« 音楽家の魂 | トップページ | チェンバロの響き »

2015年7月17日 (金)

メニューインとマルツィー

みなさん、こんにちは
私がいまよく聴くバイオリニストはユーディメニューインとヨハンナマルツイです。
私の認識では二人とも同じ時代に活躍していたような気がしていますが、たまたま私が聴き初めてよいと思った時期が似ているので同じ時期に活躍していると思っています。

モーツアルトのバイオリン協奏曲、バッハのソナタとパルティータ(バイオリンソロ)はこの二人の演奏を聴き比べます。

気に入っているといっても同じテイストの演奏ではありません。

メニューインはその音色は美しいだけではなく色々な滋味が入っておりすこしこってりとしたテイストです。バッハのパルティータ2番では少しエッジをきかせて演奏していますがそれが心に響きます。

Menuhin_tahra

マルツィーは済んだバイオリンの音色で同じパルティータ2番はエッジをきかさずにサラリと演奏します。非常に上品な演奏です。メニューインのベートーベンはまだ聴いてませんが、マルツィーの音色はベート-ベンに合うような気がします

Zc2700382

こういう素晴らしいプレイヤーの演奏を聴きたいと思えば聴くことができるというのは贅沢ですね~

|

« 音楽家の魂 | トップページ | チェンバロの響き »

コメント

新アンプを入手して、ますます順調なオーディオライフですね。そのものすごい機器群の音を拝聴してみたいですね~(^.^)

さて、メニューインについて、ちょっと興味があります。

今入手できるメニューインのCDで、お薦めCDなどありますでしょうか?
教えてもらえますでしょうか?

投稿: kensan | 2015年7月18日 (土) 18時38分

Kensanさん、こんばんは
コメントありがとうございます。

バイオリンの曲は元々バッハモーツアルトが好きなので、これらの曲はしびれますね。

一通りのものを聴く場合は

メニューイン歴史的録音集が色々とカバーされていると思います。

バッハあり、モーツアルトあり、ベートーベンありですね。

後はこのブログのジャケットの
Hommage a Yehudi MENUHINもコンパクトでよいです。モーツアルトのバイオリン協奏曲4番が収録されていますが指揮はカールベームです。

演奏はおそらくダメなものはないと思いますが録音の状態がポイントだと思いますがこれはリスナーの評価を参考にされればよいと思います。

投稿: 小林二郎 | 2015年7月19日 (日) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽家の魂 | トップページ | チェンバロの響き »