« バッハのカンタータの響き | トップページ | ハイレゾって »

2016年8月12日 (金)

ノイズと振動はわからないです

みなさん、こんにちは
オーディオ装置の再生にそれほどこだわりがないとノイズと振動の影響はわかりません。

ノイズというと再生される音楽に余計な音がきこえるわけではないので

あ、ノイズだ

なんてわかりません。わかる人はいるかもしれませんが私はわかりません。

またCDプレイヤーとかアンプは振動があるのでこの振動を処理しないと再生音はライブの音と段々遠くなってしまいます。

オーディオ始めたばかりのときはCDプレイヤーの振動って・・・なにそれ

って感じでした。

ただ最近思うのはいくら良い機器を導入してもノイズと振動の処理をしていないと宝の持ち腐れになってしまうということです。ノイズは普通の電源タップとか壁コンに電源ケーブルを挿して音楽を聴いていると混入するのでここを工夫する必要があります。これをキチンとするとオーディオ機器のグレードが上がった感じがします。

振動はインシュレータというものを機器の下に敷きます。これは実際に生で聴いた音色に近づくことになります。

もっともこれらの対策を何もしなくても酷い音で聞けたものではないということはないのですが対策をすると誤解を恐れずいうと生演奏に近づけます。自分が教会で聴いた合唱の演奏があればそれに近づきます。

ただしこのエリアはオカルトっぽいアクセサリーが多いのでそれはキチンと判断できないと困ることになるのですがそれでも自分が気に入った生演奏の印象とか記憶があればこれに照らして判断することができると思います。

単純に聴いただけで

うわー振動の影響でまくりだとかノイズまみれだとかわかるわけではないのが面倒ですね~

一応オーディオ止めたので今改めて思うことです(^_^;)

|

« バッハのカンタータの響き | トップページ | ハイレゾって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バッハのカンタータの響き | トップページ | ハイレゾって »