« 真冬の恋人達 | トップページ | 音楽家の魂 »

2015年7月12日 (日)

CDの音が・・・

みなさん、こんにちは
昨日注文したパワーアンプが届き早速音出ししてみました。
購入したのは私には過ぎたものでFM7アコースティックの711でした。
比較は以前からの相棒であったLINNのKLIMAX TWIN CHAKRAになります。

KLIMAX TWINはスピーカーケーブルをマネジメントしにくく一時期スピーカーケーブルについてはトラウマになっていましたが今回は楽です。簡単にできました。

アンプが奏でる音楽で驚いたのは情報量でした。はっきりときこえる楽器の音色はより実在感が増しました。
特にピアノは大袈裟にいえばそこでアルゲリッチが弾いているという感じです。また今まであまり耳に届いていなかった微妙な音色も表現できているようで細かい微妙なニュアンスも感じ取ることができます。音楽は音がでて消えていくことの繰り返しになりますが消えていく微妙な様が表現できているのでしょう。この部分ははっきりと自覚はできませんがそれぞれの音楽を奏でる要素がまんべんなくスピーカーに伝わっていると感じることができます。

昨日はほんの音出しにつもりでしたが7時間ほど通して音楽を聴いていました。

とこうかくとKLIMAX TWINが情報量が少なく表現力が劣るアンプのようですがそんなことはありません。これは音楽を誇張せずに自然に奏でてくれるアンプです。1つの頂として考えることができるパワーだと思っています。

ただ自分自身で機器を更新していくと当初は満足していたものが段々と出音に不満を持つようになり最終的にパワーがネックではという結論になりました。プリはCDPのテイストをそのまま受け継ぎパワーに渡し、パワーはスピーカーに伝え・・・この最後のプロセスがネックなのかと思っていました。残念ながらパワーの商品知識はほぼないに等しいのですが候補のアンプは特になくKLIMAX TWINよりも1ランク、2ランク上のパワーだと表現力が増すと考えるようになり何度かパワーを試聴しました。

中にはJeffの925のように素晴らしいアンプもありましたしAyerのMXRTwentyという良いアンプもあります。925は実際に聴きましたが音色に潤いが乗り素晴らしかったです。本当はAyerのアンプを聴いてから悩む予定だったのですが、このFM711は中古でも安くはないのですが人気があるアンプであっという間に売れてしまいますのでよかったので即決定しました。
試聴したときは買う気など全くなったのですが聴いた途端に値段をみて、

うーん、予算内か、後悔することないから逝っちゃえ

でした。

Jeffの925は本当に好みで予算を少し超えるくらいだったのですが、これはまあ一生懸命働けばカバーできるかなと思ったのですがデカイ、重いのでこれはパス。
アンプの条件はステレオパワーアンプ(置く場所の問題)で重さは20キロ台にしましたがパワーアンプは重いものが多く70キロとか100キロとか平気なんですね。今のわたしは30キロを超えるものはダメですね。

CDの音は・・・とネガティブな話はよく聴きますが、これだけの素晴らしい情報量が詰まっていたことになり決してCDはトホホではないと思います。

ただこのくらいのクオリティーで聴ける機器の値段は誰でも悩まずに買えるくらいにして欲しいですね~

|

« 真冬の恋人達 | トップページ | 音楽家の魂 »

コメント

しばらく来なかったのですがとんでもない事態になっていますね。
まだまだ上がりとはいかないでしょう(笑)

投稿: mo | 2015年7月12日 (日) 08時52分

moさん、こんにちは
コメントメルシーです。

本当にトンデモない状況ですね~
これ以上だとオーディオ用に別にメンション用意しないとならないのでこれで上がりですね~・・・・多分(^_^;)

投稿: 小林二郎 | 2015年7月12日 (日) 09時16分

もう今までの音では満足出来ないですよ~

FMの世界へようこそ !

投稿: 大佐 | 2015年7月12日 (日) 12時35分

大佐殿、コメントありがとうございます。

そうですね、音楽は難しいというか試聴の後でもう一件立ち寄ったイベントでは本当にSN比がよい音だったのですが音楽は全く感動しませんでした。特にお気に入りのメニューインのバイオリンを演奏してもらいましたがこれも全く感動しませんでした。

作曲者や演奏者の魂まで表現しないと単に音がいいだけではダメなんですね~

これは一日中音楽を聴いて廃人になる人も出そうなアンプですね~(^_^;)

投稿: 小林二郎 | 2015年7月12日 (日) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真冬の恋人達 | トップページ | 音楽家の魂 »