい、指揮者が

おい、おっさん!

(ハープはおっさんですた(^_^;))

とコミックバンドみたいな感じになりました。

翌日本番になり観客の前で演奏すると演奏サイドの集中力が前日と全然違います。
演奏自体も集中力が高まっているせいかかなり締まった演奏になっていました。

ライブの録音もいいものですね~

| | コメント (0)

アンプ頓挫(笑)

みなさん、こんにちは
先月はアンプの試聴を少しやりその後も積極的にアンプの試聴をやり購入候補を決める予定でいました。ところが今月になり本業の宿題が積み上がり、息が詰まるような毎日が続くようになり自分自身の意識の中でアンプが遠のいてきました。

先月Jeffのパワーアンプを聴いた時は

おーこれはいい、デカイ、重いということでなければ即これに決まり

と思いテンション高いままに他の候補をピックアップしていました。その中にはSolutionもありAyerもありましたがまだ一度も聴いていないので聴いてから決めようと思っていたのですが
現在は頓挫です(笑)

以前試聴してピンとこなかったアンプももっと暖まると素晴らしいパフォーマンスだという話しもありますがこれは100キロを超えるのでキツイですね~

多分今年一杯でも購入法補は絞れないかもしれません


| | コメント (0)

2015年6月12日 (金)

侮れないにゃ~(^_^;)

みなさん、こんにちは
先日CDが届きました。このところは狂ったようなCD買いは止めて少しずつ買うようにしています。巨匠のライブの録音が安く売っていたのでこういう場合は貧乏なので集中的に買ってしまいます。

請求書をみたら、1枚が890円(安いでしょう)のCDが6枚ありました、

例えば
チェリビダッケ指揮、ベライヤピアノのモーツアルトピアノ協奏曲9番、ベートーベンピアノ協奏曲4番とかです。

でも安いといっても6枚買うと5千円くらいするんですね。

安いといって沢山買うと侮れないことになってしまいますね~(^_^;)

今日は在宅ワークなのでこの6枚をじっくり聴こうと思っています。

| | コメント (0)

2015年6月 7日 (日)

オリジナルにハマルと・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは
八神純子さんの水色の雨は色々とカヴァーされていますがやはり八神さんのヴォーカルでないと別に歌になってしまいますね。他の歌手は別の色がありますがやはりカヴァーを聴くと本家が聴きたくなります。

柴田淳さんも水色の雨をカヴァーしていますがまるで別の歌です。悪くはありませんが本家があるとこの歌は誰が歌っても厳しいかもしれませんがちあきなおみさんのカヴァーで聴いてみたいです。

チューリップの心の旅という歌があります。これは後に吉田栄作さんがカヴァーしました。カヴァーした時は彼はトレンディー俳優として絶頂期だったと思います。個人的には今彼のカヴァーを聴いてもそんなに悪くないと思っていますが、チュリップファンの人はこれを聴くと怒ります。

心の旅を冒涜している・・・

とか

私は吉田栄作さんは一生懸命歌っていて悪くはおもっていませんが、自分自身が大切に思っている歌を畑違いの人がカヴァーするという企画自体が許せないのでしょう。

あとむずかしいのはJWALKの何もいえなくて夏ですね。

これはあのヴォーカルの味を出せる人がなかなかいないし歌が上手とか言う問題とは違う
のでこれを今聴くのは難しいかもしれません。仮にヴォーカルの味を出せたとしてもあのギターの味(雑味がありラルクのギターとかなりテイストが違うのですが雑味が良い方向に
出ています)もなかなか出せないでしょう。

私はJLOVEという企画もののアルバムがあるので吉田栄作さんの心の旅とオリジナルJWOLKの何も言えなくて夏は問題なく聴けますしチューリップのアルバムもあるのでオリジナルの心の度もいつでも聴くことができます(笑)

| | コメント (0)

2015年6月 2日 (火)

藤川真弓さんって誰?

みなさん、こんばんは
先日モーツアルトのバイオリン協奏曲全集を手に入れました。モーツアルトのこの協奏曲は5番までしかありませんが、かつて6番と7番がありましたがこれは偽作ということになり今手に入れることができるバイオリン協奏曲全集では外されることが多いのですね。

偽作でもモーツアルトの作品ではなくとも作品自体は素晴らしいものなのでこの2曲とアデライーデ協奏曲(これも偽作)と共に埋もれて欲しくはありません。

このCDのバイオリンのソロは藤川真弓という人です。おそらく日本人の女性バイオリストの草分け的な人だと思いますがバイオリンの演奏は素晴らしいです。変な例えですが日本人がモーツアルトを演奏するというのは外人が演歌を歌うのと似たような感じなのだと思います。楽譜の通りに演奏できてもそのほかの何かが表現しきれないことが多いので日本人で本格的な演奏家を目指す人はヨーロッパに住むのではないかと思います。

テクニックはもちろんですが音色の滋味なども申し分ありません。

028948053841

CDのジャケットも素敵ですね。
メニューインの時もそうですが最近バイオリニストに良い人と巡り会うことが多いですね。

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »