« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月30日 (日)

清々しいバイオリンソナタ

みなさん、こんにちは
昨日紹介したヨハンナマルツィー演奏のBOXのJOHANNA MARTZY RADIO RECORDINGS
を聴いています。これは録音は古いですが音楽は鮮明でいわゆる良い録音だと思っています。

今日はヘンデル、ラベルなどのバイオリンソナタが収録されたものを聴いています。バイオリンとピアノだけの演奏ですがそれが一層マルツィーの清々しさが表れています。私が感じるマルツィの印象は

バイオリンの音は清らかで澄み渡っている
変な解釈はしない、おそらく作曲者に最大の敬意をはらって曲に臨んでいると思われる

です。

もちろんテクニックは抜群なのはいうまでもありません。

テクニックは大切ですがこういう演奏では作曲者にどれだけ敬意をはらえるかということに
なるのだと思います。それにより曲に対する真摯な態度が演奏の結果として表れるのでしょう。

例えばヘンデルのバイオリンソナタは少しバイオリンを練習した人であれば弾くだけだったらミスのない演奏ができると思います。或いは暗譜で急に演奏を依頼されても演奏可能だと
思います。ただ弾くだけなら・・・・

演奏者の中に

ヘンデルのバイオリンソナタなんて弾くことができるし簡単

なんという気持ちがあれば自己満のみで聴くを感動させることができません。

こういうのは変な中級者がありがちな自信過剰みたいですね。

以前私が入院していた時に入院患者を励ますという意味で桐蔭学園のオーケストラ部の学生が病院にやってきて演奏をしてくれました。私も聴きました。

演奏自体はそれほど上手でもなく楽器の音が小さいので演奏者が自信なく控え目に弾いていました。もちろん音楽学校の学生ではないので音楽に接する時間は限られています。

では聴けたものではなかったのかというとその時の光景や演奏が記憶に残っていますし演奏には感動しました。

彼らは音楽に対して真摯な態度で取り組み作者達には最大限の敬意をはらっていたのだと思います。

これがないといくら「上手」な演奏を聴いても時間の無駄になってしまいます。

マルツィーの演奏は私の好みからいうとハズれはありません。

聴いたことがない曲でも心にしみます。

カラヤンがいっていたことに一番エライのは曲を作った人というのがありますがその通りだと
思いますね~

| | コメント (0)

2015年8月29日 (土)

松田聖子の声

みなさん、こんにちは
去年の今頃から松田聖子のアルバムをSACD化するプロジェクトありすでに6枚買っています。
が特段松田聖子のファンということではなくコンサートは行ったことはなく松田聖子の生の声って知りません。

最近2枚のSACDがリリースされました。

45_130

North wind

46_130
Silhouette

です。
通常アイドルというとアップテンポの曲が多いようですがこの2枚はかなりしっとりと音楽を聴くことができ、それ以前の6枚よりも松田聖子の声が自然にきこえます。(本当の声聴いたことないのでアテにはなりませんが(^_^;))

特にNorth windのonly my loveという曲では声が高すぎて松田聖子が声を外す(高めに外れる)ところがありますが一生懸命歌っている様子がわかりほほえましいですね~

これはオーディオファイルは電源ケーブルやインコネケーブルやインシュレーターと同様のアクセサリーなので揃えておいたほうがいいですよ・・・松田聖子のファンでなくとも・・(^_^;)


| | コメント (2)

ダブっていますがいいです

みなさん、こんにちは
今は一番聴いてみたいバイオリニストはユーディメニューインとヨハンナマルチィです。テクニックはもちろんですが演奏から音楽に対する真摯な姿勢がうかがいしれます。

色々な作品を聴きたくてメニューインは

403

この12枚入りのボックスを買いました。バッハのバイオリンソロのソナタやパルティータが6曲ありこれはダブりですがそれでも他のベートーベンやモーツアルトの後に偽作になる6番とアデライードも収録されているので大満足です。また私が普段あまり聴かないパガニーニの曲などもあるのでメニューインの演奏を堪能することができます。

録音に古さがありますがそれもいい味になっています。

ヨハンナマルツィはraidio recording という8枚組のボックスで

31_1101_01

メニューインのマツツィ版という感じです。

この両者のボックスでベートーベンのバイオリンソナタのクロイツエルが収録されていますが
良い演奏でクロイツエルにはまっています(^_^;)

| | コメント (0)

2015年8月16日 (日)

バッハのバイリンソロ曲

みなさん、こんにちは
バッハはバイオリンのソロ曲の名曲を作っていますがその中でよく聴かれるのがバイオリンソナタ1番ー3番、パルティータ1番ー3番の6曲だと思います。これらの曲は名だたるバイオリニストはレコーディングをしています。

色々な人の演奏を聴きますが、スムースに弾く人、エッジを効かせて弾く人など個性は色々です。これらの曲を聴くと最終的にユーディメニューインのパルティータ2番を聴きたくなります。

メニューインの演奏が好みなのでしょうね。

これは演奏が上手というよりも(名手が多いのでどれも上手です)好みになります。

全部聴くと6曲で2時間以上かかるので好みに合わないとバッハを味わうどころか退屈な時間になってしまいます。

好みの演奏に出会うとラッキーですね。

| | コメント (0)

2015年8月15日 (土)

インスパイアーされました

みなさん、こんにちは
今日は日頃考えていることを述べた先輩の日記がありそれにインスパイアーされました。

http://www.h7.dion.ne.jp/~chaconne/owners-diary.html#jyubun

オーディオの音については突き詰めて考えたことはなかったのですが少なくとも生音をオーディオ機器で再生しようとは思っていないようです。ただ矛盾するようですが自分の好きな時に好きな曲を好きな指揮者で好きな演奏者で演奏して欲しいという思いはありました。

これを実現するのはオケを持つ、指揮者や演奏者を雇うというかつての王侯貴族のような生活をする必要がありますが残念ながら働いて生活の糧を得ている身では不可能です。

これは私だけではなくほとんどの音楽が好きな人はそうではないかと思います(^_^;)

この代替手段としてオーディオ機器で録音されたものを再生して代替的に希望を叶えています。

オーディオ機器にはいわゆる高級機とそうでないものとありますが高級機を持っている人はそうでない人よりもエライというオーディオカースト制度の考えは私にはありません。

オーディオ機器を聴いてそれが自分の好みのテイストで音楽を奏でてくれればそれで良いのですね。私は楽器の音を完全に知っているわけではなく大体のテイストがこんな感じであればそれで満足します。

極端な話しバイオリンとピアノの音がキチンと区別できばいいのですね。

後は耳から入った情報を私の脳にある記憶が色づけしてくれて音楽として私に認識させてくれます。

まあどんなに素晴らしいオーディオ機器を持っていてもウイーンフィルやベルリンフィルのオーナーにはなれないのは同じなのでその中で自分の方がいい機器持っているとかあいつに負けたとかいうのは趣味のアプローチとしては私は好みません。他人の機器などはどうでもよくそれが自分の好みのテイストであれば参考にしようと思ったり興味をもつようになるかもしれません。

よく音は人なりといいますが私はあまりこのような言葉は好きではありません。

他人が聴いて酷い音だと思っていても本人が満足していればそれでいいのだと思います。

以前国産メーカーの雄の機器を使った試聴会に参加したときにその時の音はきれいなだけで
他には何もないと感じました。いつも聴いているお気に入りのCDをかけてもらったのですがこれも何の感想もありませんでした。私にとってはNGでしたがこれを素晴らしいとか感動する人もいたわけでこれは好みに合わなといういことも感動することもありなのですね。

感動した人に対して

こんなものに感動するなんて音楽わかっていないのではないか

ということではなく好みが人によって違うので好みに合うか合わないかということだけです。

例えば私はモーツアルトの曲が大好きですが、モーツアルトは大嫌いで聴きたくないという人がいてもいいと思いますし非難されるものではないですね。

モーツアルトの良さがわからないなんて・・・
人間としてどうかしている

なんてことはなく私見ですがモーツアルト自身も人間としてどうかしていたのではないかと
追っています(^_^;)

音楽やオーディオ機器に対して何もを求めるかということによってスタンスは沢山あるのでしょう。

| | コメント (3)

2015年8月 9日 (日)

Vivaldiのアップデート

みなさん、こんにちは
先日Vivaldiのソフトウエアーをアップデートしました。
メーカーの受け売り文句をそのままいうとVivaldiはソフトウエアーをアップデートすることで
いつも最新の状況をキープするそうです。

私は今はトラポとDACだけなのでこれだけアップデートすればOKです。

アップデートCDが送られてきてそれをCDPとDACの設定をしてCDPで読み込ませるだけです。
1回のアップデートは50分強かかります。

アップデート後鳴らしてみると音楽に元気がないというか生気がありません。

あれれ・・・・

アップデート度色々な設定をいじっているうちにDACのボリュームを絞ったみたいです。
(元々機械には強くないんですよね)

ボリュームを正常に戻したら以前に戻りました。

アップデートしたからといって特段音が良く鳴ったわけではなく主にメモリーオーディオへの対応みたいです。トラポも音の本質のアップデートではなかったようです。

これで来月にクロックとアップサンプラーがきて四筐体全部揃うことになりますがまだ置く場所の確保ができていません。もうラック増やせないし考えなければなりませんが今は宿題が多いのでVivaldiの置く場所どころではありません。

この夏は無理しないで音楽を楽しみたいですね~

| | コメント (0)

2015年8月 4日 (火)

含み益(笑)

みなさん、こんばんは
突然ですが私はプリはレビンソンの52をCDPはVivaldiを持っています。って別に自慢しているわけではありません。これらは私が買ってから値上げしました、特にVivaldiは2度値上げしました。これにより仮に私がこれらを中古で売ったとしても金銭的な利益がでます(^_^;)

特にVivaldiは9月から値上げになるので値上げ後は四筐体揃えると税込で15,000,000円くらいになります。値上げしてしばらく経ってから

Vivaldi持っているんですよね~

というとこんなマヌケ面している奴が15,000,000円もするCDP買ったのか

と驚かれると思いますがこんな値段だったら買いませんし買えません(^_^;)

ふと考えると今はトラポとDACの2筐体で聴いていますが来月になると残りの二筐体が我が家にやってきます。

音楽はグレードアップするのでしょうか・・・・

| | コメント (0)

含み益

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

バッハが聴いたら・・・・

みなさん、こんばんは
昨日と今日はカラヤン指揮のベートーベンの交響曲を聴きまくりカールベーム指揮のブラームスの交響曲を聴いていました。これらはオーディオ開始した初期の頃に買ったもので当時よりも色々な演奏家で聴いた後の今聴くとどのように聴こえるかを確認+やはり聴きたいということで
聴いていました。

その後ふとピアノ曲を聴きたくなりバッハのゴールドベルク変奏曲を聴きました。ピアノはグレゴリーソコロフです。

演奏はややゆったり目で一音一音丁寧に音を紡ぐという感じで決してスマートではありませんがバッハに対する敬意が感じられます。ピアノの音色も素朴でバッハに合う音色だと思います。

きっとバッハがこれを聴いたら

そうそう、私が思っていた通りの演奏だ

といったかもしれません。

065

これはCD2枚組ですがゴールドベルク変奏曲だけではなくパルティータ2番、イギリス組曲2番も収録されているのでバッハの鍵盤曲が堪能できます。

| | コメント (0)

2015年8月 1日 (土)

久しぶりのベートーベン

みなさん、こんにちは
今日は久しぶりにベートーベンの交響曲を聴いてみました。といってもベートーベンの交響曲自体はけっこう聴いているのですが久しぶりというのはオーディオを再開した時に買ったカラヤンの70年代の演奏です。

フェルトベングラーやカールベームなどなどカラヤン以外の指揮者の演奏はよく聴いていますがカラヤン指揮のこのシリーズは久しぶりです。

まず気がつくのは音色ですね。オケの弦楽器は弦と弓がこすられて音がでるのでそれなりのゴリゴリ感がありますがカラヤンの音色はゴリゴリ感がなくシルキーで美しいです。これは好き嫌いがあると思いますがカラヤンのオケの音色に対する揺るぎのない考え方なのだと思います。

久しぶりに聴いたのは1番と3番ですが3番は雄大な大河をゆったりと流れるようなイメージがあります。まさにシルキーな音色の洪水という感じですね。

他の巨匠達に比べて優れているとか素晴らしいということはありませんがこれはカラヤンの音色によるベートーベンなのでしょう。

少しずつ時間を見つけて改めて聴きこんでいこうと思っています。

カラヤンは自身の音楽の解釈やアプローチに確固たる信念を持っていたようです。

以前知り合いのブログでリヒャルトシュトラウスの英雄の生涯の演奏のことが触れられていました。

http://www.h7.dion.ne.jp/~chaconne/owners-diary.html#karajan

リヒャルトシュトラウス自身の指揮によるものとカラヤンの指揮によるものとお聞きになり
カラヤンが作曲者を超えたのではないかと感じられたそうです。

例えばモーツアルトとかベートーベンの指揮した音楽を聴きたいと思いますが必ずしも自作自演が今の指揮者の演奏よりも優っているとは限らないのでしょう。

残念ながらカラヤンはもう天に召されたので新しい音楽を聴くことができませんが、できるならば天国でベートーベンとかモーツアルトと音楽について語り合っているといいと思いますね~

| | コメント (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »