« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月20日 (土)

旅にしあれば~團伊久磨と日本のうた

みなさん、こんばんは
今日は知り合いのソプラノ歌手の平井裕子さんが参加される表記のコンサートにいってきました。團伊久磨さんのエッセイ

旅にしあれば
好きな歌嫌いな歌
パイプのけむり
父を思う(團紀彦さん)

をベースに人生を旅にたとえて朗読と歌唱がメインのコンサートでした。

コンサートの世界観は團伊久磨さんの世界観そのままという感じで私見ですが團さんは生きていく事が旅だととらえそこに起こる私たちが普段見過ごすようなことを慈しみをもってみている感がありました。

曲の中にはまちぼうけ、花のまちなど知っている曲もあり改め聴くと深い味わいがあります。

朗読でもあったのですがまちぼうけの5番はゾッとする感がありころり転んだ木の根っこのユーモラスさはありません。

花のまちは学生の頃に音楽の時間に何度も歌った曲で好きな曲です。

ただこの曲は終戦直後の混乱に作られた曲で当時は食べるものに困っていた時に花とは何事だという論調もあったそうです。

今この曲を聴いてからこの話を聞くと無粋に感じますが当時の食糧事情はそれだけ逼迫していたのでしょう。

平井さんの声は意外と(失礼)カワイイ声をしていたので今回のコンサートでは平井さんの歌唱がきこえると橙色のホオズキのようなイメージを感じました。

ピアノの山田武彦さんは團伊久磨の世界にピッタリと寄り添ったピアノの演奏をしていたのが良かったです。

歌唱、ナレーション、チェロ、ピアノ

が全て團伊久磨さんの世界を構築していました。

フランスの曲もイタリアの曲もいいと思いますが日本の歌曲もいいです。

團伊久磨恐るべし!

ですね~

13532922_812168125587517_4425621157

| | コメント (0)

2016年8月14日 (日)

お盆ファミリーコンサート

みなさん、こんばんは
お盆真っ直中ですが今日は表記のコンサートがありました。
今回は知り合いの萩原雅子さんが参加されているので歌声を聴きたくて参加させてもらいました。

今日のコンサートのテーマは祈り、思い、想いでした。

私ごとですが今年は3人縁のある人が天に召されました。

若い頃は知っている人が天に召されるということはほとんどなかったのですが年齢を重ねるとこういうことがあります。また4年前は自分が天に召されそうになりました。(^_^;)

国や宗教が違っていても天に召された人との絆を望みできれば自分のそばで見守って欲しいという思いに違いはないようです。

今回のコンサートは

ソプラノ 寺島優貴
ソプラノ 鍋島彩
ソプラノ 萩原雅子
テノール吉見佳晃
ピアノ 高田幸恵

のみなさんが演奏してくれました。プログラムはお盆に相応しいものでみなさんそれぞれの個性をもって表現されていました。

吉見さんの歌はイタリア感満載でまさにイタリアのコツを会得している感じでした。

プログラムは日本の作曲家の曲もありそれぞれの表情を演奏者の方々は表現してくれました。

今回の演奏の中ではドボルザークの我が母の教え給いし歌が印象に残っています。

かなり聴き応えのあるプログラムで聴き終わったら空腹になったので駅前のいきなりステーキで肉食べました。やっぱり音楽に肉は大事ですね(^_^;)

O0598084113664677053

良い演奏をありがとうございました。

| | コメント (0)

オーディオって(笑)

みなさん、こんにちは
オーディオのような趣味は自分のお金で自分が気に入ったものを買いそれで音楽を奏でて楽しむものです。

自分が欲しいものを買ったら満足感があり出来れば自慢したいのが人間ですよね。

自己満足で閉じていても問題ないと考えています。

ところがマニアと称するおせっかいな人達がいて生を知らないといけないとか色々なアドバイスをしてきます。

確かに再生された音楽を判断する場合は生で聴いた自分の記憶が頼りになるのでこのアドバイスは間違ってはいないですが生を聴くことを必要としていない人にとっては

はあ?

です。

また私のように(^_^;)良い機器をもっていてもちゃんと機器の能力を発揮させることができないようなレベルは無能者的なことをいわれることがあります。

直接言われたことはないですが・・・

オーディオは剣道や柔道のような「道」ではなく自分が良いと思っていればそれで良いしオーディオに割くことができる時間は人それぞれなのでオーディオ的に劣っていてもそれは人間的に劣っているとは決してありません。

一応私はオーディオを止めたのでどうでもいいですがオーディオをやっている人で自信がない人は変なマニアのアドバイスはあまり真に受けないで自分のやりたいようにやったほうがいいと思います。

生を聴いたほうがいいと思ったら自分の出来る範囲で聴けばいいだけのことです。

人生はオーディオが全てではありませんしオーディオスキルの優劣で決まるわけではもちろんありません。

| | コメント (0)

2016年8月13日 (土)

ハイレゾって

みなさん、今週はずっと家に閉じこもっていて外出するのは買い物だけという生活でした。これはマズイので秋葉原と思ってのですがこのタイミングで秋葉原にいくとアキュフェーズのDG58とか気が付いたら買っちゃいそうなのでそれは自重してたまプラーザの家電量販店にいきました。DG58置く場所が我が家にはありません(^_^;)

まず目を引いたのがハイレゾが再生できる携帯プレイヤーです。ソニーのウォークマンです。

良く考えると私が持っているブツもソニーのそれなのでハイレゾ再生出来るのですが全く興味がありません。聴かないで全く興味がないというのも問題なので少し聴きました。

何も残りませんでした。

多分真剣な顔にはならずにバカ面のままだったと思います(^_^;)

これがいったいなんなの?

って感じでした。

今のハイレゾはアウトオブ眼中です。

私は元々CDは音が悪いという意見ではないので(むしろ音がいいという意見です)それほどハイレゾにシンパシーはなく今回聴いたのは全くライブ感は感じませんでした。

今CDでバッハのカンタータを聴いていますがこっちのほうが遙かにライブ感があります。

ということでハイレゾはちゃんちゃんです(^_^;)

| | コメント (0)

2016年8月12日 (金)

ノイズと振動はわからないです

みなさん、こんにちは
オーディオ装置の再生にそれほどこだわりがないとノイズと振動の影響はわかりません。

ノイズというと再生される音楽に余計な音がきこえるわけではないので

あ、ノイズだ

なんてわかりません。わかる人はいるかもしれませんが私はわかりません。

またCDプレイヤーとかアンプは振動があるのでこの振動を処理しないと再生音はライブの音と段々遠くなってしまいます。

オーディオ始めたばかりのときはCDプレイヤーの振動って・・・なにそれ

って感じでした。

ただ最近思うのはいくら良い機器を導入してもノイズと振動の処理をしていないと宝の持ち腐れになってしまうということです。ノイズは普通の電源タップとか壁コンに電源ケーブルを挿して音楽を聴いていると混入するのでここを工夫する必要があります。これをキチンとするとオーディオ機器のグレードが上がった感じがします。

振動はインシュレータというものを機器の下に敷きます。これは実際に生で聴いた音色に近づくことになります。

もっともこれらの対策を何もしなくても酷い音で聞けたものではないということはないのですが対策をすると誤解を恐れずいうと生演奏に近づけます。自分が教会で聴いた合唱の演奏があればそれに近づきます。

ただしこのエリアはオカルトっぽいアクセサリーが多いのでそれはキチンと判断できないと困ることになるのですがそれでも自分が気に入った生演奏の印象とか記憶があればこれに照らして判断することができると思います。

単純に聴いただけで

うわー振動の影響でまくりだとかノイズまみれだとかわかるわけではないのが面倒ですね~

一応オーディオ止めたので今改めて思うことです(^_^;)

| | コメント (0)

2016年8月11日 (木)

バッハのカンタータの響き

みなさん、こんばんは
最近バッハのカンタータを聴き始めました。私にとっては得体の知れない部分があり合唱が美しい部分はかえって怖く感じることがあります。(魂が抜き取られるような感じです)

機器のインシュレーターはKaNaDeを使っています。これは効果の割に値段はリーズナブルで複数セット導入することにたいしてそれほどためらいがありません。私はCDプレイヤー2台、プリアンプ、パワーアンプ、スピーカーに使っています。

あまりテクニカルなことに詳しくないのですが機器の足が長いものは工夫をする必要がありそのままの運用では効果が薄いそうです。私の場合はパワーアンプの足が長いのでこれに紙を敷いてKaNaDeを敷いていましたが最近インシュレータをかさ上げするアンダースペーサーがリリースされたので早速導入してみました。

これでバッハのカンターターを聴くと響きが豊かになりより細部の演奏がきこえるようになりました。またより合唱に怖さを感じるようになりました。

現状では我が家はもう機器を置く場所はないので大幅な機器の入れ替えは不可能ですがそれでも細かい調整をしていけば良い方向になっていくようです。

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »