« 聴くと演るとは大違い | トップページ | モーツアルトにレクイエムについて »

2015年9月15日 (火)

無謀な挑戦4

みなさん、こんにちは
去年の5月にフォーレのレクイエムに参加して以来合唱には参加しておらず、そうそう二年前の今頃はレクイエム練習していたなと思い、また、合唱やってみたいななんて気持ちが少しずつ芽生えてきました。

Facebookで合唱をやっているのをみつけて私も混ぜてくださいとお願いしたら快く混ぜてもらいました。もちろん課題曲は歌ったことはない新たな挑戦です。曲目は

ヴィヴァルディーのグローリアニ長調
モーツアルトの証聖者の荘厳な晩課(ヴェスペレ) KV 339
バッハのカンタータ 第147番「心と口と行いと命もて」 です。

ヴィウヴァルディーの宗教曲はあまり馴染みがありませんがヴァヴァルディーは音楽史上稀に見る天才で宗教曲は聴いたことがあります。素晴らしいのでこれに参加できるなんて光栄です。

モーツアルトのレクイエム以前の宗教曲ですがこれも良いものがり、バッハのこの曲は有名ですね。

きちんと歌えるかどうかわかりませんが音楽を仲間と紡ぐことを楽しみたいと思っています。

今まではマルグリットフランス先生が指導されたところで練習、演奏していますが今回は全く別のグループなので楽しみです。

作曲者を尊敬しながら一生懸命練習したいと思っています。

|

« 聴くと演るとは大違い | トップページ | モーツアルトにレクイエムについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 聴くと演るとは大違い | トップページ | モーツアルトにレクイエムについて »