« もしもシューマンだったら | トップページ | 春のコンサート »

2016年4月10日 (日)

チェンバロのライブ

みなさん、こんにちは
私はチェンバロの曲が大好きなのですが今までチェンバロの生音を聴いたことがありません。

今日は筒井一貴さんの演奏でチェンバロのライブを聴いてきました。

プログラムは

Georg Bohm

Suite in F minor

Pachelbel

Arietta in F

JosepHaydn

Sonata b-minor

JS Bach

Partita NO4 BWV 828

です。

思ったより豊かな響きで表現も豊富でした。(奏法によるようです)

演奏は堅実に一音一音慈しむような演奏でした。

また会場の響きも心地良く一音ずつ聴く度に浄化されるような感じでした。

やはり再生よりはライブですね~
Dsc_0079

Dsc_0080

演奏の後筒井さんと少しお話しする時間があり聴衆の1人(お嬢さん)が

半音低いですか?

と鋭い指摘でした。こういう人っているんですね。

私は少しチェンバロを弾かせてもらいました。

軽く弾いても十分な音量です。

筒井さん、良い時間をありがとうございました。

|

« もしもシューマンだったら | トップページ | 春のコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェンバロのライブ:

« もしもシューマンだったら | トップページ | 春のコンサート »