« 取りあえずの感想 | トップページ | いいスピーカーを聴いて思うこと »

2015年10月18日 (日)

バロックの宝石箱

みなさん、こんにちは
CDでいわゆるオムニパスはあまり興味がないのですが今回紹介させてもらう

Treasures of Baroque

はオムニパスで名曲揃いです。

え、バロックぅぅぅ(>_<)

と言う感じでバロックというと名前を聞いただけで敬遠しそうですが小品が7曲入っておりしかも良い曲ばかりです。

Alc1254cover

ジャケットも当時の様子に思いをはせることができますね。
曲目は


  • [1]  Pachelbel: Kanon in D   5:51
  • Handel: Organ Concerto No.13 in F, HWV295
    “The Cuckoo & the Nightingale” (Douglas Haas, organ)
  • Corelli: Concerto Grosso Op.6 No.8 in G minor “Christmas
    Concerto” Georg Egger, Angus Ramsay (violins concertante)
  • Albinoni: Trumpet Concerto in C (Edward Tarr, trumpet)
  • Vivaldi: Concerto for Lute & Strings in D major, P.209
    (Anton Stingl, Lute)

    [19]   Albinoni: Adagio for organ and strings (arr.Giazotto) 8:11
  • (Helmut Rilling, organ)
    Telemann : Suite for Viola da Gamba & Strings in D major
    (Ernst Wallfisch, viola da gamba)

というようにハッペルベルのカノンやアルビノーにのアダージョも入っているジョーって感じですね。またヴィヴァルディーやテレマンのお歴々の曲も収録されています。

バロックっていいですよ~


|

« 取りあえずの感想 | トップページ | いいスピーカーを聴いて思うこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 取りあえずの感想 | トップページ | いいスピーカーを聴いて思うこと »