« 「主よ、人の望みの喜びよ」だけではありません | トップページ | シルエットロマンス »

2015年9月28日 (月)

バッハへの敬意

みなさん、こんばんは
最近バッハの心と口と行いと生活でを自主練をしています。
といっても大衆の面前で歌うのは厳しいものがあるので楽譜を追うのと歌詞を味わうことを主眼においています。私は元々ドイツ語をやったことないのとドイツ語の歌詞の歌はこれが初挑戦です。

このカンタータは合唱は最初と一部の最後と二部の最後だけなんですね。

1曲通すと30分くらいなのですが合唱が加わる3曲以外は全てソロなので合唱はこの2曲を歌うことができればOKということになります。一部の最後と二部の最後は主よ人の望みの喜びをなので実質2曲マスターすればいいということになります。

ではこれって簡単なのかというとそうではありません。

楽曲的なことはあまり知らないのですがフーガの技法がモロに炸裂しているので非常の味わいがあります。またソロの部分は歌いませんがだからといって関係ないかというと決してそうではありません。

歌わない部分を味わっておく必要があると思っています。

これを何度も聴くとバッハを尊敬せざるをえません。

マタイ受難曲やヨハネ受難曲のような聴いているだけでも胸が痛くなるような曲もあれば
このカンタータは楽しい曲ではありませんがイエス様に対する高揚した信仰を表しているので聴いていても胸が痛くなりません。

仮に通して歌えるようになったとしてもバッハに敬意を払いながらこの曲に関わっていきたいと思っています。

後はモーツアルトとヴィヴァルディーも馴染まなければならないのですが、あまり効率を考えずに作曲者に敬意を払ってこれも関わりたいと思いますし両方とも希代の天才が作った名曲です。

|

« 「主よ、人の望みの喜びよ」だけではありません | トップページ | シルエットロマンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「主よ、人の望みの喜びよ」だけではありません | トップページ | シルエットロマンス »