« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月24日 (土)

クラシックの楽しみ方

みなさん、こんばんは
クラシックの楽しみ方ですが

クラシックは○○のように楽しまなければならない

ということはないと思っています。

私たちが聴くクラシック音楽はヨーロッパの作品が多いと思いますが音楽はその地域に根ざすものなので楽譜の行間の味わいというのはあると思います。

例えば日本の演歌(あまり聴かないですが)で、ある女性が好きな男性のために

着てはもらえぬセーターを寒さこらえて編んでいます

という歌詞があります。演歌は(「いい悪いは別にして)日本独特の世界観がありますしこれをこの世界観が分からない外国人が歌ってもピンときません。

ではクラシックを楽しむためにはヨーロッパに住んで当時の事を勉強しなければならないのかというとそれもありだと思いますが私たちがクラシックに割くことができる時間やお金は限られています。

自分が興味を持ったものを調べる、或いはその地までいくということはありだと思いますがヨーロッパに住んで楽譜の行間まで味わえるようにならないと無理ということはありません。

人間には想像力があり曲を耳にした時に自分なりのイメージを抱くものでそのイメージが心地良いものであればまた聴きたくなりますし何度も聴きたくなります。

例えばバッハのマタイ受難曲はイエス様の受難が題材になっていますがこれは聖書を読んでこの世界観を理解してかつ歌詞はドイツ語なのでドイツ語を理解できないと味わえないということはありません。

逆に曲を聴いて

イエス様が自分が十字架にかかって命を落とすことによって人類を救った

ということから疑問が湧いてきてそれを調べるということもマタイ受難曲を味わうことにもあると思いますし仏教と宗教観が違うので馴染む部分と馴染まない部分があってもいいと思います。

味わい方はこうしなければならないということはなく私たちの環境で好きなように味わえばいいのですね。

| | コメント (0)

2016年9月23日 (金)

モーツアルト・オペラってこんなに楽しいんです・・・に行ってきました。

みなさん、こんにちは
昨日は渋谷の表記のコンサートにいってきました。
ソプラノの佐藤智恵さんとピアノの河野真有美さんが出演されているので興味を持って行ってきました。

コンサートの内容はそれぞれのオペラの一場面を表現したもので

佐藤智恵さん(ソプラノ)
生駒侑子さん(ソプラノ)
李昇哲さん(バリトン)
河野真有美(ピアノ)

の演奏でした。

佐藤さんは聴くのは今回が3度目ですが、相変わらずのクオリティーで歌をきかせてくれました。アニメ声のMCから本格的な歌唱まで7色の声の持ち主のようです。

生駒さんはいわゆる声量がありゆとりをもって歌唱されていました。今回はオペラの一場面なので非常に表情が豊かで愛くるしかったです。

李昇哲さんのバリトンはものすごくよく響く声で歌に李さんの真面目な部分が表現されていると思います。

演奏は魔笛からパパパの二重唱で始まり
ドン・ジョバンニからの演奏がありドン・ジョバンニはチャラ男(^_^;)で女の人とみると・・・という病気と思われる性癖の持ち主という設定ですが李さんがドン。ジョバンニになるとチャラ男ではなくけっこう真面目っぽいドン・ジョバンニになると思って聴いていました。

フィガロの結婚からも演奏がありいわゆるドタバタ劇のようでこれにモーツアルトが加わったらドタバタ劇が超ドタバタ劇になるのだろうな・・・と思っていました。

河野さんのピアノは歌から見ると裏方ですが演奏は堅実でモーツアルトに合っていたと思います。

モーツアルトのオペラだと魔笛、フィガロの結婚、ドン・ジョバンニが思い出されますがドタバタでしかも男女の込み入った恋愛問題をコミカルに扱うので面白いかもしれません。

今まではオペラは避けていた部分がありますが少しモーツアルトから興味を持ってみたいと思っています。

| | コメント (0)

2016年9月17日 (土)

たわごと

みなさん、こんにちは
普段はオーディオ機器で音楽を聴いていますが本音をいうとこんな電気仕掛けの機器で音楽を再生なんてしたくなかったんですよね~(^_^;)

実は本音をいうと

オケや演奏家を雇う
自分専用のホールを持つ

が実現したかったのでした。

これだと夕方オケに電話して

あの、今日はモーツアルトのピアノ協奏曲の10番台の後半3曲くらいとショスタコーヴィチの交響曲を聴きたいんですけど6時くらいから始めたいのでよろしくお願いします。
ピアノニストは○○さんで・・・・

え・・・○○さんは日本にいないって・・・それだったら呼び戻して今日の6時までに演奏ができるようにときつくいっておいてください(^_^;) ○○さんにも困ったものですね~

という感じです。

そこでたまたまオーディオのニュースを目にして

こんなんで音楽聴いたって・・・・(笑)

というのができるできない別にして私が理想とする音楽の環境です。

残念ながら私はハプスブルグ家やメディチ家の関係者ではないので
無理っぽいですが・・(^_^;)

| | コメント (0)

2016年9月13日 (火)

鬼門

みなさん、こんばんは
コンサートとか合唱の練習などの場所は普段なじみがないので無事に現地までたどり着くことができるかどうかリスクがあります。

特に最寄りの駅から歩いて1分とか近いと鬼門です。

以前合唱の練習で駅から1分のところが練習場だったのですが一時間以上さまよった挙げ句にたどり着けませんでした。先月もたどり着けないことが一度ありました。

今回は本来の道を行けば簡単にたどり着けるのですがグーグルマップがあったにも拘わらず真逆の方向にいってしまい、近所の人に道を聞いてようやくたどり着いたことがありました。

今回は無事にたどり着きましたが、住所も調べてグーグルマップも携帯していたにもかかわらずコレですた(^_^;)

また次に危険なのは一度たどり着いたことがある場所です。

これはたどり着いたという変な自信があり、その一方で最初の道は覚えていないのでこっちのリスクも高いです。

鬼門が多いにゃ~(^_^;)

一見音楽と関係のない話題ですがコンサートなどに行くためには避けて通ることができない話題なのでこっちで取り上げてみました(^_^;)

| | コメント (0)

2016年9月11日 (日)

「春の声」声楽コンプール受賞者発表コンサート

みなさん、こんばんは
今日は今年知り合いにさせていただいたソプラノ歌手の中森美紀さんがコンクールで2位になりこの受賞者の発表コンサートに行ってきました。

構成は3部にわかれアマチュア部門シニア、アマチュア部門一般、プロフェッショナル部門で発表会が行われました。

アマチュアの受賞者の方々は一般もシニアもかなり練習されたようで出来は良かったのではないかと思います。

最後にプロフェッショナルの方々の発表ですがさすがに表現が繊細でしかも声を張り上げていなくてあの声がでる(歌のコツとでもいいましょうか・・・)のですね。

自分のことをいうと歌っていて乗ってくると姿勢が前のめりになりますがこれは良くないようでプロの人達は前のめりにはなりません。(この辺に秘訣があるのかも・・・(^_^;))

中森さんは

プッチーニの歌劇トゥーランドットよりお聞きください王子さま
グノー歌劇ロミオとジュリエットより私は夢に生きたい

を歌いました。

2曲目の私は夢に生きたいは私が歌曲を聴く切っ掛けになった曲で今回の中森さんの歌で今年で4回目になります。4回ともそれぞれのジュリエットがいて個性的でした。

中森さんの歌は声がきれいなものはもちろんですがパワフルでした。パワフルというのはいい意味でいっていますしこれは中森さんの個性になるのでしょう。

ジュリエットの運命を考えると痛ましさを感じますがこの時のジュリエットは自分の運命をしることもなく希望に燃えていたのではないでしょうか・・・

終演後に中森さんに挨拶させてもらいました。事前に準備したスワロフスキーのイヤリングも控え目に輝いていて良かったです。

実は今回のコンサートでもう一つ収穫がありました。ピアノの伴奏をされた梅田麻衣子さんの演奏は印象に残りました。伴奏ではなくシューマン、ショパン、モーツアルトの演奏聴いてみたいですね~
13912452_661087700717338_3500803242

| | コメント (0)

2016年9月10日 (土)

頑張れ! ティアック

みなさん、こんばんは
ティアックというとオーディオやっている人はESOTERICというブランドで高級なCDプレイヤーやケーブルをリリースしている会社という認識があると思います。

かつては我が国の家電メーカーはほぼオーディオに参入していました。

テクニクス(最近復活したみたいですが)
ローディー
オーレックス

などなど

今では消滅したことが多くESOTERICはアキュフェーズ、TADと並んで国内の雄です。

ティアックは上場しています。

株価は9月9日現在で39円です。(苦笑)

先日発表されたティアックの平成29年3月期の第一四半期の結果をみるといけませんね~

3ヶ月間で営業赤字は467百万円で6月末のキャッシュは22億円弱(連結ベース)です。

会社としては苦戦しています。

おそらくESOTERICブランドが属している音響機器セグメントでは赤字です。

ESOTERICは最近CDプレイヤーのラインアップを一新してGrandiosoに統一しました。

私はまだ聴いたことありませんがマニアの評判いいようです。

ただこの価格帶になるとVIvaldiが視野に入ってくるのですがVivaldiと比べるとどうなんでしょうね。

会社としてもうちょっと収益構造が改善するといいのですが・・・

頑張れ!ティアック

| | コメント (0)

2016年9月 3日 (土)

違う教会

みなさん、こんばんは
最近バッハのカンタータを聴くようになりました。バッハのこの作品は作品数が膨大で一気に全部聴くことができないのでとりあえずアーノンクール指揮の7枚組のボックスを買いました。
この演奏はソプラノは女性ではなくボーイソプラノなのですが歌がしっかりしているので特別な味わいがあります。

演奏するCDプレイヤーはVivaldiを使っていますが時々CD12に変えて聴いています。

テイストが変わります。例えばVIvaldiは広い由緒ある教会で演奏を聴いているような感じがします。CD12だと音場が若干狭くなり家の隣にある小さな教会で演奏を聴いているような感じです。

本当はアンプも切り替えると面白いのでしょうが残念ながら何セットもアンプを揃える事は現実的ではありません。

コンサートホールが変わるというくらいの楽しみでいいかもしれませんね~

| | コメント (0)

2016年9月 2日 (金)

あざとさはNG

みなさん、こんばんは
少し前にマルグリットフランス先生の追悼コンサートでフォーレのレクイエムに合唱で参加したときのことですが、その前に合唱で知り合いになった人が聴きにきてくれました。マルグリット先生のことを思ったのか私たちの演奏を聴いて泣いてくれました。

これは別に私たちの演奏が上手だったからではありません。

私見ですがフォーレはお父さんとお母さんが天に召されたあとで「怒りの日」などのような神の審判を受けるというコワイことはないように安らかに眠りにつくことを祈っていたのだと考えます。

レクイエムは演奏する方はテクニックを駆使して観客を泣かせるという必要はなくフォーレの亡きご両親に対する思い(あくまでも私見ですが)を抱きながら歌うだけで十分だと思っています。

私は歌はプロではないので聴衆の感情をコントロールするテクニックは身につけていません。

ただし、曲自体が有名で歌い方によっては聴衆の涙を誘う曲でも演奏者がここで泣かしてなろうと思って演奏すると、「あざとさ」が顔を出しどんなに上手な演奏でも聴いていて感動しません。

演奏にあざとさが顔を出すと・・・・曲を作った人の想いがゆがめられてしまいますね~

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »