« たわごと | トップページ | クラシックの楽しみ方 »

2016年9月23日 (金)

モーツアルト・オペラってこんなに楽しいんです・・・に行ってきました。

みなさん、こんにちは
昨日は渋谷の表記のコンサートにいってきました。
ソプラノの佐藤智恵さんとピアノの河野真有美さんが出演されているので興味を持って行ってきました。

コンサートの内容はそれぞれのオペラの一場面を表現したもので

佐藤智恵さん(ソプラノ)
生駒侑子さん(ソプラノ)
李昇哲さん(バリトン)
河野真有美(ピアノ)

の演奏でした。

佐藤さんは聴くのは今回が3度目ですが、相変わらずのクオリティーで歌をきかせてくれました。アニメ声のMCから本格的な歌唱まで7色の声の持ち主のようです。

生駒さんはいわゆる声量がありゆとりをもって歌唱されていました。今回はオペラの一場面なので非常に表情が豊かで愛くるしかったです。

李昇哲さんのバリトンはものすごくよく響く声で歌に李さんの真面目な部分が表現されていると思います。

演奏は魔笛からパパパの二重唱で始まり
ドン・ジョバンニからの演奏がありドン・ジョバンニはチャラ男(^_^;)で女の人とみると・・・という病気と思われる性癖の持ち主という設定ですが李さんがドン。ジョバンニになるとチャラ男ではなくけっこう真面目っぽいドン・ジョバンニになると思って聴いていました。

フィガロの結婚からも演奏がありいわゆるドタバタ劇のようでこれにモーツアルトが加わったらドタバタ劇が超ドタバタ劇になるのだろうな・・・と思っていました。

河野さんのピアノは歌から見ると裏方ですが演奏は堅実でモーツアルトに合っていたと思います。

モーツアルトのオペラだと魔笛、フィガロの結婚、ドン・ジョバンニが思い出されますがドタバタでしかも男女の込み入った恋愛問題をコミカルに扱うので面白いかもしれません。

今まではオペラは避けていた部分がありますが少しモーツアルトから興味を持ってみたいと思っています。

|

« たわごと | トップページ | クラシックの楽しみ方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たわごと | トップページ | クラシックの楽しみ方 »