« SAKURARAというCDを聴いて | トップページ | 再会 »

2016年4月23日 (土)

今日は荒川でワーグナーです。

みなさん、こんばんは
今日は荒川でワーグナーのガラコンサートにいってきました。
フェースブックで知り合いになったソプラノ歌手の萩原雅子さんがワルキュレーのゲルヒルデ役で出演されます。

今まではワーグナーなんてあまり関心なかったのですがこれをよい機会に聴いてみるのもいいと思いました。

オケは個々の演奏者のクオリティーが高く十分な演奏ができていましたし歌手の人達のレベルと高い(当然ですが)ので全く予備知識がない私でも堪能することができました。

オーディオと違って電気で演奏していない生の演奏っていいですね。

O0678096013609058473

終演の後少し萩原さんとお話しさせていただいて、指揮者のクリスチャンハンマー氏に握手をしてもらいました。またジークムントを歌ったテノールの伊東さんはなんと私と同じ大学でしかもここはこういう歌手になるなんて教育やっていないので驚きました。才能はあると思いますが相当努力されたのではないかと思います。また全然関係ありませんが私の現業もこの大学出身者はレアーです(^_^;)

またマルグリットフランス先生が企画された演奏会でご一緒した歌手で石井さんを発見しました。石井さんはキリストの幼時でマリアを慈悲深く歌い上げマルグリット先生の追悼コンサートの時のフォーレのレクイエムのPie Juseを清らかに歌い上げましたが今回はこういうテイストではなかったでした。やはりワーグナーのワルキュレーには表現力の切り替えが必要なんでしょうね。

萩原さんはかなり集中しているようすがうかがえました。
良かったです。

今月は後2回コンサートに行きたいと思います
し自分の練習もあるし・・・本業は歌手ではないですが(^_^;)

|

« SAKURARAというCDを聴いて | トップページ | 再会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SAKURARAというCDを聴いて | トップページ | 再会 »