« ピアノとおしゃべりで贈る「銀河鉄道の夜」 | トップページ | むつらぼし »

2016年10月13日 (木)

Classic Autumn Concert

みなさん、こんばんは
昨日は今年最初の合唱でお世話になったピアニストの渡辺ら夢さんが出演されるコンサートにいってきました。このときはVivaldiのグローリアをピアノで伴奏されていました。

それを聴いた途端

あれ・・・普通ピアノで弾くか・・・・

と呆然としました。私の中では演奏はアルゲリッチとダブりっています。

演奏者は

ソプラノ 西亜沙美さん
フルート 大澤明子さん
ピアノ  渡辺ら夢さん

でした。

14390961_1105475382868236_606713869

この3人のコンサートは春、夏と開催され今回の秋が3回目ですがとりあえず私は皆勤です。
秋にちなんでしっとしとした曲目ですが演奏者はチャレンジをしていたようで最初の2曲は演奏者の緊張を感じました。

ポスターをみるとお三方は派手目に見えますが演奏は

誠実
堅実
真面目

です。

しかもクオリティーが高いです。

この人達が緊張をして演奏をするわけですからいかに音楽に真摯に向き合っているかがわかりますし難曲を演奏しているのが楽器が出来ない私にもわかりました。

3曲くらいから何時もの調子に戻り表情も自然な感じになってきました。

最終曲は落葉松の歌唱でしたが西さんの声はやや明るい感じがするので落葉松の曲調が暗くなりすぎずによかったと思います。

またブエノスアイレスシリーズで今回はブエノスアイレスの秋を演奏しましたが前二回は西さんが歌ではなくピアニカで参加されていたのですが今回はピアニカなしでした。次回(ももちろん1月にやることが決定です)はピアニカ復活させてください。

コンサートが終わった後の演奏者の方々の清々しい表情が印象的でした。

かなりの鬼練をしたのだと思います。

西さん、大澤さん、渡辺さん、お疲れ様でした。よい時間をメルシーです。

|

« ピアノとおしゃべりで贈る「銀河鉄道の夜」 | トップページ | むつらぼし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピアノとおしゃべりで贈る「銀河鉄道の夜」 | トップページ | むつらぼし »