« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月26日 (木)

忘れられない演奏

みなさん、こんばんは
演奏は何気なく聴き過ごす演奏とずっと心に残り忘れられない演奏があります。
忘れられない演奏は何も巨匠の指揮や一流のオケの演奏だけではありません。
私が忘れられない演奏は4年前に入院していたときに地元の学生のオケが
患者のために演奏に病院まできてくれました。曲目は何曲かありましたが
モーツアルトのアイネ・クライネ・ナハトムジークがありました。

演奏自体は自信がなくおっかなびっくり音を出している感じで決して上手では
ありませんがその演奏で励まされました。

ちゃんと直して社会復帰するという意欲が出てきました。

これは今でも忘れられません。

最近では5月22日にチャリティーコンサートでフォーレのラシーヌを
歌いました。その際のオケの演奏が忘れられません。非常に柔らかい弦の
音がゆったりと流れそのやすらかな音に包まれているようでした。

ソプラノの参加者はオケの音が聴こえたら泣きそうになったそうです。

これはラシーヌが最後の演奏項目でこれが終わると明日以降の良い時間が
途切れてしまうという想いもあったのだと思います。

もちろんオケも合唱もみんな音楽が好きで曲を作った人たちを尊敬している
ということもあるのかもしれません。

なかなか忘れられない演奏と出会うことってそう多くはないと思いますし
私の場合は必ずしも名の通った人とか一流の演奏家の演奏だけがそうなる
わけではないようです。

これからも忘れられない演奏と多く出会いたいですね~

| | コメント (0)

2016年5月22日 (日)

音楽は絆

みなさん、こんばんは
今日はチャリティーコンサートの本番で無事に終わりました。私は4月の始めから練習に参加して良い時間を過ごすことができました。

今は終わってホッとしたというよりもあのメンツで音楽を楽しむ時間が消えたという感じで少し寂しいです。今回はマルグリットフランス先生の絆で集まった演奏家(私は演奏家ではないのですが(^_^;))達が演奏しました。

まず指揮は学生の方だと思うのですが指揮は初めてだそうでした。ところが手足が細く長いことと姿勢が良いので指揮の姿か大変美しい人でした。この指揮姿を見ているだけでモチベーション高くなります。

今回はマルグリットフランス先生ゆかりのアンサンブルリテ、上智大学グリーンクラブOB合唱団、プチ日仏合唱団(私が一応属しているところみたいです)で演奏をやりました。

第一部は塚越さんのオルガンに始まり、石井恵子さんのソプラノソロの天使のパン、アンサンブルのラベルのクープランの墓、第二部は上智大学のグリーンクラブOB合唱団の演奏でした。全部男声で熟練を感じさせました。

第三部は私たちのボイストレーニングをしてくれたソプラノ浅岡真理さんのグノー=バッハのアヴェマリア

私たちのコーダイの舌持て語らしめよ ハイドンの詩編69番です。

アンサンブルリテのバッハのカンタータ もろびとよ歓呼して神を迎えよ
モーツアルトのフルートとハープのための協奏曲

です。バッハのカンタータは石井さんが情感たっぷりに歌い上げました。私は客席ではなう舞台の袖で聴いていました。響きに影響される石井さんの声がダイレクトに聞こえてきました。

モーツアルトはフルートの東さんの吹き降り(っていいのかな?(^_^;))で良いできでした。
躍動感がある演奏でオケの人数は少ない感じがしましたがチャペルではちょうど良いバランスでした。ハープは髪の長い優雅な女性ではなくオッサンでした(^_^;)(三村さんごめんなさい(^_^;))

最後は私たちとアンサンブルリテのフォーレのラシーヌです。

歌い終わるのが近くなるとこのまま終わらないで欲しいという思いが強くなりました。

マルグリット先生関係の仲間の中では私が一番新参だったのですが何度かお話しすると段々と顔見知りになってきて今日の打ち上げは石井さんと塚越さんの間で少しお話しすることができました。

これが縁になってまたこういうこと(できれば社会のために)ができるといいと思っています。解散の時にまた来週ね・・・がなくなるのはさびしいものですね~

追記です。コンサートの様子がアップされました。

http://www.catholiquestokyo.fr/m/galerie-706-dimanche-22-mai-2016-concert-au-profit-du-cambodge.html#&ui-state=dialog

Cjdhr0pvaaeorsh

| | コメント (2)

2016年5月21日 (土)

役得(^_^;)

みなさん、こんばんは
今日は明日のコンサートの練習に聖心のチャペルにいってきました。
少し早めについたら既に別の曲の練習をしていました。
オケとソプラノの石井恵子さんオルガンの塚越弘子さんの演奏の練習です。

この練習を30分くらいずっと聴いていました。本番さながらの演奏です。

石井さんの声は相変わらずまろやかで私が聞き惚れたキリストの幼時のマリア、フォーレのレクイエムの時のPie Juseのパフォーマンスは健在でした。塚越さんのオルガンの安定していてすばらしかったですしオケの集中力も申し分ありませんでした。

チャペルの音響で専門家の方々の本気の演奏を聴けるのは役得だと思います。

と観客みたいな事書いていますが私の本番も明日なんですよね~(^_^;)


11060051_684239161715102_6547294232

| | コメント (0)

2016年5月13日 (金)

ハイエンダーって(^_^;)

みなさん、こんばんは
オーディオ的には私はハイエンダーです(^_^;)<珍しく強気だな
でもオーディオのスキルはなく音楽に対する造形もそれほど深くはありません。

たしかにオーディオ機器は良いものだと思いますし、身の丈にあっていないです。

これを私がみたら・・・・

お前はアホか

です。

でも無理して買ったというよりは音楽を聴いていて一番自然にきこえるものを揃えたらたまたまこうなっただけなんですね。

先日インシュレーターのKaNaDeをゲットしてCDプレイヤーに敷いた所良いので調子にのってDACとプリにも導入しました。

以前からパワーアンプの足を変えた方がいいというお話しを聞いていたのでパワーにも導入したいと思い、さらにもう一つのCDPにも導入したいと思いパワーのハンドルの仕方を制作者に教えてもらいました。

私はオーディオスキルは低いですが自分自身の長所と思っている部分はどんなにプリミティブでもわからないことは躊躇なく質問することができます。その結果

インシュレーターを裏表反対に敷いていました。これで良くなったと思っていたので実に幸せな人間だと思います。

現在は3セットで運用していますが後2セット追加するので追加後が楽しみです。

今はカールベーム指揮ウイーンフィルのモーツアルトのレムイエムを聞いていますが合唱が全てのパートが横一列ではなくある程度前後に配置されているのを感じることができます。

というレベルのハイエンダーです(笑)

| | コメント (0)

2016年5月11日 (水)

オカルト的かもしれませんが・・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは
先日オーディオマニアの日記をみていたら彼が導入したインシュレーターがよさげなので早速導入してみました。インシュレータというと地味で

こんなんで改善なんてするのか?

です。説明によれがCDプレイヤーやDACなどの上流にお勧めということでした。

インシュレーターは機器の振動がスピーカーに伝わるまでの音に悪影響を及ぼすのでこれを改善しようとするものですがハード的な知識がない私は

へ?、CDプレイヤーで振動って・・・振動していないじゃん

というくらいの認識です。でもよく考えてみるとCDプレイヤーはCDを回転させるので振動があります。それほど期待しないでCDプレイヤーの足に敷いてみたら

なななんとシステムがかなりグレードアップした・・・・

なんてことはありませんが地味に良くなりました。感覚的にいうと楽器やヴォーカルの響きがリアルになったという感じです。

インシュレーターというと高価なものもありますが(効果はあるかないかわかりませんが)目が飛び出るほど高価ではなく複数機器に使うことができます。

金井製作所のKaNaDe01というインシュレータです。

Kanadea


私はとりあえずCDプレイヤーワンセットだけ導入しましたがDACとプリアンプにも導入したいと思いますしパワーにもいっちゃいたいと思います。

| | コメント (0)

2016年5月10日 (火)

全盛期が一番いいのかというと・・・

みなさん、こんばんは。
松田聖子のアイドルバリバリの頃のアルバムのSACD版が数年前から発売され今はこのシリーズは全部持っています。といっても特段松田聖子のファンではない(どちらかというと中森明菜のファンです)のですが今当時の松田聖子の歌を聴くとクリスタルボイスではないですがキャンディーボイスで表現力が素晴らしいですし年齢の割に多彩です。

おそらく今の松田聖子は当時のような声は無理でしょう。

先日大橋純子のシルエットロマンスが収録されているものをゲットしました。これはシルエットロマンスしか入っていませんが1981年と2014年の2種類の録音が入っています。いわゆる全盛期は1981年ですが2014年は残念ながら当時の声の張りは影をひそめています。

ではやっぱり1981年版で2014年版はキケタモンジャナイのかというとそんなことはありません。

歌い方が違うだけで2014版は全盛期と違う味わいがあります。

松田聖子の場合もYouTubuで最近(かどうかわりませんが)というかそれなりの年齢になったときのコンサートを聴くことがあります。キャンディーボイスではありませんがそれなりの大人の女性のヴォーカルでした。

歌う年代によってそれぞれの味わいがあります。

もちろん1981年の大橋純子に2014年の大橋純子の味わいが出せませんよね~

| | コメント (0)

2016年5月 8日 (日)

今日は刺激的でした

みなさん、こんにちは
今日は聖心のチャペルに合唱の練習にいってきました。
今日はボイストレーニングの先生がきてくれました。

声は簡単に出ますがキチンと歌うのはかなり難しく気をつけなければならない点がたくさんあります。時々プロの歌手の歌を聴くと同じ人類なのにどうしてあんな声がでるのかと思いますがバックグラウンドがない人は簡単にあのような声が出ないというのがわかりました。

その先生が1人1人チェックして指導すると段々と合唱団の声がよくなりました。

もちろん合唱団はほとんど素人なのでハードルが高い指導はしなかったのだと思いますが
声を厚くというのがイメージとしては理解できました。プロの人はこれが自然にできているのだと思いますが積み重ねたものにはすごいものがあります。

また今日は指揮者がきました。指揮者は10代の女の子で実に教会に合うような初々しく一生懸命指揮をして好感がもてました。

私はまだハイドンがグタグタなのでもう少し自主練をすべきだと思います。

合唱に参加している人全員が一生懸命取り組みその結果が良い方向になるといいと思っています。

今回は本番の場所で練習ができるのがありがたいですね~

Ch6qitiuyaaf0ms

| | コメント (0)

2016年5月 5日 (木)

悩む(^_^;)

みなさん、こんにちは
最近自宅が一つ増えたので新潟の自宅用に送り出しを探しています。最初は今あるCDプレイヤーとSTAXを繋いで新潟で聴こうと思いました。CDプレイヤーはLINNのIKEMiかLINDEMANN820になるのでそれなりのクオリティ0で音楽を聴くことができると思っていました。

でもそのために新潟に帰省する度にCD持って行くはちょっといやでした。

そこで携帯プレイヤーにリッピングしているものを再生出来る機器はないかと色々チェックしていました。昨日秋葉原に探しにいったのですがありました。

パソコンにある曲をこの送り出しのハードディスクにコピーして演奏するというものでした。
(こっちの商品知識は疎いです(^_^;))

ではこれを買えばいいのかというと教えてもらったのはSONYで私はSONYって大嫌いなんですね。

音が嫌いだとかいうものではなく会社そのものが大嫌いなんですね(笑)

またクオリティーにあまりこだわるのは止めようと思っていますがそれでもIKEMIやLINDEMANN820と比べてかなり落ちるのはいやでそれだったら携帯プレイヤーのまま音楽聴いてもいいかなと思うようになりました。

まあ緊急に結論を出なければならないものではないのでじっくりチェックしたいと思います。
決まらなかったらIKEMIかLINDEMANN820を出張させます。

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »