« バッハ・イン・ザ・サブウェイ | トップページ | 五嶋みどりさんのバッハ »

2016年3月24日 (木)

この感じってなんなのでしょうね

みなさん、こんにちは
ピアノ曲の名曲は数々ありますがシューマンの子供の情景が好きなんですよね。

この曲も名演が多くあります。

私の中の一番はクララハスキルの演奏です。

録音当時の状況を考えると録音は古いし今の録音のほうがいい音だと思いますがハスキルの子供の情景が時々無性に聴きたくなります。

名曲、名演奏ですがそれだけではないようです。

ハスキルのこの演奏(正確にはこのCDでも演奏といったほうがいいかもしれません)を聴くと懐かしさを覚えます。

といってもハスキルが活躍しているころをリアルに知っているわけではなく子供の頃にこの曲がお気に入りだったわけではありません。ハスキルのこの曲の演奏を聴いたのはここ数年なんですが聴いていて懐かしいのですね。

うまく説明することができませんが演奏とかテクニックとか曲のすばらしさ以外の要素が私の中にあるようです。

これと同じ感覚をもつものにこれもシューマンなのですが謝肉祭があり演奏者はミケランジェリです。

この演奏も素晴らしいと思いますが曲を聴いていると懐かしいのですね。
シューマンの謝肉祭が私の人生の節々で重要な役割を演じてきたわけでもなく子供の頃に慣れ親しんだ曲でもないのですが不思議だと思います。

好きな曲とか演奏とかいう範疇とは違うと思うのですが離れがたい懐かしさを感じるハスキルとミケランジェリの演奏です。

|

« バッハ・イン・ザ・サブウェイ | トップページ | 五嶋みどりさんのバッハ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この感じってなんなのでしょうね:

« バッハ・イン・ザ・サブウェイ | トップページ | 五嶋みどりさんのバッハ »