« 宮崎義昭声楽塾キャリアアップクラスⅧ期前期終了コンサート | トップページ | コンサート »

2016年10月 8日 (土)

饗宴

みなさん、こんにちは
今日はピアノの河野真有美さんのお誘いで饗宴というコンサートにいってきました。

演奏者は
ソプラノ 六角美華さん
メゾソプラノ 栗田真帆さん
ピアノ 河野真有美さん

です。
第一部はイタリアフランス曲とオペラの一場面を熱唱されていました。
六角さんはイタリア歌曲が上手でイタリア(ってどんなんだ!)を感じました。

栗田さんはオペラの経験が豊富でMCは上手だし歌唱中もオペラの場面が見えるようでした。六角さんと栗田さんの歌唱はどれも聴き応えありました。

歌唱は特に第一部の最後のプログラムの

プッチーニのトスカより歌に生き、愛に生き
蝶々夫人より花の二重唱

が圧巻でした。

演奏の後で六角さんは自身の演奏のことをお詫びしていましたが演奏は破綻していなかったと思います。オペラを知っていればもっと味わいがあったと思いますがオペラはまずフィガロの結婚を聴く事から始めてみようとおもっています。

第二部は日本の歌から始まり、河野さんのブラームスのピアノソロがあり、海外の歌曲でした。


小林秀雄の落葉松はこの季節、今日の天候にピッタリでした。

歌のクオリティーは高いのはもちろんですが歌唱+ピアノ伴奏の構成だと歌に聴き手の注意がいきますが河野さんの伴奏を注意深く聴いていると曲の場面を上手にサポートしています。

今度は河野さん演奏のモーツアルトのピアノソナタかな~(^_^;)

演奏お疲れ様でした。

よい時間を過ごすことができました。

|

« 宮崎義昭声楽塾キャリアアップクラスⅧ期前期終了コンサート | トップページ | コンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮崎義昭声楽塾キャリアアップクラスⅧ期前期終了コンサート | トップページ | コンサート »