« 久しぶりのベートーベン | トップページ | 含み益 »

2015年8月 2日 (日)

バッハが聴いたら・・・・

みなさん、こんばんは
昨日と今日はカラヤン指揮のベートーベンの交響曲を聴きまくりカールベーム指揮のブラームスの交響曲を聴いていました。これらはオーディオ開始した初期の頃に買ったもので当時よりも色々な演奏家で聴いた後の今聴くとどのように聴こえるかを確認+やはり聴きたいということで
聴いていました。

その後ふとピアノ曲を聴きたくなりバッハのゴールドベルク変奏曲を聴きました。ピアノはグレゴリーソコロフです。

演奏はややゆったり目で一音一音丁寧に音を紡ぐという感じで決してスマートではありませんがバッハに対する敬意が感じられます。ピアノの音色も素朴でバッハに合う音色だと思います。

きっとバッハがこれを聴いたら

そうそう、私が思っていた通りの演奏だ

といったかもしれません。

065

これはCD2枚組ですがゴールドベルク変奏曲だけではなくパルティータ2番、イギリス組曲2番も収録されているのでバッハの鍵盤曲が堪能できます。

|

« 久しぶりのベートーベン | トップページ | 含み益 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりのベートーベン | トップページ | 含み益 »