« アナログ(^_^;) | トップページ | アルゲリッチだけではないんですね(^_^;) »

2015年11月 8日 (日)

天才は・・・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは
音楽で天才というとモーツアルトを思い浮かべますが実はモーツアルトだけではありません。
ヴィヴァルディー、メンデルスゾーン、サンサーンスなども天才です。いままであまりサンサーンスの作品は子供の頃に聴いた動物の謝肉祭くらいだったのですが今日は交響曲集第3集首都ローマを聴いています。

ローマ時代を思い出します・・・・って行ったことありませんが(^_^;)

サンサーンスの天才ぶりは

2歳でピアノを弾き、3歳で作曲をしたと言われ10歳でバッハモーツァルト、ベートーベンたちの作品の演奏会を開き、16歳で最初の交響曲を書いている。13歳でパリ音楽院に入学して作曲とオルガンを学ぶ。やがて作曲家兼オルガニストとして活躍した

だそうです。

天才というのは何かが欠落しているようで人格的にはあまり褒められた人ではないようです。

周囲の天才が普通にみえていたのでなまじの才能はわからなかったのでしょう。博識であったが嫌みでもあったようです(笑)

こんな簡単なことがどうしてできないの?
理解できないな~

って感じでしょうか・・・

とはいうもののモーツアルトの悲惨な死(だと思っていますが)とは違いサンサーンスの葬儀はフランスの国葬として行われたので音楽としては国を挙げて尊敬の対象になっていたようです。

首都ローマは今日は初めて聴くのでまだ感想を言える段階ではありませんが、また聴いてみたいですね。サンサーンスの交響曲は全部で5曲あるようなので他の曲も聴いてみたいですね~

|

« アナログ(^_^;) | トップページ | アルゲリッチだけではないんですね(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アナログ(^_^;) | トップページ | アルゲリッチだけではないんですね(^_^;) »