« ポールヴォルレール没後120年に寄せて | トップページ | 感性の記憶 »

2016年12月23日 (金)

音楽家たちの晩餐会

みなさん、こんばんは
ファイスブックでフレンドのピアニストの河野真有美さんが演奏される音楽家達の晩餐会というコンサートに行ってきました。

楽しいコンサートでした。

また後半は金管楽器のアンサンブルでしたがここで私は

俺って学生の時はチューバ吹きだったんだよな・・・

と自分がチューバ吹きだったことを思い出しました。演奏会のチューバは数馬尚子さんが演奏されていました。チューバの音といいテクニックといい十分で低音で曲を支えていました。

河野さんの演奏はど派手なパフォーマンスではありませんが曲に寄り添います。
オペラなどでコレペティ(最近覚えました)の経験が豊富なのでしょう。ピアノはベビーシュタインで、このピアノはスタンウエイのようなキラキラした感じはなくやや渋めの音色ですがピアノの音色と演奏がマッチしていました。最近フランス歌曲を聴き始めたのでこの曲は期待していました。

ソプラノは加藤桜子さんで真摯に曲に対峙していたと思います。

全体的に演奏者がまだ若く今が完成品というよりはこれから完成、熟成していく(下手という意味ではありません)と思いますし今後の精進を楽しみにしていたいと思います。

河野さん、良い演奏をありがとうございました。

|

« ポールヴォルレール没後120年に寄せて | トップページ | 感性の記憶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポールヴォルレール没後120年に寄せて | トップページ | 感性の記憶 »