« シルエットロマンス | トップページ | 素晴らしいのはいいのですが(^_^;) »

2015年10月11日 (日)

世間が許してくれました(^_^;)

みなさん、こんばんは
今日は群馬県の太田市までスピーカーの試聴にいってきました。
個人的にはアンプとかCDプレイヤーは色々聴きましたがスピーカーはあまり意識して聴いたことがありませんでした。GTサウンドというショップのスピーカーです。

今日聴いたのはこれです。

Srv1b1left260352

これだと大きさはピンときませんが大きさは

W850×H1300× D650 /mm

とかなり大きいです。1本250キロあるそうです。

いわゆる大型スピーカーですが、実際に聴いてみるといい意味で音が軽く不自然なスケール感はありません。よく小さなスピーカーが良く鳴る場合に大きさから想像できないような音という表現をしますが、このスピーカーも目をつぶって聴いているとこんなデカイスピーカーが鳴っているとか思えません。ウーハーがでかいので凄い重低音が出るようですが、適切な重低音がでます。パイプオルガンの重低音が演奏されたのですが普通のパイプオルガンでした。

いい意味で

普通の音が普通に出る

という感じです。ここの社長が若干解説をしてくれましたがユニットが鳴かないような工夫がされておりそれでスピーカーから出る音はクリアーでにじみがありません。

ではこれが欲しいかと欲しいですが我が家では置く場所ありません。

またお話しを聴いた限りの印象ですが歩留まりが悪そうです。

またこのショップはアナログも推奨しているようでムターのツィゴイネルワイゼンをアナログで聴きました。

アナログに走る人が多いのがわかります。

バイオリンの胴鳴りや弓が減を引くイメージすらでき陳腐な表現ですがムターがそこにいて弾いているような感じです。

その後同じ演奏をCDで聴いたのですが私たちのすぐ近くにいて弓の動きをつぶさに見ることができたのが一気に100メートル先に移動したような感じでショボーンでした。

では私がアナログにいくかというと、これも置く場所がありませんのでアナログはまだ行かないですがアナログのすばらしさをこの試聴会で堪能できました。

このスピーカーの制作者である社長は私が見たところオーディオバカ(^_^;)で、色々と試行錯誤した結果このサイズにたどり着いたそうです。個人的にはもっと小さいのがあるといいと思ったのですが

バイオリンでコントラバスの音はでない

などということで現実的ではないということでした。

今回はこの試聴会を主催してくれたGTサウンドとぴったりの会場にしてくれたシャコンヌに感謝ですね~

|

« シルエットロマンス | トップページ | 素晴らしいのはいいのですが(^_^;) »

コメント

次は引っ越ししてGTをFMで鳴らすという話ですね。

投稿: mo | 2015年10月12日 (月) 21時07分

moさん、こんばんは
コメントメルシーです。

いや~、私はこれは買えないですね~

引っ越しも面倒なのでパス(^_^;)

でもFMで鳴らしてみたいっすね~

投稿: 小林二郎 | 2015年10月12日 (月) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シルエットロマンス | トップページ | 素晴らしいのはいいのですが(^_^;) »