« 残念な感性(^_^;) | トップページ | 音の欠損 »

2016年1月 3日 (日)

持論いわれても・・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは
オーディオのアプローチは色々ありその結果の持論も人それぞれです。
例えば

私はオーディオで生音を求める

これはこれでいいのですが、生音とはなんなのでしょうか・・・

例えばあるコンサートホールで演奏された音色が生音なら自宅の音響の環境は自分がイメージする音響の環境とは違いますし場合によっては録音が問題になるケースもあると
思います(この技術的なことはあまり詳しくはないのですが)

ではだからオーディオに生音なんてもとめても無駄なことだ

という考えもあります。

私はオーディオ機器では生音は物理的に再生することはできないと思いますが自分がコンサートなどで聴いた音楽と違和感がなければそれでいいと思います。

生音を出すためには自分で楽器を買って演奏するかそのレベルの奏者に自分の目の前で演奏をお願いするかしかないと思っていますがそれよりもオーディオ機器で再生するほうが遙かに簡単ですし時間の節約にもなりますし費用もかかりません。

セカンドベターですね。
セカンドベターがオリジナルと違うので・・・といってみても始まらないと思っています。

また機器についてもアンプやDACは技術が進歩すると陳腐化するのでここに投資してもあまり意味がない

という考えもありますが、オーディオは性能的にいいから投資するのではなく自分の聴きたいテイストだから投資するのですね。

またオーディオでは音楽にもっとも影響するのがスピーカーなのでスピーカーに多く投資をしたほうがいい

これも一部は正しいと思いますがアンプやCDプレイヤーでも音楽に影響するので必ずしも正しくないでしょう。

一般論と各自の持論が自分に合っているとは限らないことが多いです。

基本的には私は自分は自分他人は他人なので各人が持論をいう分にはそれはそれでいいと思いますし否定しません。

ただ自分に合うか合わないかだけですね。

まあこれは趣味ですからオーディオで心地良い時間を過ごしたいものですね~

(セカンドベターの中での話はちょっと残念ではありますが・・・(^_^;))

|

« 残念な感性(^_^;) | トップページ | 音の欠損 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残念な感性(^_^;) | トップページ | 音の欠損 »